コラム

 公開日: 2013-06-28  最終更新日: 2014-07-31

【ワンポイントQ&A】離職率

【今回のワンポイント】
1.離職率・平均勤続年数は、就業環境を図る基準になる
2.退職者が増えていると感じる際には、離職率から自社の課題を考えてみる

採用面接などで離職率を聞かれることがありますが、これはどのように算出したらよいのでしょうか?

また、その質問の裏にある応募者が知りたいポイントはどんなことなのでしょう。

離職率の算出方法については、法律上、特段の定めはありません。

一般的には「起算日(年度初め)から1年間の離職者数 ÷ 起算日時点での在籍者数」で計算する方法が用いられます。

これ以外でも「新卒社員の3年以内の離職率」や「中途社員の1年以内の離職率」とする場合もあります。

応募者が離職率を知りたい理由として考えられるのは、離職率の高低により、社員の職場環境に対する満足度や、社内の人間関係性に問題がないのか、また長期的に働ける環境(産休・育休制度が取得しやすい等)が整っているかなどの、判断材料のひとつとするためと考えられます。

ちなみに、面接の際に応募者がこのような質問をするのは、就業環境だけで会社を判断するという印象を企業側に与える可能性があると捉え、採用内定後に質問をする傾向があるようです。

離職率だけで会社の就業環境が図れるものではありませんが、社員の定着率が良くないというのは、何かしら働きにくい理由があると考えるべきでしょう。

どうも最近退職者が増えている、定着率が良くないと感じる場合には、職種ごとの平均勤続年数や離職率を確認し、さらには同業他社との比較などもしてみる事で、自社の就業環境に関する問題点がみえてくるかもしれません。



★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/


【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

株式会社トレジャー・ファクトリー様所在地:東京都千代田区URL:http://www.treasurefactory.co.jp代表取締役社長 野坂 英吾 様総務部長    関根 喜之...

 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

人手不足と外国人材の活用
イメージ

日本商工会議所の調査では、6割の中小企業が人手不足と回答しており、人手不足が深刻化しています。帝国データバン...

[ 人事・労務 ]

失敗を歓迎することが生産性を向上させる
イメージ

自らの会社と社員に「もっと多くの間違いを犯そう、もっと多くの失敗を歓迎しよう」と訴える成功企業のリーダーが...

[ 人事・労務 ]

やらされ感のある仕事をやりがいのある仕事に見直す方法
イメージ

社員が、与えられた仕事の範囲や他者との関わり方を、主体的に変えていく手法として、「ジョブ・クラフティング」...

[ 人事・労務 ]

ミレニアル世代は、短期間で成長できる多様なキャリアを求めている
イメージ

2020年には、ミレニアル世代(1982~1996生まれ)が世界の労働力人口の35%を占めると言われており、この世代を理...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ