樋口智香子

ひぐちちかこ

アカデミー・なないろスタイル

[ 中央区 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-04-17  最終更新日: 2016-05-17

好感を持たれる話の聞き方

こんにちは。マナーコンサルタントの樋口智香子です。
話を聴くとき、やってはいけないことがあります。自分に悪気はなくとも、相手に不快に思われてしまう言葉や行動。知らず知らずのうちに、していませんか?日頃の言動をふり返ってみてください。

話を聞くときのNGワード



「でも」「だって」「だけど」
これらは、相手の話を否定するフレーズです。聴き手に否定的な言葉ばかり使われると、話し手は、話を続ける気がしなくなります。口癖のようになってしまっている人がいますので、日頃の会話の中で無意識につかっていないか、ふり返ってみてください。
時には、相手と意見の相違があるでしょう。そんなときでも、否定的なフレーズは使わず、「そういう考え方もあるのですね。」と、一旦受けいれる姿勢をとりましょう。

「だから」
「だから」というフレーズには、「私が意図していることを、なぜわからないのですか?」というニュアンスがあります。これは、あまりにも自分本位で身勝手ですね。自分が伝えたつもりでも、相手には伝わっていないことは往々にしてあるものです。伝わるように話すこと。これは会話の大前提です。

わからないことを、わからないままにしない



相手の話の中に、意味のわからないフレーズがでてきた。こんなとき「そうなんですか~。」とわかったようなふりをしてしまうこと、ありませんか?これも「そんなことも知らないのか」と恥ずかしい思いをするのが嫌だ、という自己本位な行動ですね。相手は、上っ面な相づちをうっていることを、何となく察知してしまうものです。
わからない言葉は、わからないままにしないこと。「○○って何ですか?」と思いきって質問すると、会話はよりスムーズになります。

100万部を突破したベストセラー、阿川佐和子さんの著書「聞く力~心を開く35のヒント」の中に「素朴な質問を大切に」という章があります。聖飢魔Ⅱのデーモン小暮さんに「ヘヴィメタって何ですか?」という、ロック界では基本中の基本のような質問を、思いきって尋ねたところ、親切丁寧に教えてくださったというエピソードが載っています。躊躇してしまうような基本的なことでも、思いきって質問する大切さを感じる、素敵なエピソードです。

嫌われるのは、相手の会話のキーワードを拾って、主導権を握る人



相手が話しているのに、すぐに自分の話を展開して、会話の主導権を握ってしまう人がいます。例えば相手が「先日、ディズニーランドに行ったんだけど、すごく混んでいたよ。」と、話はじめたとしましょう。話し手は、この後どんなことをしたのか、もっと掘り下げたいはずです。主導権を奪う癖のある人がやってしまいがちなのが、次のようなパターンです。

「そうなんだ、私もしょっちゅう行くよ。今度、新しいショーが始まるでしょう。それはね・・・」

いかがでしょうか。「ディズニーランド」というキーワードを奪って、自分の話したいことを話はじめてしまっていますね。これでは、相手もウンザリしてしまいます。まずは、相手の話したいことを、徹底的に聴くこと。「それで?」「どうだった?」と、促して、話を盛りあげます。自分の話をするのは、その後です。

この記事を書いたプロ

アカデミー・なないろスタイル [ホームページ]

マナー講師 樋口智香子

東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ビジネスマナーDVD講座
イメージ

【社員の接客力を高める!ビジネスマナーDVD講座】挨拶・身だしなみ・言葉遣いだけでなくビジネスメール・席次・訪問時や来客時のマナーテーブルマナー・お茶の...

著書一覧
イメージ

気品あふれる花嫁になるための淑女レッスン~男性のハートを射止める12の方法~愛する人と結ばれ、幸せ一杯の結婚式。あなたはバージンロードを歩く花嫁。そのと...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
アカデミー・なないろスタイルの樋口智香子さん

お客さまに愛されるマナー術で、販売員から美容のプロに! 美容業界の接客・販売の悩みを解決!(1/3)

化粧品が多様化する今、接客・販売方法に試行錯誤する企業が増えています。美白・うるおい・ハリアップといった売り文句が浸透し、言葉で化粧品とお客さまをつなぐことも難しくなっています。また、ブランドは周知出来ているのに売上が伸び悩んでいることも少...

樋口智香子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

お客さまに愛される人材を育成!接客・販売力を高めます!

会社名 : アカデミー・なないろスタイル
住所 : 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

樋口智香子(ひぐちちかこ)

アカデミー・なないろスタイル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

とてもわかりやすく、マナーに関する不安が解けました

◆電話応対やお客様のご案内など、学生時代には学ぶことができ...

新入社員研修 受講者
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
挨拶+αのひとこと!好感を持たれる人になる
イメージ

こんにちは。接客コンサルタントの樋口智香子です。挨拶は、コミュニケーションの最初の一歩。あなたは、日頃...

[ 魅力アップ ]

接客Q&A 「○○のことなら、あの人に相談したい!」と思われるには
イメージ

メール講座お客様があなたのファンになる、愛され接客術の読者様が、1000人を超えました。ご購読いただいてい...

[ 接客マナー ]

喧嘩ごしで怒るお客様へのクレーム対応
イメージ

クレームを言うお客様は、感情のままに怒りをぶつけてくる人も多いですね。喧嘩腰になり、一方的に話すお客様...

[ 接客マナー ]

「おはようございます」は、何時までつかうのか
イメージ

「おはようございます」この、朝の挨拶のフレーズは、午前中なら何時ごろまでつかうのでしょうか。「必ず...

[ ビジネスマナー ]

新入社員と先輩社員のコミュニケーションがうまくいく方法
イメージ

企業に伺うと、昨年度、新人研修を受講してくださった社員の皆様に再会します。昨年の4月にお会いしたときとは、顔...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ