コラム

 公開日: 2015-11-18 

投資用ワンルームマンションの市場と投資用ファミリーマンションの市場どっちが得?

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【投資用ワンルームマンションの市場と投資用ファミリーマンションの市場どっちが得?】についてです。
投資対象として、ワンルームとファミリーとどちらが優れているかについて、考察していきます。

haikei

市場動向を見極めながら、物件選びを

晩婚化や少子高齢化に伴い単身世帯が増加しています。マンション投資にチャレンジするなら、資金が少なくても始められる投資用ワンルームマンション経営が適しています。
投資用ワンルームマンション経営は、今や独身会社員のような個人でも始めることができるようになりました。
空室率が少ない物件を手に入れることができれば、コンスタントに家賃収入が得られ、物件を購入した時に利用したローンの支払いをしながら収益を上げることが可能です。

今後、首都圏においては都心でワンルームマンション発売が増加されることが予想されています。物件は、オリンピック会場に近い場所かリニア新幹線新駅付近といった資産価値の高い場所か、都内中枢区域への交通の便が良いなど、利回りが維持できるアクセスの便利な場所に発売される見込みです。
市場動向を見極めながら、物件選びをすることが投資用ワンルームマンション経営成功のポイントになります。

初心者でも始めやすい投資用ワンルームマンション経営

低リスクで安定した利回りが期待できる不動産投資の中でも、投資用ワンルームマンション経営は、より少ない自己資金で始められるため、20~30代独身層の人達からも注目を集めています。

2000年以降、リーマンショックのような経済危機がありましたが、そんな状況下でも不動産賃貸業は立地条件が良く手ごろな賃借料の物件なら安定した需要があり、空室の期間が長くなるリスクもさほどありませんでした。

この背景には、単身世帯の増加が考えられます。
国立社会保障・人口問題研究所が平成27年(2015年)9月4日に公表した「世帯動態調査」の結果を見てみましょう。

(世帯規模)(2014年度)(2009年度)(2004年度)
1人 25.0%     21.0% 20.0%
2人 31.8% 30.3% 28.7%
3人 20.1% 21.3% 20.6%
4人15.1%16.7%18.1%
5人5.5%6.9%7.9%

(国立社会保障・人口問題研究所 HPより 抜粋)
(*http://www.ipss.go.jp/ps-dotai/j/DOTAI7/kohyo/kohyo.asp

調査によると、世帯規模が1人や2人の割合は2004年度よりも増加し、3人世帯ではほぼ横ばい、4人は3%ほどの減少が見られます。

晩婚化や少子化が進んでいること、そして4人以上のファミリー世帯では、賃貸料とほぼ同額ぐらいのマイホームを購入していることがうかがえます。
また平成22年度国勢調査では、東京都の世帯数は平成17年度調査と比較して、8.7%増加しましたが、1世帯あたりの人数は、区部において1.97人となり2.0人を下回っています。

以上のことから国内の都市部においては、単身世帯が増えておりワンルームマンションのニーズも高いことが予測できるのではないでしょうか。

haikei

ワンルームマンションの仕様や購入層について

ワンルームマンションは、時代とともに建物の品質や住みやすさなども良くなっています。

ワンルームマンションが誕生した頃は住居の面積は20㎡台でしたが、近年では30㎡以上の物件も発売されています。
ワンルームとはいえ、面積の広い物件は設備や什器なども充実しており、シングル世帯だけでなくDINKS(共働きで子どものいない夫婦)も住めるようなものもあります。
ですから投資用としてワンルームマンションを購入しても、将来オーナー様自身が住むことや売却がしやすくなる可能性にも対応できるため、初めてワンルームマンション経営をする人にとっても始めやすい環境が整っています。

投資用ワンルームマンションはどんな人が購入しているか

投資用ワンルームマンションの購入層データー見てみましょう。

◆職業別:サラリーマン37%、医師・弁護士・会計士16%、会社役員15%、公務員11%
◆年収: 1000~1500万円 25%、801~1000万円 23%、800万円以下22%、2000万円超18%、1501~2000万円 12%
◆年代: 50代 41%、40代 33%、60代 14%、30代 12%
(「ワンルームマンション投資法」野中 清志著 週間住宅新聞社より抜粋)

購入層は30~60代までと幅広く、年収も800万円以下の人達が約2割います。
今や不動産経営は、企業だけでなく20代の独身層の人でも始めていることがわかります。

haikei

投資の対象はワンルームかファミリーマンションどちらが良いか?

マンション投資の物件には、ワンルームタイプとファミリータイプの2種類があります。
初めて不動産投資をするならどちらが始めやすく、リスクが少ないかといえば、ワンルームです。

ファミリーマンションは、ワンルームに比べると面積が広くキッチン、バスといった設備なども品質が高いものが多いので、その分購入価格は高くなります。
また、マンション管理費や修繕積立金などのランニングコストもワンルームに比べると割高になります。
そして、家賃はコスト高に比例して2倍、3倍になるわけではないので、投資効率がとても悪くなります。

また借りる人がかわる度に必要となるリフォーム代も高くなりますし、その間新しい人がすぐに住み始めることができない期間もワンルームより長くなります。
ワンルームは、居住者1人が満足すればすぐに入居が決まる一方、ファミリータイプは世帯主が満足しても、子育ての視点から考えた場合、近くにお友達が見つからない、通勤や通学に不便な立地だったり、周辺施設が充実していないといった理由で入居募集がさらに長引くリスクを抱えます。
空室率が高いリスクを抱えるのは、ファミリータイプです。

そして借り手がみつからない最悪の事態を回避するためにオーナー様ご自身が住めるかどうかを考えた場合、自分たちのライフスタイルに合わないため住むことができず、購入価格よりもさらに安い価格で手放さざるを得ない事態になってしまうこともありえます。

不動産投資は、あくまでも投資であることを十分に認識して物件を選ぶ必要があります。
自己資金の少ない初心者が不動産投資を始めるなら、やはり投資用ワンルームマンション経営から始める方が安心です。

首都圏のワンルームマンション供給事情

ここでバブル全盛期の1990年以降、現在までの首都圏におけるワンルームマンション供給状況を振り返ってみましょう。

1990年代当初は、ワンルームマンションの発売は首都圏全域に及んでいましたが、バブル崩壊後はその発売戸数は激減し、地価も大幅にダウンしました。
地価の下落を受けて、その後は都心部でワンルームマンションが多く発売されるようになりました。
やがて都心の地価が上昇したものの、家賃相場はさほど変わらなかったため投資用ワンルームマンション経営の利回りは低下しました。

利回りを上げようと2005年以降は、ワンルームマンションの発売が都心周辺へと移り変わってきています。
2008年では都内23区での発売シェアは70%以下となりましたが、その後は再び都心への戻りが出て2014年1~9月期では90%近くまで回復しています。

今後は再び地価や建築費の上昇が予想されるため、マンション供給立地が東京オリンピック開催エリアやリニア中央新幹線駅周辺などの資産価値が高いエリアと、利回りが維持できる都心周辺でアクセスのよい場所との二極化が進むと予測されています。

これから投資用ワンルームマンション経営を始めるなら、市場動向をよく見極めて収益を上げることができる物件を選ぶことがポイントになります。

haikei
今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間100回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
ブラックボックス

私の第2作目の書籍が、2015年11月13日に発売しました。タイトル名は、【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】になります。詳しくは...

メディア掲載情報
イメージ

5月16日発売【週刊ダイヤモンド5月21日号】に、弊社代表・仲宗根の記事「“年収1000万円”が陥りやすい老後破産を防ぐマンション経営とは?」が掲載されました!詳し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
仲宗根和徳 なかそねかずのり

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが充実。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

オーナーの悩みとはどんなものか知りたくて参加しました

御社マンション経営セミナーには何度か足を運ばせてもらって...

K.S
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、増刷決定!
イメージ

2015年11月13日に発売しました【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、この度 増...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

収益物件を満室で運営するために物件購入後にやるべきこと
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【収益物件を満室で運営するために物件購入後にやる...

[ 不動産投資コラム ]

金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も...

[ 不動産投資コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ