コラム

 公開日: 2013-11-19  最終更新日: 2014-07-31

試用期間中は契約社員にしたい


求人広告では「正社員募集(試用期間3~6ヶ月〉」とし、実際には、試用期間中は契約社員として雇用し様子をみたいという、ご相談がありました。

求人内容と実際の雇用条件が異なるのは、法律上も問題がありますし、後々トラブルになる可能性も高くなります。

求人広告では「試用期間中の雇用形態は契約社員とする」と明記し、取り扱うべきでしょう。

試用期間中の雇用条件が正社員後の条件と異なる場合も、求人広告上でも明記します。

実際に試用期間中を契約社員とする場合は、社会保険の加入や賞与支払いの対象になるか、退職金の支給対象に含まれるかなどを、書面で通知しなければいけません。

求人広告と実際の扱いが異なると、トラブルの元になります。

例えば、面接中に試用期間中は契約社員となることを伝える場合、正社員を希望して応募してきた方からすれば、契約社員と期限を設けられた時点で、会社に対する不安感・不信感から、内定辞退にもつながりかねません。

ちなみに試用期間とは、本採用になる前に、社員としての適性を判断する期間として設けられているものです。

試用期間中であっても、勤務態度や働く姿勢・能力等の適性を判断し採用としても良いとなれば、本採用とすることができます。

逆に、当初予定していた期間で判断できない場合には、試用期間を延長する事もあります。

試用期間中は「解雇権留保付契約」という状態です。

これは、勤務態度・本人の能力・健康状態など、短時間の面接ではわからない本人の資質を見極め、想定している業務を行うには適性に欠けると判断したら、雇用契約を終了する事ができる期間とされ、本採用より比較的緩やかに扱う事ができる期間とされます。

この扱いを有効とするには、試用期間中に判断したい事項を、就業規則に具体的に定めておきます。

ただし、いくら具体的に定めておいたとしても、試用期間が始まって14日経過した者を解雇する場合には、30日前の解雇予告手続きが必要となります。

試用期間だからといって、急に雇用契約を解除するという扱いはできません。

これが契約社員の場合、一度定めた契約期間内では、原則として契約の解除はできません。

また、雇用期間が満了となった時点で契約更新を行わない限り、雇用契約は終了となります。

本人の資質、業務への適性や会社の考えにマッチしているかを判断するのが試用期間の主な目的であり、会社側と応募者との「お見合い期間」であるという事を念頭に、対応や方法を考えてみてはいかがでしょうか。


会社を守る就業規則について
http://www.nari-sr.net/business/rulebook


★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/



この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

月に一度、金曜日が半休という制度を導入している企業
イメージ

長時間労働の是正など、企業は多様な働き方ができる環境の整備が求められきており、社員が働きたくなる職場環境の...

[ 人事・労務 ]

不祥事を抑制する、会社の「価値観」の共有
イメージ

大企業を始めたとした企業の不祥事のニュースが絶える事がありません。なぜ、不祥事は繰り返されるのでしょうか...

[ 人事・労務 ]

働き方は量より質へ
イメージ

長時間労働、過重労働が問題になる中、在宅勤務を活用し、場所に捉われない働き方=モバイルワークを、企業が積極...

[ 人事・労務 ]

大学の就職内定率は、過去2番目の高水準
イメージ

文部科学、厚生労働両省の調査によると、来春卒業予定の大学生の10月1日時点の就職内定率は、前年同期比4.7ポイン...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ