コラム

 公開日: 2013-11-01  最終更新日: 2014-07-31

【ワンポイントQ&A】欠勤中の社員から有給休暇請求があった


【今回のワンポイント】
1.年次有給休暇は労働する日に請求するもの
2.休職期間中は労働義務が免除されているため年次有給休暇も請求はできない

年次有給休暇を使い果たした社員が欠勤をしており、自身の病気で、その後も連続欠勤を続けています。

まだ休職は発令されていませんが、連続欠勤期間中に新たに年次有給休暇が付与される場合、その付与を認めないとする事はできるのでしょうか。


連続欠勤がとなっている事を理由に、基準日に新たに発生した年次有給休暇の付与を認めないとする事はできませんが、年次有給休暇の付与要件である「全労働日の8割を出勤している」事ができてない場合は、新たに年次有給休暇を付与しなくても構いません。

全労働日とは、総歴日数から所定休日を引いた日数をいいます。

ただし、たまに就業規則上で、この出勤率要件が明示されていないケースがあり、この場合は、出勤率に関わらず年次有給休暇を付与することとなります。

年次有給休暇は、労働する日に対して請求するのが原則ですので、もし私傷病により休職が発令され、会社に対する労働の義務が免除されている場合は、休職者は労働義務がない日について年次有給休暇をを請求することができなくなります。

休職がまだ発令されていない欠勤が続いている常態の場合は、労働義務がなくなっているわけではありませんので、年次有給休暇の取得を請求することが可能となります。

年次有給休暇についてQ&A
http://osaka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/yokuaru_goshitsumon/jigyounushi/kyuka.html




★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/



この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

株式会社トレジャー・ファクトリー様所在地:東京都千代田区URL:http://www.treasurefactory.co.jp代表取締役社長 野坂 英吾 様総務部長    関根 喜之...

 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

管理職のあり方の変化
イメージ

「管理職になりたくない」という若手、中堅社員がここ数年で急速に増えています。リクルートマネジメントソリ...

[ 人事・労務 ]

経営戦略を働き方から解決するCWO
イメージ

クラウド名刺管理を手掛けるSansan社は、「ワークスタイル」を経営の重要戦略と位置づけ、経営課題に対し、オフィ...

[ 人事・労務 ]

リーダーシップスタイルの使い分け
イメージ

管理職に課題のある企業にとって、上司と部下との間でのコミュニケーションの行き違いやそもそもの人間関係に起因...

[ 人事・労務 ]

職場の社員の過半数が、ハラスメントを受けた・見聞きしたと調査結果
イメージ

日本労働組合総連合会の「ハラスメントと暴力の実態調査」調査によれば、約56%と過半数の社員が、ハラスメントを...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ