コラム

 公開日: 2010-10-14 

若い女性の収入、男性抜く 介護分野などで賃金上向き


日本経済新聞
単身世帯を対象にした総務省の2009年の調査によると、30歳未満の女性の可処分所得は月21万8100円と男性を2600円上回り、初めて逆転した。
男性比率の高い製造業で雇用や賃金に調整圧力がかかる一方、女性が多く働く医療・介護などの分野は就業機会も給与水準も上向きという産業構造の変化が背景にある。
諸外国に比べ大きいとされてきた日本の男女の賃金格差も転換点を迎えつつある。

総務省がまとめた09年の全国消費実態調査によると、勤労者世帯の収入から税金などを支払った後の手取り収入である可処分所得は、30歳未満の単身世帯の女性が21万8156円となった。
この調査は5年ごとに実施しており、前回の04年に比べて11.4%増加した。同じ単身世帯の若年男性は 21万5515円で、04年と比べ7.0%減少。
調査を開始した1969年以降、初めて男女の可処分所得が逆転した。

背景にあるのは産業構造の変化だ。
円高や中国をはじめとする新興国の経済成長に伴い、製造業では生産拠点などの海外移転が加速。就業者数は09年までの5年間で77万人減少した。

仕事を持つ男性の20%超は製造業で働いており、女性の10%と比べて比率が高い。
第一生命経済研究所の熊野英生氏は「ボーナスの削減や雇用形態の非正規化の影響を製造業で働く男性が大きく受けた」と分析する。
男性の雇用者に占める非正規労働者の比率は07年時点で3割を超えた。
女性は4割以上を占めるが、増加率は男性の方が大きくなっている。

リーマン・ショックで製造業が打撃を受ける一方、女性の比率が高い医療・介護などは高齢化の進展で労働力需要が高まり、医療・福祉分野は09年までの5年間で就業者数が90万人増加した。
完全失業率もこのところ女性が男性を下回っている。

税金などを支払う前の名目給与で見ても、民間企業を対象とした国税庁の調査で20代後半の男女の年間の平均給与の差は09年に66万円となり、04年と比べて17万円縮まった。
厚生労働省の調べでは、大卒の初任給の男女差もこの5年間で縮小している。

女性は30歳以上になると結婚や出産などに伴って仕事を辞めて収入が大きく落ち込むケースも多い。
収入水準が高まることで女性が働き続ける意欲も高まれば、少子高齢化で減少する労働力人口を補い、世帯全体の消費を下支えする可能性もある。
(以上、記事より)


製造業での雇用調整が大きく影響し、一方で医療・介護での女性就業率が増加した事が、賃金格差の縮小につながったようです。

女性の場合、最近では結婚時期というよりも出産を機に仕事を辞めるケースが多く、また出産後も育児休業を経て職場に復帰するものの、2人目の出産により子育てに手がかかってしまい、やむなく退職するというケースもあります。

子育てをしているお母さんの就業機会という面では、求人募集も多くない事から、仕事に復帰するチャンスに恵まれているとはいえません。

また子育てしながら働くお母さん側の「働くという意識」が、企業側が求めるところとギャップがある場合なども、就業機会につながらないことになってしまいます。

女性が労働力人口を補っていくには、子育て中・子育てが一段落したお母さんが働ける機会を多くすることと、同時に働く側のお母さんの意識向上の両面が必要であり、これをバックアップする本気の施策(単にバラマキではない)が求められていると考えます。

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

社員・チームの目標達成には、基本の徹底が重要
イメージ

「部下に仕事を任せても目標達成まで至らない」「後輩に指示を出しても、思うように動いてくれない」という悩みを...

[ 人事・労務 ]

社員の生産性を高める、改革のメカニズム
イメージ

最近、政府が掲げる「働き方改革」が様々な記事やニュースで話題となっています。企業にとって、長時間労働の抑...

[ 人事・労務 ]

優秀な人材確保のため、カルビーがテレワークの上限日数を撤廃
イメージ

カルビーは2017年4月以降に、多様な働き方を認めることで、優秀な人材を確保することを目的に、自宅など社外で勤...

[ 人事・労務 ]

働き方改革には社員の人柄と行動変容が重要
イメージ

ノーベル賞を受賞の経済学者ジェームズ・ヘックマンの研究によると、世俗的な成功にはIQスコアはほぼ無関係であり...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ