コラム

 公開日: 2016-02-09 

節税メインのマンション経営がうまくいかない理由

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【節税メインのマンション経営がうまくいかない理由】についてです。

節税は悪いことではないが、それをメインに考えるとリスクが

前回のコラムでは、マンション経営における節税効果についてお話ししました。
節税は悪いことではありませんが、そればかりを中心に考えていると足元をすくわれることもあります。

今回は、節税をメインとした場合のマンション経営のリスクをテーマについて解説したいと思います。

haikei2

節税メインでマンション経営をすると?

以前のコラムでご説明したように、マンション経営は損益通算によって節税効果を受けられます。マンションの販売会社も、所得税や住民税の節税効果を積極的にアピールしてくることが多いでしょう。

ただし、マンション経営のメインテーマを「節税」としてしまったら間違った経営となり、うまくいかない可能性があります。3つの理由をベースに確認していきましょう。

まず、ひとつ目ですが家賃に合わない割高な物件を購入する可能性がある…ということがあげられます。
不動産会社の中には、節税のメリットを理由に、わざわざ相場より割高の物件をすすめることもあるので注意が必要です。

割高な分、家賃収入が建物の減価償却を上回ってしまい、赤字が節税になるという考え方ですが、それは大きな間違いです。
将来的に売却する際、中古価格の相場で手放すことになるので、割高で買ってしまうと、ほとんどが損をすることになります。
したがって、部分的な赤字で節税できたとしても、全体として考えると、無意味なこととなります。

マンション経営において、申告上の事業収支が赤字になればなるほど、その節税効果が高まるのは事実ですが、物件価格そのものが割高で、ローンの返済額が家賃を大きく上回ってしまうことがないように気をつけてください。

節税メインでマンション経営をすると?

引き続き、節税をメインとした場合のマンション経営がうまくいかない理由について考えてみましょう。

2番目の要素は、通常より高い金利での借り入れになってしまう可能性がある…というものです。

販売会社により、いかにも節税効果があることを見せる方法で金利の高い金融機関から融資をさせることがあります。

2015年6月の時点での投資物件向けローンの金利は2%前後ですが、「金利が4%近い物件を購入した」といった相談が寄せられるなど、多くの方が業者に節税対策のシミュレーションを提示されて、高い金利が良いと説得されるようです。

金利が高いと、毎月の返済は自ずと増えます。そうなると確かに、収支はマイナスになりやすいので、節税効果が上がることも事実でしょう。
ただし、それがマンション経営のメリットになるかというと、そうとは言えません。

たとえば、同じ35年払いで2,000万円を金利2%で借入した場合と、4%で借入した場合を考えると、総返済額の差額は約900万円になります。
節税のプラス面を考えて購入した結果、900万円という損失を出すことになり、
メリットどころかデメリットになってしまいます。

販売会社がプラスの面ばかりを話しシミュレーション等を見せてきた場合、マイナス面等について質問できるよう知識を持っておきましょう。

ご自身で判断できない場合は、専門家にご相談されることをおすすめします。

haikei2

節税対策を手荒にやりすぎると税務署のチェックが入る!

3つ目の理由は、税務署のチェックが入り、ペナルティの対象になる可能性があるという、ちょっと穏やかでないことが起こりえます。

節税方法のひとつとして、経費の計上があります。マンション経営における経費には減価償却費、ローンの利息(建物分)、管理費、修繕費、固定資産税、保険、雑費などがありますが、節税対策として「ついついコントロールしすぎてしまう」ということに注意してください。

特に白色申告の場合、雑費においては領収書の添付義務がないため、マンション経営の業務と無関係の飲食代や娯楽代を計上してしまうことがあるようです。このような手荒な手法により、実際に赤字申告をすることで大幅な節税をされることもあります。

しかし、通常では考えられないケースなので、税務署に目をつけられてしまうでしょう。脱税や申告漏れをすると罰則があり、罰金を支払う羽目になれば、節税どころではありません。

違法な節税は、もちろんNGです。修正申告をすると、7年間、さかのぼって調査されるので面倒なことになります。

このように、節税をメインとしたマンション経営はデメリットの方が多いのでおすすめできません。
節税は、あくまでも補足的なメリットとして考えましょう。

haikei2



今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間150回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
イメージ

平成27年1月に行われた相続税改正により、対策を行わなくてはならなくなった方の母数が増えています。相続が他人事だと思っていたところに、急に対策の必要性を迫られ...

メディア掲載情報
イメージ

2017/9/29の読売新聞朝刊に和不動産の1面広告が掲載されました!「相続対策の新しい王道~生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション~」という1文にて和不動...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
アフターフォローで安心の不動産投資コンサルタント 仲宗根和徳さん

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが評判。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ごく最近物件を購入したので、購入後のケアのポイントを知りたい。

これまで数多く参加して、勉強になったので、再度セミナーに...

N.W
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
和不動産 仲宗根が手掛けたお客様からの評判・口コミ~その1~
イメージ

デベロッパーなどを経て和不動産の代表となった私、仲宗根のもとには、これまでお客様から様々な相談や質問が寄...

[ 仲宗根と㈱和不動産が手掛けた評判・口コミ ]

不動産投資は、購入前のシミュレーションより、購入後の実績管理が重要
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【不動産投資は、購入前のシミュレーションより、購...

[ 仲宗根と㈱和不動産が手掛けた評判・口コミ ]

不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

ネット社会とモラル・情報の取捨選択について

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【ネット社会とモラル・情報の取捨選択について】と...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ