コラム

 公開日: 2016-08-19 

ジェイソン氏に学ぶ、『始まり』の時間より『終わり』の時間に厳しくなろう!

日本人は始まりの時間には厳しいけど、終わりの時間がルーズ過ぎる


みなさん、厚切りジェイソン氏をご存知ですよね。
ジェイソン氏は、アメリカ・ミシガン州出身で、
日本の「エンタの神様」を観たことをきっかけに、
『お笑い芸人がやりたい!』と、思い
日本に在住するために、IT会社の役員にまでなることで、
夢を叶えます。

アメリカ人から見た「日本のココが変だよ」という
ジェイソン氏独自の視点が、とても面白く、
日本国内で過ごしているだけでは、決して見えてこない
縛られた常識だったり、固定観念に気づくことがあります。

ジェイソン氏が疑問に感じて発する数々の日本の慣習のなかで、
『まさに!』というものがあります。

それは、

《日本人は仕事の始まりの時間には厳しいけど、
  終わりの時間がルーズ過ぎる》

ということです。

生産性を上げるために、働き方を見直しているのなら


規律性を重んじ、時間や約束を守ることが人としての
信頼関係を築くとされている日本人にとって、
例えば会社に遅刻することなど厳禁であり、
台風や大雨、電車の遅延があったときでも、
なんとかして会社に辿り着くことが、
社会人として素晴らしいと感じられる風土が
まだまだあるかもしれません。

しかし、身に危険を冒してまで出勤することや、
遅延によるロスタイムを考えるならば、
すでに電車に乗っていた場合を除いて、
混乱を予測し、臨機応援に自宅勤務に切り替えて、
通常通りの業務を遂行することの方が、
会社にとっては非常にメリットをもたらします。

また、朝は時間通りに出勤する方が、
常に残業をマンネリ化している方だったとしたら、どうでしょうか。
会社にとっては、どちらの方が奨励されるべきなのでしょうか。

人は終わりの時間が見えていないと、
一つ一つの業務に成り行きのペースで行ってしまうことがあります。

しかし、「絶対に18時までに会社を出なくてはならない」という時は、
普段より力を発揮できることがあるのではないでしょうか。

私は長い間、子供を保育園に預けながら裁量制度の企業に
勤めていましたが、毎日、定時に保育園に息子を迎えに行くからこそ、
日々の業務の一つ一つを進める時間管理能力が、飛躍的に高まりました。
「時間は限られている方が、効率が上がる」と身を持って経験しています。

仕事以外の時間をもっともっと大切にしよう


日本の社会では、「仕事と育児」、「仕事と介護」について、
定時退社や時短勤務など、時間の制約がある働き方が
何かと取り上げられますが、
私は企業研修や、キャリアコンサルティングをするなかで、
そのような境遇ではない方であっても、
もっともっと業後の時間を『自分のために確保してほしい』と
いつもお伝えしています。

海外では、残業をせずとも生産性高く、
そして、自身の時間や家族との時間を大切にし、
『人生を楽しんでいる』国が沢山あります。
そして、そのように仕事以外の時間を大切にすることで、
仕事にも良い影響を及ぼし、結果的に生産性高く、
心身ともに健康に過ごしています。

厚切りジェイソン氏が感じる通り、
働き方を見直しているなら「終わりの時間を厳しく!」考えてみませんか。

◎「時間管理ができない」「マルチタスクが苦手」な方に、おすすめの時間管理術とは?
  参考になるコラムはこちらです。

◎「女性活躍」「生産性向上」に関するご相談は『MY STORY K.K.』 
 〜人材育成で発展する、人と企業のストーリー創造〜
 http://www.mystorykk.com

この記事を書いたプロ

MY STORY K.K. [ホームページ]

キャリアコンサルタント 久保田一美

東京都世田谷区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア・出版
イメージ

ビジネス書女性の活躍推進を「心と体」の視点から応援し、人生選択へのヒントを探る。『凛女の選択 30代からのリアル 心と体、生きる道』(凛女推進委員会共著 ...

キャリアカウンセリング
イメージ

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー MY STORY K.K. 久保田一美です。仕事と家庭・子育て〜起業・復職・キャリアアップ・再就職など、あなたのための...

 
このプロの紹介記事
MY STORY K.K.の久保田一美さん

ライフのなかの仕事が日々に調和する「ワークライフハーモニー」(1/3)

女性の社会活躍において、「自分らしく生きるライフ」と「仕事」の関係は、大きく関わっています。「女性のライフイベントを見据えたキャリアデザイン」支援に力を注いでいる、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラーの久保田一美さん。彼女自身の経歴と...

久保田一美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

女性のキャリアアップ・ライフを充実させる仕事・手帳術

会社名 : MY STORY K.K.
住所 : 東京都世田谷区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

久保田一美(くぼたかずみ)

MY STORY K.K.

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
12/2八重洲ブックセンターでの出版記念イベントは《満員御礼》でした
イメージ

 12/2(金)出版記念トークショー開催しました 2016.12.2(金)は働く女性を応援する『凛女の選択』出版記念...

[ 女性活躍 ]

女性の活躍推進の応援書、刊行記念イベントは《満員御礼》となりました!
イメージ

【わたしらしく生きるとは】2016年11月29日(火)女性の活躍推進を応援する書籍(共著)が、いよいよ販売開始...

[ 女性活躍 ]

◆『心と体を大切に』女性活躍を応援する書籍を出版します
イメージ

【12/2(金)、働く女性を応援する書籍刊行記念トークショー】 〜八重洲ブックセンター(東京・本店)〜私...

[ 女性活躍 ]

30代女性のキャリアカウンセリングが続いています
イメージ

【対面キャリアカウンセリングのお申込みが続いています】先週の金曜日、土曜日と30代女性のキャリアカウンセ...

[ キャリアカウンセリング ]

世田谷区の起業メッセで、今年もキャリアカウンセリングいたしました
イメージ

【世田谷区の起業メッセで、今年もキャリアカウンセリングいたしました】2016年11月12日(土)〜13日(日)...

[ キャリアカウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ