コラム一覧 :仕事と子育て

1件~15件(15件)

保育園や保育施設を探すのは、本当に大変なのです

先日の日経新聞にこのような記事が掲載されていました。「育休・復帰を後押し」 福利厚生代行福利厚生代行各社が、顧客企業の従業員が育児休業制度を活用しやすくするためのサービスを広げ、・社員に代わって、保育所の空き状況を調べたり、・出産や育児の際の申請を代行したりと... 続きを読む

仕事と子育て

2016-12-08

◆JIJICOに掲載されました:保育園に子供を預けることに後ろめたさを感じていませんか?

 保育園に子供を預けることに後ろめたさを感じていませんか? 私はキャリアコンサルティングをするなかで、育児休暇開けに職場に復職することに対し不安を抱えていらっしゃる方からのご相談を受けることがよくあります。そのなかには、義理のお母様もしくは実の母親、職場の男性... 続きを読む

仕事と子育て

2016-08-26

Yahooネット部門がベライゾンに買収。子ども達の将来に向けて必要な力とは?

 学校では教えてくれない「お金」と「仕事」のこと 昨日は仕事の合間をぬって、息子と〜夏休み親子マネーセミナー〜に参加してきました。昨年はりそなキッズアカデミーに参加し、「おこづかい」について学びましたが、今年はもう少しハイレベルな、「お金がはたらいてくれる」投... 続きを読む

仕事と子育て

2016-07-26

自信を持って、復職するために「育休明けのキャリアデザイン」

昨日は息子の10歳の誕生日でした。緊急帝王切開で小さく産まれてきた息子が、今こうして元気に大きく成長していることが、本当に奇跡であり、ただただ感謝の日々です。そして、育児休暇を取得し、会社に復職できることは、法や会社の制度のほか、職場の理解と協力、地域・家族のサポ... 続きを読む

仕事と子育て

2016-06-23

ワークライフバランスより『ワークライフハーモニー』

 ワークライフバランスより『ワークライフハーモニー』 「バランス」には調和という意味もありますが、どちらかというと釣り合いのイメージの方が先行すると感じています。「ハーモニー」というと、例えば・色彩が見事に調和する・素晴らしい音を奏でるというシーンを思い起... 続きを読む

仕事と子育て

2016-06-14

保育園にお迎えに行くことは、時間管理能力を高める!?

 保育園にお迎えに行くと、時間管理能力が高まるのです! 「長時間労働の是正」や「時間あたり生産能力」が叫ばれています。今日は「保育園にお迎えに行くことは、時間管理能力を高める!?」と題し、わたしの実体験を含めてお話ししたいと思います。私は2006年〜2007年にかけて、1年... 続きを読む

仕事と子育て

2016-06-03

自信を持って復職する!マタニティ・コーチング

初めての出産・育児は、女性にとって、多くの不安があるもの。ましてや、復職を考えている方にとっては、「仕事をしながら、子育てをできるのだろうか」「会社に迷惑を掛けないだろうか」など、心配ごとは尽きません。出産を期に退職をする女性は、約6割と言われているなか、優秀でし... 続きを読む

仕事と子育て

2016-05-30

2年ぶりに出生率が1.46に上昇のなかで

 2年ぶりに出生率が1.46に上昇 厚生労働省が今月23日に発表した2015年の人口統計による1人の女性が生涯に産む子どもの数を推計した出生率は、1.46になり、2年ぶりに上昇しました。近頃保育園の待機児童問題、保育園の設立問題などに関するニュースが続いていたなかで、明るいニュ... 続きを読む

仕事と子育て

2016-05-25

望んでいなかった「マミートラック」の乗り越え方

 育児休暇明けの不安 育児休暇明けの不安の一つに、「産休に入る前の仕事と同じ業務内容、ポジションで戻れるのか?」というのがあります。産休と育休を合わせ、1年以上職場を離れる方にとって、この悩みは少なくありません。《マミートラック》という言葉があります。これは、子... 続きを読む

仕事と子育て

2016-05-24

育児を目の前に「会社を辞めようか」悩んでいる方のご相談を受けました

 20代女性のお悩みは、「育児をしながらお仕事が続けられるか」 初めての育児を目の前に、ほとんどの女性は、かわいい赤ちゃんにはやく会いたい!と思うワクワクする気持ちとともに、「育児をしながら、仕事に復職してやっていけるのだろうか」「そもそも保育園に入れるのだろうか」な... 続きを読む

仕事と子育て

2016-05-18

これで簡単!『働くママの一汁三菜』

 これで簡単!『働くママの一汁三菜』 働くママにとって、悩みのタネなのが、 ・「今日の夕飯のメニューをどうしよう」 ・「買い物に行く時間がない!」 ・「夕飯を作る時間を短くしたい!」ほかにも、色々あると思います。大切な子どもの、そして家族の身体のもとになる栄... 続きを読む

仕事と子育て

2016-05-17

働くママには、近所にはお知り合いがいない!?

都心で働くママさんからのお悩みで、良く相談を受けることが、「そもそも近所に知り合いがいないんです」ということ。かく言う私もそうでした。フルタイム勤務でマンション生活。昼間はいません。両隣の方くらいは顔見知りであっても、挨拶程度。同じマンション内にお茶をするような... 続きを読む

仕事と子育て

2016-05-13

初めての「育児」は、わからないことだらけです

 初めての育児で準備が間に合いませんでした 初めての出産に向けて、あと1週間で産休に入るという手前で、私は緊急帝王切開を余儀なくされました。母子ともにとても危険な状態で、今こうして家族全員元気に生きていられるのは、本当に奇跡と思っいて、毎日が感謝の日々です。産... 続きを読む

仕事と子育て

2016-05-12

イクメン!?体験してわかる、本当に「夫との協力」が大切なのです

 旦那様はイクメンですか!? 世の中で「イクメン」という言葉をよく耳にしますよね。男性の育児休暇取得の促進もなされていますが、妊娠・出産・子育てを経験して身にしみて思うことは、子育ては、本当に「夫との協力が必要!」ということです。あなたの旦那様は、イクメンですか!... 続きを読む

仕事と子育て

2016-05-11

保育士さんにも『母の日』の感謝の気持ち

 5月8日は母の日 昨日5月8日は、『母の日』でしたね。みなさんは、どのような1日を過ごしましたでしょうか。今日生きているということは、必ず母がいてくれるから。その母に感謝の気持ちを伝えられたでしょうか。今年は我が家は息子のサッカーの試合と練習などが続き、GWとこの週... 続きを読む

仕事と子育て

2016-05-09

1件~15件(15件)

RSS
メディア・出版
凛女の選択

ビジネス書女性の活躍推進を「心と体」の視点から応援し、人生選択へのヒントを探る。『凛女の選択 30代からのリアル 心と体、生きる道』(凛女推進委員会共著 ...

キャリアカウンセリング
イメージ

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー MY STORY K.K. 久保田一美です。仕事と家庭・子育て〜起業・復職・キャリアアップ・再就職など、あなたのための...

 
このプロの紹介記事
MY STORY K.K.の久保田一美さん

ライフのなかの仕事が日々に調和する「ワークライフハーモニー」(1/3)

女性の社会活躍において、「自分らしく生きるライフ」と「仕事」の関係は、大きく関わっています。「女性のライフイベントを見据えたキャリアデザイン」支援に力を注いでいる、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラーの久保田一美さん。彼女自身の経歴と...

久保田一美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

女性のキャリアアップ・ライフを充実させる仕事・手帳術

会社名 : MY STORY K.K.
住所 : 東京都世田谷区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

久保田一美(くぼたかずみ)

MY STORY K.K.

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
保育園や保育施設を探すのは、本当に大変なのです

先日の日経新聞にこのような記事が掲載されていました。「育休・復帰を後押し」 福利厚生代行福利厚生代...

[ 仕事と子育て ]

なぜ、「資格」より「実績」・「実経験」が大切なのか?
イメージ

みなさんの関心のあること、誰に相談していますか?例えば、◎大切なお金に関すること◎仕事や育児の相談◎化...

[ キャリアカウンセリング ]

12/2八重洲ブックセンターでの出版記念イベントは《満員御礼》でした
イメージ

 12/2(金)出版記念トークショー開催しました 2016.12.2(金)は働く女性を応援する『凛女の選択』出版記念...

[ 女性活躍 ]

女性の活躍推進の応援書、刊行記念イベントは《満員御礼》となりました!
イメージ

【わたしらしく生きるとは】2016年11月29日(火)女性の活躍推進を応援する書籍(共著)が、いよいよ販売開始...

[ 女性活躍 ]

◆『心と体を大切に』女性活躍を応援する書籍を出版します
イメージ

【12/2(金)、働く女性を応援する書籍刊行記念トークショー】 〜八重洲ブックセンター(東京・本店)〜私...

[ 女性活躍 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ