コラム

 公開日: 2016-05-16 

大地震発生時のリスクと街の安全性から住むエリアを考えてみる

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【大地震発生時のリスクと街の安全性から住むエリアを考えてみる】についてです。

まさかの時に安心できるエリアも住まい選びの選択肢になる

大規模な地震がこの数十年の間に発生しました。大地震は場所や時間を予測することができず、建物の倒壊や人々の命を奪い慣れ親しんだ街を一瞬で破壊してしまいます。
このような不測の事態の発生に備えて予め準備しておくのはもちろんのことですが、住んでいる場所そのものが地震の影響を受けやすいのかどうか、もし地震が起こった時に避難がしやすいのかどうかということも考えておかなければなりません。

ここ数年の東京23区の人口動向を見れば、2011年3月に発生した東日本大震災の影響を受けていることがわかります。
実際、震災が発生した2011年3月以降、人口動向にこれまでと違う変化がみられました。
まず10人に1人の外国人が住む新宿区では、2011年にこれまでの増加から一転して減少となりました。
これは外国人の東京脱出が多かったためですが、2014年はほぼ震災前の水準に回復しました。

また東北地方に近い東京東部3区、足立区、葛飾区、江戸川区においては、震災前の人口にまだ戻っていません。
このような人の動きを見れば、人々の住まい選びの1つの基準に安全確保が含まれていることがよくわかります。

ここでは、大地震発生時に考えられるリスクや街の安全度から見た住まい探しについて考えてみます。

haikei

23区における大地震被害予想ランキング

大地震が起きると、その被害状況は場所によって変わります。東京のように高層ビルが立ち並び、地下街が発達した都会と山々に囲まれた地方では、同じ規模の地震でも、建物被害や負傷者数、死亡者数には大きな違いが出ます。

東京都が発表した「首都直下地震等による東京の被害想定」によると、東京湾北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が、冬の18時、毎秒8mの風速下で発生した場合の被害予測は次のようになっています。

建物全壊率(23区平均値:6.1%)
1位 荒川区(18.7%)
2位 墨田区(17.1%)
3位 江東区(15.4%)
4位 台東区(14.9%)
5位 中央区(10.2%)

建物焼失率(23区平均値:10.7%)
1位 品川区(28.3%)
2位 大田区(22.3%)
3位 杉並区(18.7%)
4位 目黒区(17.4%)
5位 墨田区(16.1%)

死者発生密度(23区平均:15.1人/㎢)
1位 墨田区(48.4%)
2位 台東区(47.8%)
3位 荒川区(41.4%)
4位 品川区(34.3%)
5位 千代田区(23.5%)

荒川区、墨田区といった隅田川沿いで京浜東北線と荒川にはさまれたエリアは、建物全壊のリスクが高いと予測されています。逆に安全だと思われる場所は、23区の北西部にある板橋区や練馬区です。

火事で建物が焼失する可能性が高い場所は、品川、大田の環七沿いです。この付近は木造建築物が多いエリアです。死者数についても建物被害と同様で、墨田区や台東区、荒川区、品川区が上位にランクインしています。

以上のデータからわかることは、東京湾沿いや東京東部地域に大きな被害が出るリスクがあることがわかります。

「東京23区」特有の大地震被害について

東京23区のような大都市では、中心部に近いエリアは近代化された高層ビルが立ち並び、地下鉄や地下街も網の目のように発達しています。このように建造物や交通インフラが過度に集中した場所では、一度大地震が発生すれば、郊外の住宅地や地方では起こりえない被害も多く発生します。

まず23区、特に中央区、千代田区、港区では6階以上の住居に住む人たちの割合が4割以上と非常に高くなっています (23区平均は15%)。
高層マンションが受ける被害には、停電や断水があります。
23区内では、停電復旧に約1週間、水道復旧には1カ月以上かかると試算されています。
エレベーターや水洗トイレが使えなくなり、自分の家に戻ることができなくなります。

そして東京湾沿いの海抜0メートルエリアでは、東京で大地震が起きれば津波が発生し、水没や冠水の被害が広範囲にわたって出るリスクがあります。「江東デルタ」と称される0メートルエリア地域は、墨田区、江東区の全域および江戸川区の一部ですが、このエリアでは2~4メートル水没すると予測されています。

港区、品川区、大田区、川崎、横浜に続く京浜運河一体でも1~2メートル水没すると予測されています。
これらの地域は、化学プラントが密集しており石油備蓄タンクや高圧ガスタンクもたくさんあるため、ひとたび大地震が発生し、1カ所でも火災が出ればまたたく間に広がり多数の死傷者が出ると想定されています。

haikei

減災に向けての取り組み

23区では大地震による甚大な被害が発生することが予測されていますが、それぞれの自治体では被害の拡大を可能な限り食い止めるべく、色々な対策が取られています。

例えば葛飾区では、2006年度の震災被害想定では、建物焼失率が23区でワースト1、面積あたりの死者発生密度が3位だったのが、2012年度には、建物焼失率10位、死者発生密度13位と大幅に改善されています。

葛飾区の新小岩地区では、「新小岩北地区ゼロメートル市街地協議会」を結成し、大規模水害への対策検討勉強会を開催するなど地域住民へ防災意識の向上を働きかけています。
同協議会では防災学習アプリも開発し、これらの取り組みが評価され、総務消防庁主催の「第18回防災まちづくり大賞」で総務大臣賞を受賞しています。

haikei


今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間100回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
ブラックボックス

私の第2作目の書籍が、2015年11月13日に発売しました。タイトル名は、【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】になります。詳しくは...

メディア掲載情報
イメージ

5月16日発売【週刊ダイヤモンド5月21日号】に、弊社代表・仲宗根の記事「“年収1000万円”が陥りやすい老後破産を防ぐマンション経営とは?」が掲載されました!詳し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
仲宗根和徳 なかそねかずのり

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが充実。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

オーナーの悩みとはどんなものか知りたくて参加しました

御社マンション経営セミナーには何度か足を運ばせてもらって...

K.S
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、増刷決定!
イメージ

2015年11月13日に発売しました【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、この度 増...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

収益物件を満室で運営するために物件購入後にやるべきこと
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【収益物件を満室で運営するために物件購入後にやる...

[ 不動産投資コラム ]

金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も...

[ 不動産投資コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ