コラム

 公開日: 2010-12-30  最終更新日: 2011-01-06

平成22年東京都における労働組合の組織状況


東京都産業労働局の調査結果より。
H22年6月現在

調査結果のポイント

1) 労働組合数は減少したものの、組合員数は5年連続で増加し、推定組織率は前年と同率

都内の労働組合数は7,673組合(前年比21組合減)、組合員数は208万2,078人(同1,123人増)となり、組合員数は平成18年から5年連続で増加。
都内労働組合の都内雇用者に占める推定組織率は27.1%(前年同ポイント)で、前年と同率。


2) 組合員数が最も多い産業は「製造業」

産業別組合員数をみると、「製造業」が34万568人(都内組合員数の16.4%)と最も多く、以下、「金融業、保険業」が26万4,489人(同12.7%)、「卸売業、小売業」が24万5,447人(同11.8%)。


3) 主要労働団体別組合員数は、「連合東京」約104万人、「東京地評」約24万6千人

都内の主要労働団体別の労働組合員数は、「連合東京」が103万9,840人(都内組合員数の49.9%)で最も多く、以下、「東京地評」が24 万5,980人(同11.8%)、「東京労連」が13万9,444人(同6.7%)、「東京全労協」が6万7,410人(同3.2%)。(注)重複加盟あり

(以上、調査結果より)


今年の傾向として、従業員が個別に会社や労働基準監督署に申し立てを行うのではなく、1人から加入できるユニオンに加入し、団体交渉を申し入れるケースが増えました。

上記の調査結果でも、労働組合数は減少傾向にある一方で、組合員数が5年連続で増加している事から、同様の傾向がうかがえます。

来年以降も同様とみられ、在職中から労働条件が労働法令に違反しているとの行政官庁への申し立てを行ったり、ユニオンへ加入しての団体交渉が増えるものとみられます。

労働者が申し立てを行うのは、直属上司とのトラブルが引き金になり、それまで不満に感じていたものを訴えるというのが多く見受けます。

管理者には、労務管理に対する再認識と部下とのコミュニケーションの重要性が求められ、企業には労務に対するコンプライアンスに問題がないかを求められています。


労働組合基礎調査結果(東京都分)概要
http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2010/12/60kcl601.htm

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

不祥事を抑制する、会社の「価値観」の共有
イメージ

大企業を始めたとした企業の不祥事のニュースが絶える事がありません。なぜ、不祥事は繰り返されるのでしょうか...

[ 人事・労務 ]

働き方は量より質へ
イメージ

長時間労働、過重労働が問題になる中、在宅勤務を活用し、場所に捉われない働き方=モバイルワークを、企業が積極...

[ 人事・労務 ]

大学の就職内定率は、過去2番目の高水準
イメージ

文部科学、厚生労働両省の調査によると、来春卒業予定の大学生の10月1日時点の就職内定率は、前年同期比4.7ポイン...

[ 人事・労務 ]

「何のために働くか」という調査結果、「生活のため」が大半
イメージ

「何のために働くか」の調査によると、「今の仕事が好きか嫌いか」では、好き24%、嫌い27%、好きや嫌いという感...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ