コラム

 公開日: 2013-10-11  最終更新日: 2014-07-31

年金制度の歴史(3)


今回が最終となりました。

昭和61年、基礎年金制度に関する大改正後、平成6年(1994年)にようやく厚生年金の定額部分に支給開始年齢引上げとなります。

厚生年金の定額部分=基礎年金=国民年金に相当する年金を、年齢に応じてスライドさせる仕組みとなります。

年金支給額が減る分、60~64歳までの労働者に対して、高年齢雇用継続給付という形で雇用保険からの支給が開始され、年金不足分との調整がされる事になります。

また可処分所得によるスライドなど、年金支給額の再調整も、この年から行われるようになりました。

他の職域年金である旧三公社(JR、NTT、JT)の共済年金が平成9年(1997年)に厚生年金に統合され、さらに平成14年(2002年)に農林共済が厚生年金へ統合されます。

平成12年以降は、年金給付に関する制度改正が主になります。

年金の2階部分にあたる、報酬比例部分の支給開始年齢が段階的に引き上げられるようになります。

保険料の徴収方法として、総報酬制が導入されたのも平成12年。

これまでの厚生年金の保険料は、毎月の給与に対する保険料率と賞与に対する保険料率が異なっていたものを、毎月の給与(標準報酬月額)と賞与(標準賞与額)に共通の保険料率をかけて計算されるようになりました。

その後、平成16年(2004年)には年金保険料の段階的引き上げを決定し、毎年保険料がアップし続けており、最終的には平成29年(2017年)の保険料率が18.3%(労使折半)になります。

今後も、高齢化社会にむけて給付水準の見直しや、年金制度を支える現役世代の負担についての改正が行われていくことでしょう。
年金制度は、時代の変化に合わせて変化し続けていく必要があるもので、今後も時代の流れに合わせて変化しながらも人々の生活を生涯支えていくという役割には変わりありません。



★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/


この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

社員の生産性を高めるには、金銭よりも評価制度
イメージ

社員の能力をフルに発揮させるために金銭的な報酬をちらつかせてけしかけるのは、良い方法ではないのかもしれませ...

[ 人事・労務 ]

社員・チームの目標達成には、基本の徹底が重要
イメージ

「部下に仕事を任せても目標達成まで至らない」「後輩に指示を出しても、思うように動いてくれない」という悩みを...

[ 人事・労務 ]

社員の生産性を高める、改革のメカニズム
イメージ

最近、政府が掲げる「働き方改革」が様々な記事やニュースで話題となっています。企業にとって、長時間労働の抑...

[ 人事・労務 ]

優秀な人材確保のため、カルビーがテレワークの上限日数を撤廃
イメージ

カルビーは2017年4月以降に、多様な働き方を認めることで、優秀な人材を確保することを目的に、自宅など社外で勤...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ