コラム

 公開日: 2016-04-28 

サラリーマンにとって味方につけたい日本政策金融公庫

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【サラリーマンにとって味方につけたい日本政策金融公庫】についてです。

低金利かつ固定金利の「日本政策金融公庫」

マンション投資のためローンを利用する際、借入先の選択肢にぜひ入れておきたいのが日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫(正式な略称は「日本公庫」)は100%政府出資の政策金融機関です。

日本政策金融公庫の融資には、「低金利かつ固定金利」「頭金がいらない」「保証人がいらない」などのメリットがあり、サラリーマンの方がマンション投資をするうえで強い味方になってくれます。

haikei2

マンション投資と日本金融公庫

日本政策金融公庫のホームページには、「銀行などの一般の金融機関を補完し、国民生活の向上を目的とし、国の政策に則った固定金利、長期の融資制度をご用意しておりますので、安心してご利用いただけます」とあります。

「銀行などの一般の金融機関を補完」するとは、銀行など民間の金融機関からの資金調達が難しい中小企業や個人事業者に対して融資をする、ということで、不動産投資にも融資してくれます。ただし、不動産賃貸業であることが前提となります。

融資によってマンションを購入し、すぐに転売して利益を得ることを目的とする場合、融資の対象にはなりません。それは「投機」とみなされるからです。

しかし、ワンルームマンションを購入し「事業」として「部屋を賃貸し家賃収入を得る」ということであれば融資の対象になります。家賃収入を目的とした「不動産賃貸事業」となるからです。
ただ、「事業」への融資となれば当然、その事業の「収益性」が問題になります。ここで必要になるのが「事業計画書」です。

日本金融政策公庫からの融資に必要な事業計画書とは

日本金融政策公庫から融資を受けるには、事業計画書(資金調達方法、収支見込み、取引先、取引条件などを記載したもの)を用意する必要があります。また、融資担当者と面談し、自身の事業計画を説明する必要もあります。

「事業計画書なんて、そんな難しいものは書けない」
そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、日本政策金融公庫のホームページから各種書式をダウンロードすることができます。それを見れば、専門的で精細な事業計画書というものではなく、会社の稟議書程度と考えればいいことがわかります。決して「素人にはムリ」と匙(さじ)を投げる必要はありません。

また面談も、融資担当者との話し合いで「事業」としての評価が変わる可能性もあり、自分の計画をアピールできるチャンスと捉えたほうがいいでしょう。

haikei2

諸条件とスケジュール

融資にあたっては、特別な理由がない限り担保物件が求められます。担保物件の評価目安は、東京の物件で購入価格の4割程度です。評価が1000万円の物件であれば、その4割、400万円が借入金額の上限となります。

期間は、女性は最大15年(相談によっては20年)借入れ可能ですが、男性の場合、29歳までと55歳以上が最大15年、30~54歳は最大10年となっています(ただし、79歳までに完済が前提)。

日本政策金融公庫からの融資決定までのスケジュールは次の通りです。

◆最寄りの融資相談予約の電話を入れる(インターネットでも可能です)。
◆融資申し込みに必要な書類(購入物件に関する書類、本人確認に関する書類、キャッシュフローに関する書類など)を持参して担当者と面談。
◆日本政策金融公庫による審査(審査期間は7~10日ほど)。
◆日本政策金融公庫側から融資決定の通知(融資担当者から電話で通知されます)。
◆「金銭消費貸借契約」「抵当権設定契約」「団体信用生命保険」などの締結。
◆融資実行

平日、仕事を持つサラリーマンの方の中には「会社を休んでまで日本政策金融公庫に出向くのはどうも」という方もいらっしゃるかもしれませんが、数度、出向くだけで低金利で融資を受けられるのです。

ちょっとした手続きを面倒がり、投資のチャンスをなくすのはもったいないです。サラリーマンにとって、日本政策金融公庫は頼もしい味方と言えるでしょう。

haikei2

今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間100回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
ブラックボックス

私の第2作目の書籍が、2015年11月13日に発売しました。タイトル名は、【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】になります。詳しくは...

メディア掲載情報
イメージ

5月16日発売【週刊ダイヤモンド5月21日号】に、弊社代表・仲宗根の記事「“年収1000万円”が陥りやすい老後破産を防ぐマンション経営とは?」が掲載されました!詳し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
仲宗根和徳 なかそねかずのり

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが充実。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

オーナーの悩みとはどんなものか知りたくて参加しました

御社マンション経営セミナーには何度か足を運ばせてもらって...

K.S
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、増刷決定!
イメージ

2015年11月13日に発売しました【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、この度 増...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

収益物件を満室で運営するために物件購入後にやるべきこと
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【収益物件を満室で運営するために物件購入後にやる...

[ 不動産投資コラム ]

金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も...

[ 不動産投資コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ