コラム

 公開日: 2015-12-15 

マンション経営の目的は『収入』『保険効果』『節税など』

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【マンション経営の目的は『収入』『保険効果』『節税など』】についてです。

不動産投資の中で、最も手軽に始められるマンション経営が人気

マンション経営とは、マンションを購入して、それを賃貸することによって、家賃として毎月安定した継続収入を得ていくことです。

不動産投資の中では、手軽に始められるのがこのマンション経営でしょう。
ほとんどの方が住宅ローンを活用してマンション経営を始められますが、月々のローンの返済は家賃収入でほぼまかなえます。

ご自身とご家族の将来をより豊かにするための効率的な資産運用の手段としてマンション経営を始められる会社員の方が徐々に増えています。

では、マンション経営にはどのようなメリットがあるのか?目的やメリットについて、見ていきましょう。

haikei2

マンション経営の目的は何? 最大のメリットは「収入」

マンション経営の目的は、いくつあるでしょう? またメリットは、何でしょうか?
オーナー様はそれぞれの目的で、マンション経営を始められると思います。「老後のための収入源として」「投資のために」…などが思い浮かぶのではないでしょうか。
ではマンション経営について、メリットを挙げると、大きく分けて3つあります。

ひとつ目は、一番大きな要素である「収入」です。何と言っても家賃として得られる継続的で権利的な収入は魅力です。

自分が何か労働をするのではなく、マンションに人が入居するだけで、自分は何もしないでも、毎月、収入を得ることができる理想的な収入でしょう。
たとえ、自分が病気になって仕事ができなくても、長期休暇で海外旅行をしていてもマンションが働いてくれるのです。

今、心配される老後の生活も、安定した家賃収入を得ることが個人年金的な役割につながり、経済的な不安を払拭してくれます。
高利回りという点も大きな魅力で、特に老後の生活設計を考える上では最適だと言えます。

マンション経営の最大の長所は、現役世代には副収入として、リタイア後は収入の基盤となるなど、継続収入を見込めることでしょう。

マンション経営の2つ目の目的は「保険効果」

2つ目のメリットは、保険効果です。マンションを経営する際、ほとんどのオーナー様が金融機関でローンを活用して所有されます。
その場合、借入金額に対して「団体信用生命保険」が付与されています。
所有者に万が一のことがあった際、借入残債は保険により全額返済されますので、ご家族は無借金となったマンションと安定した家賃収入を、そのまま得ることができます。
残された家族にとって、この経済的な補填は本当に助かります。
また売却することにより、現金化も図れる資産であることも忘れてはいけません。

将来的な収入の準備と、もしもの時の保険を少額資金で同時に行える保険商品というのは、なかなか存在しません。
マンション経営にあたり、元々加入していたさまざまな保険を見直す方も多いようです。
「団体信用生命保険」は死亡保障保険にもなりますので、掛け捨て保険などを退会することで、既存の生命保険の支払いが縮小でき、生活費の支出が減少することも期待できます。

haikei2

マンション経営の3つ目の目的は「節税」

そして3つ目のメリットは「節税」です。意外とご存知ないのがこの節税でしょう。

マンション経営を行う中で発生するコストを活用し、節税対策が可能なのです。
マンション経営をするということは、メインの仕事以外に収入を得ることになりますので、確定申告をしなければなりません。
給与所得者は、源泉徴収により所得税、住民税を納めています。マンション経営では、家賃が収入となります。

この家賃収入は本来、不動産所得になりますが、減価償却費や借入金利息、管理費、修繕費、固定資産税等々が必要経費として計上できます。
差額が黒字の場合は納税の対象ですが、赤字の場合は所得税の還付請求ができます。

不動産所得が赤字になると、従来の給与所得から赤字分が差し引かれ(所得税法第69条、損益通算)所得税が還付され、マンション経営をする以前よりも住民税が軽減されます。
このように損益通算の制度を通して、マンション経営では、住民税・所得税を軽くすることが可能となるのです。
マンション経営は不動産投資となるので、現金を不動産化することで、経費を増やし、給与所得と損益通算により、節税の効果を期待することができるのです。

このような性質から考えて、マンション経営に向いているのは、給与所得が一定額以上の方が有利だと言えます。
給与のままでは税金で天引きされる額もそのままですので、不動産投資が節税に大きく役立つのです。

この節税対策により、さらに収益性を高めることができるのもプラス面でしょう。
これらの3つのメリットをよく理解し、より収益の上がるマンション経営に生かしていただきたいと思います。

haikei2
今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間100回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
ブラックボックス

私の第2作目の書籍が、2015年11月13日に発売しました。タイトル名は、【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】になります。詳しくは...

メディア掲載情報
イメージ

5月16日発売【週刊ダイヤモンド5月21日号】に、弊社代表・仲宗根の記事「“年収1000万円”が陥りやすい老後破産を防ぐマンション経営とは?」が掲載されました!詳し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
仲宗根和徳 なかそねかずのり

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが充実。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

著作を読んでいたので興味がわきました!

そろそろ所有アパートの出口戦略を考えなければと思い、セミ...

M.M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、増刷決定!
イメージ

2015年11月13日に発売しました【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、この度 増...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

収益物件を満室で運営するために物件購入後にやるべきこと
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【収益物件を満室で運営するために物件購入後にやる...

[ 不動産投資コラム ]

金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も...

[ 不動産投資コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ