コラム

 公開日: 2013-03-20  最終更新日: 2014-07-31

厚生年金基金、最大1割存続 厚労省が4月に法案提出


日本経済新聞より
厚生労働省は19日、制度廃止を検討してきた厚生年金基金のうち、財政が健全な一部基金の存続を認めることを決めた。
存続できるのは最大でも1割程度で、積み立て不足を抱える多くの基金に解散を促すこれまでの方針は変えない。
厚労省は自民党や公明党と最終調整し、4月に関連法案を国会に提出する。

AIJ投資顧問による年金消失問題を受け、厚労省は財政難が深刻な厚年基金の改革案を検討してきた。
民主党政権下では制度の全面廃止を打ち出していた。しかし、全面廃止に慎重な自民党の主張を取り入れ、一部基金の存続を認める。

運用の失敗で損失が拡大する事態を繰り返さないため、存続基準は厳しくする。
詳細は自公両党と調整するが、最低限必要な積立金の1.5倍の資産がある基金は例外的に存続を認める見通しだ。
この場合、約560基金中、1割が対象となる。
実際には他の年金制度に移行したり、解散を選択したりする基金も多いとみられ、存続するのは数十基金にとどまりそうだ。

一部基金の存続以外では、厚労省の審議会での検討結果をほぼ踏襲した内容を法案に盛り込む。
法施行から5年間は、積み立て不足を抱える約4割の基金に対し、解散を促す。
解散時に母体企業が債務を連帯して負う仕組みは廃止し、負担を今までより軽くする。
施行から5年後に存続基準を満たさない基金には、厚労相が解散命令を発動できるようにする。

残りの5割の積み立て不足予備軍の基金には、10年以内に他の制度への移行か解散を選択してもらう。
加入者の年金受給権が守られるように、確定給付企業年金か確定拠出企業年金に移行しやすい支援策も実施する。

厚年基金制度の新設は認めない。大半の基金が解散したり、他の制度に移行したりするため、実質的に制度の廃止をめざす内容となる。
(以上、記事より)


厚生年金基金の廃止に向けて動き出すようです。

1割の基金は存続させるとしていますが、大半の基金は、今後10年の間で制度移行か解散となります。

加入している企業は、自社の退職金制度の見直しを迫られる事となり、積立状況によっては将来の支給額が減額される可能性もあります。

まだ先の話し・・・ではなく、現実として基金廃止に向けての対策を講じる必要があるようです。


厚生年金基金の財政状況等
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/kousei/dl/01.pdf

企業年金制度等について
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/kigyounenkin.html



★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/



【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

月に一度、金曜日が半休という制度を導入している企業
イメージ

長時間労働の是正など、企業は多様な働き方ができる環境の整備が求められきており、社員が働きたくなる職場環境の...

[ 人事・労務 ]

不祥事を抑制する、会社の「価値観」の共有
イメージ

大企業を始めたとした企業の不祥事のニュースが絶える事がありません。なぜ、不祥事は繰り返されるのでしょうか...

[ 人事・労務 ]

働き方は量より質へ
イメージ

長時間労働、過重労働が問題になる中、在宅勤務を活用し、場所に捉われない働き方=モバイルワークを、企業が積極...

[ 人事・労務 ]

大学の就職内定率は、過去2番目の高水準
イメージ

文部科学、厚生労働両省の調査によると、来春卒業予定の大学生の10月1日時点の就職内定率は、前年同期比4.7ポイン...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ