コラム

 公開日: 2015-12-26 

パチンコ・株式投資よりギャンブル性が低いマンション経営

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【パチンコ・株式投資よりギャンブル性が低いマンション経営】です。

マンション経営とギャンブルとの違いとは?

株式投資やFXといった資産運用などは、ハイリターンを手にする一方、経済情勢の見極めなど専門的な知識が必要になります。ハイリスクを覚悟しなければいけないということは、ギャンブル性が高いことを表します。 

一方、専門的な知識がなくても比較的手軽にできる、不動産投資としてマンション経営を始めるオーナー様が徐々に増えてきました。
住宅ローンを組んでマンションを購入しても、ローンの返済は家賃収入で賄え、しかも長期にわたって、安定的に収入が確保できます。
その点がマンション経営とギャンブルとは違うポイントなのです。
では、そのあたりについてもっと詳しくご説明していきましょう。

haikei2

マンション経営は、株やFXのように元本がゼロになることがない

マンション経営は「ギャンブルと同じ」と思う方もおられるようです。
それは、本当でしょうか?ギャンブルとは、勝敗を運任せにする、いわゆる「博打」であり、掛け金も、毎回変えられます。
競馬、競輪、パチンコなど、娯楽性が高い要素もギャンブル性の高さを表しています。宝くじやロト6などもギャンブルの一種でしょう。

そして、やり始めたら、止められない…資金がなければ借金してでもやってしてしまうという依存性があるのもギャンブルのデメリットと言えるでしょう。

マンション経営はそのようなギャンブルと同じでしょうか?
答えはノーです。

株やFXはギャンブル性が高く、基本的にハイリスク・ハイリターンの投資商材でしょう。
株式投資をしていた人にとって、記憶に新しいのは、リーマン・ショックによる大きな損失ではないでしょうか。
当時、1000万円で購入した株が1年後に580万円になってしまう…という下がり具合でした。

一方、不動産投資は、入居者を確保できれば長期的な安定収入が見込めます。また、株やFXのように元本がゼロになることもなく、物件を持ち続けることで私的年金としての収益にもつながります。生命保険にも加入が義務づけられ、家族に「安心」を与えることもできるでしょう。

マンション経営は、リスクもギャンブル性も低く、安定した投資

過去において、マンション経営がギャンブル的に扱われていた時代もありました。それは、1990年前後のバブル期です。
当時は、不動産価格が短期間で2倍以上に上がることがしばしばあり、多くの人がキャピタルゲイン(売却益)を求めて、不動産を購入していました。

しかし、そのような異常とも言える状況は、長くは続きません。1991年にバブルは崩壊し、不動産価格は大暴落となりました。
高いローンが支払えず、売ることもできない…そんな人も多く、自己破産するケースが多々ありました。

実は、これらの経験こそが現在のマンション経営に生かされているのです。
バブル崩壊を学習した私たちは、投機目的で不動産を購入することはなくなりました。
また金融機関も、投機目的の不動産購入にはお金を貸さなくなってきました。バブル崩壊以降は、不動産価格が大きく変動することはなくなったと言えます。
リーマン・ショック前後でも、マンションの坪単価は3%ほどしか減っていません。

マンション経営は、パチンコや競馬、また株式投資とは異なり、運任せの要素は少なく、費やしたお金がゼロになってしまうような極端な事はないのが特徴でしょう。また、リスクが低く、ギャンブル性が薄いので、安定した投資と言えるのではないでしょうか。

haikei2

マンション経営は、インカムゲインだから景気に左右されにくい

投資の手段は、大きくわけてふたつに分けられます。
ひとつは、キャピタルゲイン(売却益)。株式投資などのハイリスク・ハイリターンの投資方法です。

もうひとつは、インカムゲイン(所有する不動産を運用することによって得られる収益)。インカムゲインは、安定株式の長期保有や、国債・預金などのように、資産を手放さずに利息や配当といった安定的な収入を得る投資全般を指します。

マンション経営は、後者のインカムゲインです。マンション経営におけるインカムゲインは、家賃による収入です。これこそがマンション経営の目的だと言えます。
インカムゲインの特徴は、景気に左右されにくいと昔から言われてきました。
確かにどんな投資もリスクが全くないわけではありませんが、過去10年のワンルームマンション価格の変動を見ても変動幅は横ばいです。
突然、不況になったとしても、マンションの家賃が急に半額になるということはないでしょう。
マンションの家賃は、デフレ状況においても株式や生活必需品の価格下落に対して、比較的緩やかな低下傾向にあります。

一 方、物価が上昇するインフレを迎えた際には、株式や商品価格の上昇と等しく、マンション家賃も上昇してきた歴史があります。
したがってマンション経営とは、デフレに強く、インフレにも対応できる投資手段なのです。景気の変動にも柔軟に対応し、ギャンブル性が低く安定性の高い投資だと言えます。

haikei2

今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間100回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
ブラックボックス

私の第2作目の書籍が、2015年11月13日に発売しました。タイトル名は、【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】になります。詳しくは...

メディア掲載情報
イメージ

5月16日発売【週刊ダイヤモンド5月21日号】に、弊社代表・仲宗根の記事「“年収1000万円”が陥りやすい老後破産を防ぐマンション経営とは?」が掲載されました!詳し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
仲宗根和徳 なかそねかずのり

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが充実。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

著作を読んでいたので興味がわきました!

そろそろ所有アパートの出口戦略を考えなければと思い、セミ...

M.M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、増刷決定!
イメージ

2015年11月13日に発売しました【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、この度 増...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も...

[ 不動産投資コラム ]

遠方物件の場合に現地不動産会社に電話で確認するべきこと
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【遠方物件の場合に現地不動産会社に電話で確認する...

[ 不動産投資コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ