コラム

 公開日: 2015-10-29 

不動産投資に必要な帳簿は「個人資産」と「一部屋ごと」

皆さんこんにちは。
和不動産の仲宗根です。
本日テーマは、【不動産投資家が帳簿をつける理由】についてです。
不動産投資家を成功させるためには、帳簿が必要です。今回はその理由についてお話していきます。

不動産投資、成功と失敗の分岐点は「購入後に行動を起こしている

不動産投資を成功させるためには、どのエリアのどの物件を購入するかという購入戦略をしっかりと建てることは大変に重要なポイントです。

しかしそれ以上に重要なポイントがあります。それは「購入後に行動を起こしているか、どうか」です。より確実に収益を上げていくには、購入してからどういったアクションをしていくかが成功と失敗を分ける分岐点となります。

不動産投資は株や債券を購入して値上がりを期待する、いわゆる一般的な「投資」と同じように考えて始めるオーナーさんも多いようです。しかし実際はそういった「投資」とは大きく異なります。不動産投資は「賃貸業」であり「オーナー業」、「大家業」と呼ばれるように「投資」よりも「事業」と考えた方が間違いありません。

「投資」と「事業」の一番の違いは、購入したら後は値が上がるのを黙って待つのではなく、オーナーさん自らが利益を上げるために継続的な取り組みをしなくてはならないということです。それがつまり購入後のアクションということになりますが、そのアクションを起こす上で最も必要なものが帳簿付けです。今回は不動産投資を成功に導くためになくてはならない帳簿の重要性についてご紹介していきます。

不動産投資を事業と考える上で最初に必要なことは帳簿をつける

ではここから具体的に不動産投資を投資ではなく、事業と考えていく上で必要なポイントについてご紹介していきます。前項で示したように最初に必ずやらなければいけないことは帳簿をつけることです。

私は不動産投資が上手くいかずに悩んでいる方に、必ずお聞きすることがあります。それが「帳簿」をつけているかどうかです。

ほとんどの方は「いや、つけています」とお答えになります。ところがよくよく伺ってみると、つけているのは確定申告のみという場合が多く、いわゆる「損益計算書」、「貸借対照表」、「キャッシュフロー計算書」といった会社経営でいうところの財務諸表3表をつけている方は皆無といっても過言ではありません。

確定申告書も帳簿には違いありませんし大切な情報です。ただ確定申告書では収益やコストを計ったり、資産の増減をみることはできません。出納帳も現金の出入りを把握するだけで、分析をするものではありません。これでは儲かっているのか損をしているのかもわからず、最終的に物件を売却していいかどうかもわからなくなってしまうのです。

サラリーマンや経営者の方であればおわかりになると思いますが、帳簿をつけていない会社はありません。帳簿をつけてお金の流れを把握し、それをもとに事業計画を策定するように、不動産投資においてもまずは帳簿をつけることが、継続的に利益を上げるための必須条件なのです。

データ分析


不動産投資で必要な帳簿は「個人資産」と「一部屋ごとの帳簿」

不動産投資では会社のように「損益計算書」、「貸借対照表」、「キャッシュフロー計算書」といった帳簿は必要ありません。不動産投資に必要な帳簿は以下の二つです。

一つは「不動産投資でどれだけ利益を出しているかを把握するため」の資産管理の帳簿です。不動産投資は20年、30年と長丁場の事業です。利益がどれだけ出ているかを把握することは、モチベーションの維持のためにも欠かせません。

不動産投資以外の貯金や保険なども含めた自分の資産全体のキャッシュフローを、一目で分かるようにすることがポイントです。

二つ目は「一部屋ごとの利益を把握するため」の帳簿です。これは物件の売却ライン確定に必要です。所有物件が2件、3件と増やしていこうとなった際に、帳簿をつけていないとそれぞれが儲かっているか否かがはっきりしません。つまり次の一手を打つ時の判断材料を、勘に頼らざるを得なくなってしまうということです。

所有している物件にリフォームなどの手間をかけていくと、費用が色々とかさんできます。その代わりにリターンも増えてきます。同様に繰り上げ返済をすると支出が増えます。その代わり収入も増えていきます。では最終的にいくら儲かったのか?収入と支出の履歴をつけていればトータルの損益はすぐに分かります。つまりいざ売却する時に、いくらで売却すれば黒字になるかがわかるため、勘に頼らない合理的な判断ができるようになるのです。

不動産投資は買ってから売るまででひとくくりとなります。売却した時に初めて利益が確定します。それまでは仮に利益が出ていても確定していませんから「含み益」、「含み損」となります。これらの事柄を常に把握し、売却する時に一目で分かるようにしておくことが帳簿をつける一番の目的となります。

帳簿は目標を具現化するための必須アイテム

帳簿をつけることでお金の動きを把握できるようになると、目標を立てやすくなります。最終的にどうなりたいかが見えてくれば、そのために今やらなければならない短期的な目標。さらに5年後、10年後のためにやるべき中長期の目標も見えてきます。これらの目標を達成するためにしっかりと帳簿をつけていくことが重要なのです。

不動産投資のオーナー様の基本的な目標は、資産やキャッシュフローを増やすことです。そのための目標管理を行うのが資産管理の帳簿です。そして目標を達成するために行ったアクションや物件の利益を記すのが、一部屋ごとの利益を管理する帳簿です。

具体的な目標を立て、資産管理の帳簿で管理しつつ、実際のアクションによって得たノウハウを一部屋ごとの利益を管理する帳簿によって数字として把握する。これを軌道修正しつつ繰り返していくことが、地道ながらも不動産投資を成功に導くより確実な手段といえます。

不動産投資が失敗する理由はオーナー様だけの問題ではない

私の会社では年間100回ほどの不動産投資セミナーを行っています。そこで数多くの方からさまざまな相談をお受けします。そこでわかってきたのが、上手くいっていないオーナーさんほど不動産投資を「事業」ではなく「投資」として考えてしまっているということです。

ただこのような考えを持ち不動産投資が失敗してしまうのは、必ずしもオーナー様だけの問題という訳ではありません。実は不動産投資をする上で参考にするべく指南本やハウツー本などが「買うことばかり」にフォーカスしたものがほとんどなのです。またインターネットなどで得られる情報も同じように「買うこと」が中心になっているものが多いようです。

これはなぜかといえば不動産投資の本やネット上の情報のほとんどが、投資物件である不動産を売りたい不動産会社やその関係者が書いたものだからです。そのため多くのオーナー様は、不動産投資は事業であるということを理解できないまま、上手くいかなければ投資感覚で「損をしてもいい」と売却し大きな損失を被ることになってしまうのです。

もちろん成功しているオーナー様も多くいる訳ですから、やはり失敗するオーナー様が勉強不足であることは否めません。しかし上述したように「売ること」だけにフォーカスしている不動産会社が多いことも、不動産投資に失敗するオーナー様が生まれる理由の一つであることは間違いありません。

目先の利益ばかりを追い求め、売った後は「勝手にやってください」とほったらかしにしてしまう不動産会社が多いことは本当に嘆かわしいことです。しかしまだ遅くはありません。不動産投資の特性を理解し、信頼できる不動産会社を見つけることができれば成功に近づくことができます。

今回のコラムは、ここまでです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。次回のコラムもお楽しみに!
和不動産 仲宗根和徳

年間100回開催の和不動産のマンション経営セミナー

http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

マンション経営専門情報サイト【マンション経営.東京】

http://mansionkeiei.tokyo/

この記事を書いたプロ

株式会社和不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 仲宗根和徳

東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 ※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。 [地図]
TEL:0120-003-753

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍のご案内
ブラックボックス

私の第2作目の書籍が、2015年11月13日に発売しました。タイトル名は、【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】になります。詳しくは...

メディア掲載情報
イメージ

5月16日発売【週刊ダイヤモンド5月21日号】に、弊社代表・仲宗根の記事「“年収1000万円”が陥りやすい老後破産を防ぐマンション経営とは?」が掲載されました!詳し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
仲宗根和徳 なかそねかずのり

アフターフォローNO.1宣言!不動産投資なら購入後も安心の和不動産にお任せください!(1/3)

 「不動産投資は、株の投資とは違います。株の購入後は値動きに一喜一憂しながら見守るだけですが、不動産は買った後の行動で大きく結果が変わります」と、わかりやすく説明してくれるのは、『和不動産』代表取締役、仲宗根和徳さんです。 仲宗根さんは...

仲宗根和徳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

購入後のアフターフォローが充実。運用ノウハウをレクチャー!

会社名 : 株式会社和不動産
住所 : 東京都千代田区神田須田町1-7ー9 ハビウル万世橋7階、8階、9階 [地図]
※受付は8階になります。 ※ご来社の際は、セキュリティー強化のため入口がオートロックになっています。
TEL : 0120-003-753

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-003-753

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

仲宗根和徳(なかそねかずのり)

株式会社和不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ごく最近物件を購入したので、購入後のケアのポイントを知りたい。

これまで数多く参加して、勉強になったので、再度セミナーに...

N.W
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不動産投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】を開発しました!
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【和不動産オリジナル不動産投資コンサルティングソフト】につ...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

マンション経営.東京 サイトオープン
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日は、【マンション経営.東京】というサイトをオープンしましたので...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、増刷決定!
イメージ

2015年11月13日に発売しました【不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法】が、この度 増...

[ トピックス(マンション経営情報など) ]

収益物件を満室で運営するために物件購入後にやるべきこと
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【収益物件を満室で運営するために物件購入後にやる...

[ 不動産投資コラム ]

金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も
イメージ

皆さんこんにちは。和不動産の仲宗根です。本日テーマは、【金融機関へ融資の打診は紹介がベター。直接電話も...

[ 不動産投資コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ