コラム

 公開日: 2013-11-12  最終更新日: 2014-07-31

欠勤がちだが休職にできない


昨日あったご相談より。

月に数回休みがちの社員がいます。はっきりとメンタル不全とはされていないのですが、これが半年程度続いている場合、休職を命令する事は可能なのでしょうか。


まずは状況をはっきりさせなければないのですが、こういった場合、単に体調不良だと思っているのと、精神的な病気を否定したいため、本人が病院に行くのを拒むケースもよくあります。

業務上でも家庭内のことでも、本人が気づかないうちにストレスとなっていると、食欲不振・不眠・めまい・肩こりなど、まずは体調不良となり、その後も継続的にストレスが続くと、抑うつ状態になったり、適応障害などを発症したりと、本人の状況により精神面で不安定な状態になっていきます。

本人としては、仕事に支障があってはならないと会社に行こうとしますが、不眠が続いていて朝起きられず、体もだるかったりすると、出社できる状態ではなく結局は休んでしまう事になります。

年次有給休暇が使えるうちはいいのですが、年次有給休暇がなくなると欠勤扱いとなり給与額にも影響が出ますので、本人としてはできる限り出社し仕事をしたいと思いつつも、体調によって出社できないため、出社と欠勤を繰り返す状態になってしまいます。

こういった場合、会社としては本人に自身の状況を認識してもらうよう話し合いをし、病院での診察を促すようにします。

診断結果を元に、会社は休職を発令し、一定期間しっかり療養に専念してもらうようにすべきでしょう。

この時、就業規則で休職に関する規定が運用しやすいようになっているかどうかがポイントになります。

一定期間の欠勤が続かないと休職が発令できないルールになっている規程をよくみかけます。

これだと欠勤後に出社してきた段階で、休職を発令する直前でリセットされてしまい、また新たに欠勤が続かないと休職できないとなりかねず、現実的ではありません。

メンタル不全者が増えている現状では、体調不良となったら療養に専念してもらい、復職して元気に仕事をしてもらう休職の制度はますます必要とされます。

私傷病により休職までには至らない欠勤を繰り返すこともあり、その対策として運用しやすい就業規則になっていないようであれば、就業規則を変更される事をお勧めします。

自社の就業規則で休職が規定されているか、規定されている内容は運用しやすいものになっているか、確認してみてください。


会社を守る就業規則について
http://www.nari-sr.net/business/rulebook


★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/


この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

月に一度、金曜日が半休という制度を導入している企業
イメージ

長時間労働の是正など、企業は多様な働き方ができる環境の整備が求められきており、社員が働きたくなる職場環境の...

[ 人事・労務 ]

不祥事を抑制する、会社の「価値観」の共有
イメージ

大企業を始めたとした企業の不祥事のニュースが絶える事がありません。なぜ、不祥事は繰り返されるのでしょうか...

[ 人事・労務 ]

働き方は量より質へ
イメージ

長時間労働、過重労働が問題になる中、在宅勤務を活用し、場所に捉われない働き方=モバイルワークを、企業が積極...

[ 人事・労務 ]

大学の就職内定率は、過去2番目の高水準
イメージ

文部科学、厚生労働両省の調査によると、来春卒業予定の大学生の10月1日時点の就職内定率は、前年同期比4.7ポイン...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ