コラム

 公開日: 2015-11-12 

不動産投資の追い風「ワンルームマンション規制」

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【ワンルームマンション規制】についてです。
今回は、ワンルームマンション規制が不動産投資市場に与える影響と投資における考え方についてお話していきます。

不動産投資において重要な情報は過去ではなく未来に存在する

不動産投資を行う上で、情報収集は絶対に欠かすことのできない重要な作業の一つです。情報がなければ戦略を立てることもできません。戦略なき投資の成功確率は限りなく0に近いといっても過言ではありません。とくに重要なのは、3年後、5年後、10年後といった近い将来についての情報と、最近の不動産トレンドを収集することです。

世の中の状況は日々刻々と変化しています。未来を予測し、そこに資金を投じることこそが投資です。再開発情報や各種法令の改正などから、将来の不動産市況を予測することが大切です。
投資において過去の出来事や成功事例は無駄とは言わないものの、必要以上に意識することはありません。現状と未来の分析を怠り、過去にとらわれ過ぎないよう十分注意してください。

次に重要となるのがどこから情報を得るかです。現在、不動産投資に限らず本やインターネットによって以前とは比べ物にならないほどのたくさんの情報を得ることができます。しかしそこには新旧、真贋を含め、ありとあらゆる情報が点在しています。その中から自分にとって良質な情報だけを入手することは実はとても困難なことなのです。

"餅は餅屋"とことわざにあるように、情報収集には不動産会社などの専門家を活用してください。いくら事業とはいえ、オーナー様は年がら年中不動産のことを考えているわけにはいきません。一方、私を含めて、不動産会社は365日、毎日不動産と向き合っています。不動産関連業者にしか使えないデータベースサービスもあり、圧倒的に有利な環境にあります。これを利用しない手はありません。専門家を味方につけることは立派な戦略の一つといえます。

近い将来の情報と最近の不動産トレンド (1)2015年問題

近い将来についての情報と、最近の不動産トレンドということで、二つほど実例をご紹介します。まず一つ目は相続税改正によって、すでに一部地域では不動産の供給過剰が出始めている「2015年問題」です。

2015年2月に「空家等対策の推進に関する特別措置法案」施行され、これまで空家が増加する一つの要因とされていた、固定資産税の優遇措置の改善策として成立したものです。この法律によって、自治体の市町村長の権限で空家と思われる不動産の立入り調査や、所有者に対する勧告、強制執行等ができるようになりました。

さらに当該不動産が空家と認定されれば、固定資産税の優遇措置が受けられなくなります。現在、これによってこれまで空家だった建物の賃貸や売却の動きが進み、とくに地方においては賃貸物件の供給過剰が起こり始めています。

街並

近い将来の情報と最近の不動産トレンド (2)2019年問題

次に近い将来についての情報として話題となっているのが「2019年問題」です。これは前項の2015年問題ともリンクしています。世界に類を見ないスピードで高齢化が進んでいる日本。晩婚化、少子化などによる人口減少によって、2019年に世帯数がピークアウト(頂点に達し、そこから減少に転じること)すると言われています。

世帯数が減少していくということは、当然、住宅需要も減少していきます。これによって、現在は一部地域で出始めている賃貸物件の供給過剰が、全国規模で起こるのではないかと言われています。これが不動産業界における2019年問題です。

2015年問題、2019年問題。どちらも本やインターネットで少し調べればすぐに情報を得ることができます。しかし、自分が賃貸物件を購入、もしくは建築しようと考えている地域周辺の最新情報(現在の賃貸物件の軒数や、今後、近いうちに賃貸になるであろう物件の軒数)は本やインターネットで知ることはまずできません。

本やインターネットで入手できる情報は、基本的には誰もが知っている、知ることのできる一般的な情報であることがほとんどです。自分が求めている地域の情報をピンポイントで知るには、自分の足で一つひとつ歩いて調べる必要があります。

しかしそれでは時間と労力といったコストが大きくかかる上、必ずしも欲しい情報が入手できる保証もありません。そこでコストをかけずに欲しい情報を入手するには、やはり信頼できる専門家を味方につけることが一番であるといえます。

専門家でなくては入手できない情報を上手く活用できれば、今後の住宅不況というピンチをチャンスに変えていくことも不可能ではありません。

ワンルームマンションが敬遠される本当の理由

2015年問題はどちらかといえば地方で起きている問題です。そこで次は都内23区内で起きている問題をご紹介します。

2007年頃からワンルームマンション規制によって、23区内の新築ワンルームマンションの供給は激減しています。規制の理由としては、ワンルームマンションの入居者は単身者で若者が多いため、夜騒いだりして近隣住民と調和をはかれない、といったことが表向きには言われています。しかし、規制の裏事情として、税制改正が大きな要因となっています。

ワンルームマンション規制の背景には、市区町村への国庫負担金の分配の廃止が関係しています。それ以前は、国がいったんまとめて集めた所得税を、市区町村に分配していました。

それが2007年の税制改正で分配がなくなった代わりに、住民税の割合を上げるといった形に変更されました。これは、「必要な予算は各自でまかなってください」ということで、市区町村の努力によって魅力的な街作りや市民サービスを実現。それによって住民を増やすとともに税収も増やし、各自治体の自立を促すというのが狙いです。

街並

住民票を移さない若年層が居住するワンルームマンション

では、なぜ、税制がワンルームマンションに関係あるのでしょう?実は、ワンルームマンションには、実家から住民票を移していないなどの理由から、住民税を払っていない入居者が多いからです。そして、若年層には低所得者が多いという現状もあります。

住民税が取れないとなれば、市区町村はワンルームマンションが増えてもらっては困る。市区町村という決まったエリアの中で効率よく税収を得ていくためには、ファミリーや企業に来てもらうのがベター。そこで、排除したいのが単身者向けのワンルームマンションというわけです。

賃貸需要があり物件供給が少ないエリアをピンポイントで狙う

モノの値段は、需要と供給のバランスで決まります。需要があれば値段は上がる。つまり、需要はあるが供給量の少ないエリアで物件が購入できれば、高い賃料がとれるので、不動産投資の成功を大きくたぐり寄せることができます。

上述した税制改正のため、とくに東京23区には、ワンルームマンションを建てる際のさまざまな規制が設けられ建てづらくなりました。その反面、23区内での単身者は、増加の一途をたどっています。つまり、需要は増えているのに供給が追いつかない状態なのです。そうすると、規制前に建てたマンションの価値が上がってきます。

今、どの地域で賃貸需要が高く、物件供給が少ないのか?規制前に建てられたマンションの中でお買い得の物件はあるのか?
成功するオーナー様は、専門家を味方につけて、このような情報をいち早く掴み、行動に移しています。

優良な情報を入手する方法

ここまで、不動産投資において情報収集と信頼できる専門家を見つけることの重要性についてご説明してきました。最後に優良な情報を入手する方法をご紹介します。

実はそれほど難しいことではありません。自分が専門家に信頼されるオーナーになれば良いのです。

明確な意思を持ち、それをしっかりと専門家に伝えられること。専門家は「このお客様は本気で不動産投資をやろうとしているのだな」、「希望が合致した物件があればちゃんと購入してくれるな」と思えば優良な情報を提供してくれます。

いくつか不動産会社を回り、話を聞くことで「この人なら」という専門家がいたら是非、自分の意思をはっきりと伝えてみてください。必ずあなたの良きパートナーとなれるはずです。

街並

今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間100回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
ブラックボックス

私の第2作目の書籍が、2015年11月13日に発売しました。タイトル名は、【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】になります。詳しくは...

メディア掲載情報
イメージ

5月16日発売【週刊ダイヤモンド5月21日号】に、弊社代表・仲宗根の記事「“年収1000万円”が陥りやすい老後破産を防ぐマンション経営とは?」が掲載されました!詳し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
仲宗根和徳 なかそねかずのり

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが充実。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

著作を読んでいたので興味がわきました!

そろそろ所有アパートの出口戦略を考えなければと思い、セミ...

M.M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、増刷決定!
イメージ

2015年11月13日に発売しました【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、この度 増...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も...

[ 不動産投資コラム ]

遠方物件の場合に現地不動産会社に電話で確認するべきこと
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【遠方物件の場合に現地不動産会社に電話で確認する...

[ 不動産投資コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ