コラム

 公開日: 2012-11-15  最終更新日: 2014-07-31

メンタルヘルス不調者の復職率は53.8%


厚生労働省の「平成23年労働災害防止対策等重点調査」のメンタルヘルスに関する調査結果より。

1)1か月以上の休職・退職は1割弱、職場復帰は5割超え
過去1年間(平成22年11月1日から平成23年10月31日までの期間)にメンタルヘルス不調により連続1か月以上休業又は退職した労働者がいる事業所の割合は9.0%[22年調査7.3%]
そのうち、職場復帰した労働者がいる事業所の割合は53.8%。

2)1か月以上の休職・退職は前年と同じく6割超え
過去1年間にメンタルヘルス不調により連続1か月以上休業又は退職した労働者について、前年と比較した増減状況をみると、「ほぼ同じ」とする事業所の割合が64.4%、「減少」が4.6%、「増加」が3.2%となっており、事業所規模が大きくなるほど「増加」が概ね高くなっている。

3)1年間のメンタルヘルス不調者は1割超え、規模が大きいほど増加傾向
過去1年間にメンタルヘルス不調を抱えた労働者がいる事業所の割合は13.9%となっており、メンタルヘルス不調者について前年と比較した増減状況をみると、「ほぼ同じ」とする事業所の割合が63.0%、「減少」が4.5%、「増加」が3.5%となっており、事業所規模が大きくなるほど「増加」が高くなっている。

4)不調者を把握している企業は6割超え、上司や同僚の情報によるが最も多い
メンタルヘルス不調を抱えた労働者を把握している事業所の割合は61.8%。
把握方法(複数回答)は、「上司又は同僚労働者等の情報」(63.7%)が最も多く、次いで「定期健康診断の際の問診等」(26.2%)となっており、これら情報の把握に当たって労働者の同意については、88.2%の事業所が「同意を得ている」となっている。

5)「本人の性格の問題」が理由トップ
メンタルヘルス不調をきたした理由(複数回答)をみると、「本人の性格の問題」(64.0%)が最も多く、次いで「家庭の問題」(35.2%)、「上司・部下のコミュニケーション不足」(30.6%)。

6)メンタルヘルスの取り組みに必要性を感じない企業が5割弱
メンタルヘルスケアに取り組んでいない理由(複数回答)については、「必要性を感じない」(48.4%)とする事業所の割合が最も多く、次いで「専門スタッフがいない」(22.1%)、「取り組み方が分からない」(20.1%)、「労働者の関心がない」(15.6%)。
事業所規模別では、500~999人規模と100~299人規模で「専門スタッフがいない」とする事業所の割合が4割台と高くなっており、また、規模が小さいほど「必要性を感じない」とする事業所の割合が概ね高くなっている。


上記以外にも、メンタルヘルスケアの取り組み状況、メンタルヘルスケアを行う際の留意事項と考えるもの、職場復帰支援の内容などの結果が公表されています。

メンタルヘルス不調者が長期休職・退職するケースは全体の1割弱ですが、復職率は5割超という現状からみると、復職率は高いといえません。

この問題は、中小企業にとって、休職中の人材確保・法定福利費の負担や休職・退職する部署での業務負担など、様々な負担を強いられるものとなります。

また対策を講じようとするものの、実際に発生してからの対策をかろうじて実施するのがせいぜいであり、特に中小企業では「対策を必要としない」と感じている企業は5割弱と、企業規模が大きいところと20ポイント以上の開きがあります。

【メンタルヘルス不調者を出さない、メンタルヘルス不調にさせない】よう、会社としても企業努力を求められる時代である事は間違いありません。

平成23年労働災害防止対策等重点調査
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/h23-46-50.html

結果の概要
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/h23-46-50_121025_03.pdf


★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/




【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

7月24日は「働くを、変える日」テレワーク・デイ

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都及び経済界と連携し、東京オリンピッ...

[ 人事・労務 ]

脳には休息時間と休みが必要
イメージ

旅行会社エクスペディア・ジャパンの調査で、日本人の年次有給休暇取得率は6年連続ワースト1位と明らかになってお...

[ 人事・労務 ]

東京都、時差BIZに取り組む
イメージ

東京都では、7月11日から25日までの間、通勤時間をずらすなどの働き方改革「時差BIZ」を実施する予定です。「...

[ 人事・労務 ]

30歳以上の約6割が、年下社員との接し方に悩み
イメージ

30歳以上の社員の約6割が、年下社員との接し方で悩んだことがあると、エン・ジャパン社の「年下社員との接し方」の...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ