コラム

 公開日: 2013-12-17  最終更新日: 2014-07-31

新入社員、最低2~3年勤務で転職OK


日本生産性本部の「2013年度新入社員秋の意識調査」によると、1社に最低2~3年勤めれば転職しても良いと考えている新入社員の割合が4割を超えました。

転職についての考えを聞いた「一つの会社に最低でもどのくらい勤めるべきだと思いますか」という質問に対し、3年以内の選択肢を選んだ新入社員が過去最高の44.5%となっています。

ちなみに「1年勤務」は3.9%、「2~3年勤務」40.6%。

景気が低迷した2008年から2011年の調査では40%を下回ったが、2012年の調査から40%を超える水準に戻っています。

今春の入社時点にも同じ調査を行っていますがが、その時点では24.8%だしたので、1社に最低2~3年勤めれば良いと考えている新入社員が入社半年で倍増したことになります。

企業側とすれば、ちょうど仕事の深さを理解し始めた頃で転職を考える時期となり、せっかく育成した人材が他社へ流出する事になってしまいます。

ただ昔から、入社してから2~3年経つと転職志向が高くなる傾向には変わりありませんので、この時期の社員に、将来性を感じさせる仕事をしてもらい、いかに自社が魅力ある存在となるのかが重要なポイントである事は間違いなさそうです。

2013年度新入社員秋の意識調査
http://activity.jpc-net.jp/detail/mdd/activity001397/attached.pdf




★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/


この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

社員・チームの目標達成には、基本の徹底が重要
イメージ

「部下に仕事を任せても目標達成まで至らない」「後輩に指示を出しても、思うように動いてくれない」という悩みを...

[ 人事・労務 ]

社員の生産性を高める、改革のメカニズム
イメージ

最近、政府が掲げる「働き方改革」が様々な記事やニュースで話題となっています。企業にとって、長時間労働の抑...

[ 人事・労務 ]

優秀な人材確保のため、カルビーがテレワークの上限日数を撤廃
イメージ

カルビーは2017年4月以降に、多様な働き方を認めることで、優秀な人材を確保することを目的に、自宅など社外で勤...

[ 人事・労務 ]

働き方改革には社員の人柄と行動変容が重要
イメージ

ノーベル賞を受賞の経済学者ジェームズ・ヘックマンの研究によると、世俗的な成功にはIQスコアはほぼ無関係であり...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ