コラム

 公開日: 2016-02-10 

マンション経営の節税効果が高い理由

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【マンション経営の節税効果が高い理由】についてです。

マンションは贅沢品ではない?節税効果があるのはなぜ?

マンション経営の大きなメリットのひとつが、税制上の優遇措置を活用できる点でしょう。
日本では、さまざまなものに税金が課せられます。しかし、マンション経営は別です。それはなぜなのでしょうか?

また、本当にマンション経営だけが特別な税制措置が取られているのか他の投資と比べながら考察してみたいと思います。

街並

株式投資よりマンション経営の方が節税効果が高い!

前回のコラムで、節税メインでマンション経営をするのは良くないとお伝えしました。どんなことも、やり過ぎは良くありません。

しかし、マンション経営は、ほどほどにしていても節税効果が得られるのは、なぜなのでしょうか。

マンション経営以外の投資をお考えの方もおられるでしょう。
なぜマンション経営だけが、そんなに節税効果が高いのか、他の投資と比較しながら確認してみたいと思います。

まず、株式投資の節税方法について考えてみます。株式投資で得た損益は、申告分離課税となり、利益に対して一律約20%の税金がかかります。
一方、サラリーマンの給与所得やアパートなどの賃貸経営者の不動産家賃収入、個人事業主の事業所得等は、総合課税に当たります。

所得税は、各種の所得を合算した総所得金額を元にして税額を算出し、確定申告によりその税金を納める総合課税が基本です。
申告分離課税は、特定の所得に対してそれぞれ単独の計算式で課税をしていくものです。他の所得税と合算しないで、分離して税額を計算し、確定申告により税額を納めなければなりません。

また、2016年より、証券投資の税制が大きく改正されたことにも関係しています。変更後は、株式投資、投資信託、債券などの証券投資の全てが一律約20%の課税となりました。公社債投資信託や債券の譲渡益も課税対象となります。
これらの株式投資で損となっても、損益通算による節税はできません。

保険よりマンション経営の方が節税効果が高い!


では、次に保険について考えてみましょう。現在は、さまざまな保険商品が保険会社よって作られています。保険の種類によって、所得税がかかるものと非課税のものがあります。

整理してみますと、まずは課税されるものとして満期保険金、死亡保険金、個人年金保険の年金、祝金・生存給付金、解約返戻金、学資保険金、養老保険金等があります。

非課税のものとして、高度障害保険金、特定疾病保険金、リビング・ニーズ特約保険金、入院・通院・手術給付金、介護一時金などが含まれます。

課税の場合は、保険加入が5年未満の場合、増えた分の約20%が一律で課税されます。
保険加入が5年以上の場合で保険料契約者と保険金受取人が同一である際、受取人が受け取った保険金(満期保険金等)には所得税がかかり、一時所得として課税されます。課税対象額は次のように計算します。

課税対象額 = (保険金+配当金-払込保険料-50万円)× 1/2

この算出された金額に所得税と住民税が課税されます。結局、保険も節税効果はあまり得られないということがわかります。

街並

節税効果が高い理由!

さて、株式投資、投資信託、債券などの証券投資から保険商品まで検討してみましたが、どれも節税効果を得られないことがわかりました。
マンション経営では、初年度は、マンション購入にかかった諸費用と減価償却費を計上できます。

帳簿上、不動産所得がマイナスとなり、所得税・住民税を大幅に抑えることができ、かなりの節税効果を生み出すことができます。

2年目以降は、購入にかかった諸費用が計上できなくなるため、それを除いた固定資産税やローン金利、修繕費・保険料、減価償却費等のみが毎年計上されます。2年目以降のマンション経営について、家賃収益がプラスとなるため節税するのが難しいと思われている方が多いようです。

しかし、サラリーマンの場合は、確定申告を行うことで所得税を抑えることができるので節税効果となるのです。

前回のコラムでも述べましたが、過度のやりすぎはNGですが、通常の節税を行うだけで、それなりの効果を感じられるのがマンシヨン経営だと言えます。
増えた分に対して、一律課税対象にされてしまう投資商品と比較すると、メリットは一目瞭然でしょう。

マンションは、不動産として単に投資対象ではなく、生活に必要な物とカテゴライズされているのです。日本では、社会的に意義があると考えられるものには税金が控除される傾向にあり、住まいを提供する事業もそのように捉えられています。

社会への貢献度が高いと認められているため、相続税、所得税、住民税、固定資産税等に対して優遇措置がとられているのです。それがマンション経営の魅力のひとつです。

街並



今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間100回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
ブラックボックス

私の第2作目の書籍が、2015年11月13日に発売しました。タイトル名は、【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】になります。詳しくは...

メディア掲載情報
イメージ

5月16日発売【週刊ダイヤモンド5月21日号】に、弊社代表・仲宗根の記事「“年収1000万円”が陥りやすい老後破産を防ぐマンション経営とは?」が掲載されました!詳し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
仲宗根和徳 なかそねかずのり

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが充実。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

不動産投資について知識が乏しいため、全般的な知識を得たい。

今日は特に、購入までのプロセスではなく、購入後の注意点や...

Y.I
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、増刷決定!
イメージ

2015年11月13日に発売しました【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、この度 増...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

収益物件を満室で運営するために物件購入後にやるべきこと
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【収益物件を満室で運営するために物件購入後にやる...

[ 不動産投資コラム ]

金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も...

[ 不動産投資コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ