コラム

 公開日: 2016-01-27 

マンション経営では物件の新旧ではなく競争力が肝

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【マンション経営では物件の新旧ではなく競争力が肝】です。

入居者は何を優先してマンションを選ぶのか?


入居者が部屋を選ぶ際、何を基準にするのかというと、家賃がその物件の価値、条件に見合っているか…ということだと思いますが、これを「費用対価値」と言います。

この費用対価値は、中古と新築で違いがあるのでしょうか?

「費用対価値」を意識してマンションを選ぶには、どんなことについて注意すれば良いのか見ていきましょう。

街並

入居者は「費用対価値」でマンションを選ぶ

「初めてマンション経営をする際は築浅中古物件をおすすめする」という話をしました。

では、新築マンションを選ぶメリットは全く無いなのでしょうか?その答えは「ノー」です。

現に、新築マンションだけが人気で入居率が高いかと言えばそうではありません。首都圏の便利なエリアに中古物件は数多く存在していて、空室になっているところは少ないでしょう。

入居者は「費用対価値」でマンションを選びますので、中古でも家賃に見合った物件であればその部屋を選びます。

実際に、都市部で築20年以上のレトロな雰囲気の物件に人気が集まり、常にキャンセル待ちの状態の賃貸物件があります。
不動産は「特殊な商品」で、まったく同じ条件の物件は存在せず、ひとつひとつの物件が唯一無二の存在です。

間取りや住宅設備が似ていても、周辺環境や住環境がまったく同じ……という物件はありません。

たとえば、交通の利便性もほぼ同じで、間取りも同じような新築マンションの家賃が10万円、築6年の中古マンションの家賃が6万円だとしたら、どちらを選びますか?
ほとんどの人は中古を選ぶでしょう。分譲ならまだしも賃貸物件で、家賃を無視して、「どうしても新築に住みたい」というこだわりを持つ人は少ないのではないでしょうか。

物件にはそれぞれ、条件に見合った相場があります。
新築には新築なりの相場があり、中古には、築年数やその他の条件を融合させた相場があるのです。
相場と比べて物件が魅力的であれば、入居者は集まります。

マンション経営で大切なのは、競争力のある物件

入居者の「費用対価値」を満足させるためには、競争力をアップさせなければなりません。

それには物件が新築か中古かということはあまり関係ありません。
重要なのは、その物件の立地環境と市場の状況を確認することです。
検討しているマンションの近隣の環境はどんな様子か、現地調査をしっかりと行いましょう。

駅から徒歩でどれくらいの時間がかかるのかを確認するのは鉄則です。駅からバスの利用が必要なら、「費用対価値」は低くなってしまいます。
周辺のショッピング施設、病院、学校、銀行など、買物や通勤の便は良いかどうかもチェックしましょう。

どのくらいの規模の街なのか、人口密度や世帯数をチェックするほか、住宅地域、商業地域といった用途地域についてもきちんと把握しましょう。

駅から徒歩圏内であることをおすすめしますが、もし駅から遠く、バスを利用する物件の場合は、そのマンションならではの特有のメリットがない場合は厳しいでしょう。
新築並にキレイなのに家賃が極端に安い、または広い…などです。しかし、家賃が安すぎると収益が上がりにくくなります。

同じような競合物件の動向について調査・分析することが大切で、周辺の家賃相場を調べ、空室が多い場合はその原因を分析しましょう。

このように物件の環境について調べることがたくさんあります。ご自身で分析まで行うのが難しい場合、地域事情に詳しい不動産会社に相談することをおすすめします。

街並

競争力を付けるには、マンシヨンの管理面が鍵

入居者の「費用対価値」を満足させるためには、管理面も大切な要素となります。

同じ家賃で、同じような立地条件・間取りで、どちらも築10年の物件であれば、外観も室内もキレイな物件を入居者が選ぶのは当然でしょう。

日々の掃除が行き届いていることや定期的な点検とメンテナンスは必須です。
また、今はリノベーションが人気です。わざわざ古い物件を購入し、自分流に改築して暮らすのを好む人たちが増えてきました。

価格が高いもの、築年数が浅いものだけに需要があった時代とは価値観が変わってきました。

入居者の住まいに対する価値観も多様化し、建築物や住居への意識は大きく変化を遂げています。
こういった理由からも中古マンションは保守管理、メンテナンスが命と言っても過言ではありません。マンションの状態の良さこそ、競争力となり得るのです。
競争力のあるマンションなら中古でも空き室にはならず、入居率は安定します。
予算が許すならリノベーションによって付加価値をプラスし、入居率を上げることもできます。

街並


今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間100回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
ブラックボックス

私の第2作目の書籍が、2015年11月13日に発売しました。タイトル名は、【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】になります。詳しくは...

メディア掲載情報
イメージ

5月16日発売【週刊ダイヤモンド5月21日号】に、弊社代表・仲宗根の記事「“年収1000万円”が陥りやすい老後破産を防ぐマンション経営とは?」が掲載されました!詳し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
仲宗根和徳 なかそねかずのり

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが充実。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

著作を読んでいたので興味がわきました!

そろそろ所有アパートの出口戦略を考えなければと思い、セミ...

M.M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、増刷決定!
イメージ

2015年11月13日に発売しました【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、この度 増...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

収益物件を満室で運営するために物件購入後にやるべきこと
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【収益物件を満室で運営するために物件購入後にやる...

[ 不動産投資コラム ]

金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も...

[ 不動産投資コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ