コラム

 公開日: 2015-12-18 

人口増加が見込まれる東京と不動産投資

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【人口増加が見込まれる東京と不動産投資】についてです。

少子化なのに人口増加する理由は?

不動産投資・マンション経営には興味があっても、「将来、人口が減るから不安だ」という声をよく聞きます。確かに日本全体で見ると、少子化により人口は減少する傾向にあります。しかし、それは日本国内のすべての地域には当てはまりません。
また、3人世帯以上は減少しますが、それ以上にシングル、2人世帯が増加すると見られており、核家族化や単身化はますます進みマンションのニーズは上昇すると予測されています。
これらの背景を踏まえて、東京は人口が増加する都市であることをご説明したいと思います。

街並

世界で人口が第1位の都市、東京は2025年もまだまだ増加

不動産投資の中で比較的始めやすいのがマンション経営です。空室さえださなければローリスクな投資です。空室対策としては、人口の多い場所の不動産物件を選ぶのがベストです。

では、世界で人口が第1位の都市はどこでしょうか?それは、東京で3570万人です。したがって、国内でマンション経営に最適なのは最も人口が多い東京ということになります。

しかし現在、人口が多くても将来的にどうなるのかも気になります。ここに世界的な人口の動向についてわかるランキングがあります。
2025年の人口予想について、世界的な経営コンサルティング会社ブーズ・アンド・カンパニーが分析しているので見てみましょう。
2025年の人口予想で第1位は現在と同じ東京で3640万人。2位がムンバイ、3位がデリー、ニューヨークは7位、北京は15位、大阪、神戸は22位でした。
この小さな日本の国土にある東京に、多くの人が住んでいることがわかります。
この調査は人口一千万人以上の世界のメガシティを対象にしています。
少子化などで、人口減少が懸念される日本において、東京はその心配が不要であると予測されます。同時に30位以内にランクインしている大阪も東京と同じで人口減少の要素は少ないと見られています。

安全で便利。不動産投資に最適な都市、東京。

人口が最も多い都市、東京。それは「暮らしやすさ」を表しています。世界的に見て、東京はなぜそんなに魅力的なのでしょうか?

その理由をとして、まず、都内のアクセスの利便性があげられます。東京都は年間輸送人員世界一であり、最先端の鉄道網を誇ります。
世界の都市に暮らす人と比べても、都内ではマイカーを持たない人、車の免許を持たない人も多いのではないでしょうか。電車や徒歩でも不便を感じないという特徴があります。

さらに治安の良さというメリットがあります。イギリスの新聞「エコノミスト」が治安の良い国&都市ランキング(2015年度版)で、世界で最も安全な都市に東京を選びました。

エコノミストインテリジェンスユニットが世界の50主要都市を4つのカテゴリ (デジタルセキュリティー度、医療保障度、インフラストラクチャーの安全度、個人の安全度)を元に分析したものです。ちなみに3位は大阪府です。
東京都は、デジタルセキュリティー部門で第1位、個人の安全レベルは第5位にランクイン。地震の多い国でありながら、インフラストラクチャーの安全レベルでも第5位という結果になりました。中産階級都市の中でも1位(1世帯当たりの国内総生産は3万ドル~5万ドル)になり、都市圏GDP(都市圏総生産)も堂々の1位です。

医療やセキュリティという、安心できる側面は暮らしには必須です。東京が不動産投資に最適な都市であるということがこういったデータからも読み取れます。

街並

人口が増加する東京は、超高齢化社会のモデルケースを世界へ提示

東京都の魅力は他にもあります。世界の食事が味わえる国際色豊かな国であることも要因のひとつです。世界の美味しいレストランを紹介する「ミシュランガイド」の星の数も世界1位でした。

都市でありながら、少し足を伸ばせば箱根など自然豊かな温泉地にも行けます。
最先端のインフラが整い、便利で安全な都市、東京。東京の住みやすさは、世界に誇れることなのです。

2025年になっても人口が増え続ける理由は、これたけではありません。超高齢化社会と言われている昨今、日本はどの国よりも先に超高齢化社会を迎えました。
医療、介護の側面、また減少していく若い世代が支える経済や年金問題等、課題を抱えながらも整備されていくことで、超高齢化社会のひとつのモデルケースとして日本から世界に情報発信することも可能です。

課題を解決していき、いっそう住みやすい都市へと、まだまだ成長できる伸びしろが残されており、東京の不動産価値も上昇することが予測されます。
このような理由から、東京は不動産投資、マンション経営に最適な都市だと言えるでしょう。

街並
今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間150回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
イメージ

平成27年1月に行われた相続税改正により、対策を行わなくてはならなくなった方の母数が増えています。相続が他人事だと思っていたところに、急に対策の必要性を迫られ...

メディア掲載情報
イメージ

2017/9/29の読売新聞朝刊に和不動産の1面広告が掲載されました!「相続対策の新しい王道~生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション~」という1文にて和不動...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
アフターフォローで安心の不動産投資コンサルタント 仲宗根和徳さん

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが評判。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

不動産を子供に資産として残したい!!

自分が亡くなったときに現金でもらった方が子供は嬉しいのか...

M.H
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
和不動産 仲宗根が手掛けたお客様からの評判・口コミ~その1~
イメージ

デベロッパーなどを経て和不動産の代表となった私、仲宗根のもとには、これまでお客様から様々な相談や質問が寄...

[ 仲宗根と㈱和不動産が手掛けた評判・口コミ ]

不動産投資は、購入前のシミュレーションより、購入後の実績管理が重要
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【不動産投資は、購入前のシミュレーションより、購...

[ 仲宗根と㈱和不動産が手掛けた評判・口コミ ]

不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

ネット社会とモラル・情報の取捨選択について

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【ネット社会とモラル・情報の取捨選択について】と...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ