コラム

 公開日: 2015-12-29 

マンション経営が銀行の融資が通りやすい理由

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【マンション経営が銀行の融資が通りやすい理由】です。

マンション経営は銀行から融資を受けやすいか?

マンション経営では、金融機関から融資をうけて不動産物件を購入します。
マンションの経営のために申請する融資は、その経営によりどれだけの利益が見込めるのかを分析することにより、融資が受けられるかどうかが判断されます。
しかし、投資用マンションの購入は、住宅ローンと同じように物件だけの担保で金融機関から融資を受けることができます。また、マンション経営に対して、銀行等の金融機関が融資に積極的になっているのです。

haikei

銀行が融資したい事業とは?

ノンバンクは金利が高すぎて、マンション経営が成り立たないのでおすすめできません。
しかし、マンション経営で果たして銀行がお金を貸してくるのか…とオーナー様は不安に思われるかもしれません。

金融機関はシビアなので、何千万円ものお金を融資してもらうことが難しいのは確かです。ただし、融資の目的によって金融機関の判断は異なります。

たとえば、株式の購入資金のために融資をお願いしたとしたら、銀行はどんな反応を示すでしょう? 大きく変動する株価の購入は、融資対象としていないため、銀行は融資をあっさりと断ります。株はギャンブル性が高いので、それは当然の事かもしれません。

それでは、人気飲食店のチェーン店やフランチャイズではどうでしょうか?
誰もが知る話題の飲食店であれば、銀行はすぐに融資してくれそう、というのは間違いです。
なぜなら、銀行が求めているのは有名店や美味しい味ではなく、きちんと収益を上げられるかどうか…という点です。

起業して倒産する会社、閉店するという飲食店は後を断ちません。
確実に入店する客数、確実な収益予測を裏付ける事業計画書を提出することが融資審査に通る第一の条件です。

マンション経営に対して、銀行は融資に積極的!

では、マンション経営はどうかというと、金融機関から融資を受けやすいビジネスなのです。

投資用マンションの購入は、住宅ローンと同じように物件だけの担保で金融機関から融資を受けることができます。
マンション経営の場合、月々の家賃収入がある程度見えるので、通常の事業に融資するよりも貸す側としては安心できるというメリットがあります。

家賃は景気に左右されにくく、変動幅が小さいのが特徴です。そのため、銀行等の金融機関が、実は融資に積極的なのです。

マンション経営は、会社員等、本業が忙しい人でも融資が叶う、唯一の事業だと言えます。
さらに、中古マンションの場合、融資する金額が新築マンションや、賃貸マンションなどに比べて少額であるため、「融資しやすい」という側面もあります。
また、マンションを新築する場合、住宅メーカーに建設を依頼しますが、その住宅メーカーが金融機関と提携している提携ローンをいくつか用意してくれます。
提携ローンは建設を依頼する業者と関連があり、融資が受けやすいことが多いので、それを利用するのも良いでしょう。住宅メーカーや金融機関の担当者から、融資に関するアドバイスも受けられるので、困った時は相談してみましょう。

haikei

マンション経営で銀行から融資を受ける時の注意点

マンション経営は、銀行からの融資が受けやすいことがおわかりいただけたと思います。

では、融資の際の注意点についてお話ししましょう。
融資は通りやすいのですが、頭金の割合や金利は、個人の属性によって変わってきます。公務員や一部上場の大手企業の会社員は有利で、頭金ゼロで借入できることもあります。

オーナー様が上記に該当しない場合は、ある程度の頭金を用意することは必要でしょう。また、借入しやすい銀行もありますから金融機関を限定しないことです。

また、中古マンションは融資が受けやすいと、前述で述べましたが、気をつけていただきたい点があります。
新築・中古に関わらず、マンション立地は過疎地が不利です。
また、築年数が40年でメンテナンスがきっちり行われていない建物、内装が明らかに悪い状態で、入居者が見込めないときなどは、融資を断られることがあります。

中古物件でも、メンテナンスがきちんと施され、内装もきれいで清潔感があり、入居者を獲得できることが一目でわかれば、期待できるでしょう。
これらをクリアしていれば、ほとんどの会社員の方が普通に融資を受けられるのがマンション経営です。

haikei

今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間100回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
ブラックボックス

私の第2作目の書籍が、2015年11月13日に発売しました。タイトル名は、【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】になります。詳しくは...

メディア掲載情報
イメージ

5月16日発売【週刊ダイヤモンド5月21日号】に、弊社代表・仲宗根の記事「“年収1000万円”が陥りやすい老後破産を防ぐマンション経営とは?」が掲載されました!詳し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
仲宗根和徳 なかそねかずのり

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが充実。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

著作を読んでいたので興味がわきました!

そろそろ所有アパートの出口戦略を考えなければと思い、セミ...

M.M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、増刷決定!
イメージ

2015年11月13日に発売しました【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、この度 増...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

収益物件を満室で運営するために物件購入後にやるべきこと
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【収益物件を満室で運営するために物件購入後にやる...

[ 不動産投資コラム ]

金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も...

[ 不動産投資コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ