コラム一覧 :大学院生活

1件~4件(4件)

大学。大学院でのコピペ等の論文の不正と研究室での指導

イメージ

 博士学位取り消しの一件 STAP細胞の一件がが、第一著者の博士学位取り消しというなんとも後味の悪い幕引きとなりました。当事者の人となりはさておき、この一件の事実を淡々と追うと、20ページにわたるコピペの内容がしっくり馴染んでいたのか、はたまたそれ以外の問題があったのかなかっ... 続きを読む

大学院生活

2015-11-03

大学院生を数字から見てみる・・・平成26年度学校基本調査から

イメージ

日本の社会ではどれぐらいの人が大学院に進学し、勉学に励んでいるのでしょうか。現在、大学院生の人、これから大学院を目指される人に、日本の中の構成人員のどれぐらいが大学院生に関連する数字として表れるのか、そういう視点からの自分の位置づけを見てみることも、将来の目的や目標、ある... 続きを読む

大学院生活

2015-06-30

のんびりしようと思えばのんびりできる大学院・・・しかし・・・

イメージ

 大学院の可能最長在学年数 大学院の在学年数は、通常、その課程年数の2倍が限度となっています。すなわち、修士課程では2年の倍の4年、、博士課程では3年の倍の6年です。多くの大学院が最長の年数以内であれば、6ヶ月単位の延長を認められているようです・(ちなみに、切り... 続きを読む

大学院生活

2015-06-26

研究の人脈を広げるツールとしての名刺

イメージ

 「私の研究の小パンフレット」としての名刺の活用 ビジネスの世界では交流会は、別名名刺交換会でもあります。名刺というのはべんりなものだとおもいます。小さなパンフレットのようなものでしょうか。名刺には、自分が何者かを肩書きなどで、簡単に紹介し、連絡先を記載します。... 続きを読む

大学院生活

2015-06-17

1件~4件(4件)

RSS
応援割引企画
イメージ

トライアルといえども、1回で風穴を開ける最強トライアルの割引企画 全トライアルを30%オフでご提供  さて、そろそろ本腰入れてガンバる季節となりました。...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
Moon Circleの水戸くみるさん

修論・卒論・投稿論文(博論)の完成に向けて丁寧に個人指導(1/3)

 「Moon Circle」を主宰する水戸くみるさんは、大学院生と大学生を主な対象に、論文作成を個人指導でサポートしています。その7~8割は、心理学、看護学、教育学、福祉学、社会学などの修士論文に取り組む大学院生からのニーズ。論文の中間発表...

水戸くみるプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

研究論文の執筆、調査・実験の研究計画などを全面的に個人指導

会社名 : Moon Circle
住所 : 東京都港区六本木四丁目3-11-223 [地図]
TEL : 050-5539-7758

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-5539-7758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水戸くみる(みとくみる)

Moon Circle

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

最後の最後まで修士論文のご指導をいただき、ありがとうございました。

この度は修士論文を作成するに当たり, 最後の最後までご指...

S・H
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
研究を語り合うサロンのように・・・・でも真剣です。
イメージ

ある日の個人指導の様子。新宿と銀座のミーティングルームにて、3名の方のそれぞれの個人指導のセッションを...

[ 個人指導のサポート ]

こうなればうれしいな…妄想的シュミレーションの勧め
イメージ

修論・卒論とも、そろそろ提出期限が見えてきて、追い込みへとスタートを切る季節となりました。、先日から、...

[ 修士論文・卒業論文の書き方 ]

「これについて実証した先行研究がない。」・・・本当?
イメージ

 先行研究が見つからない≠研究されていない 修論の中間発表や研究計画書のサポートがピークを迎え、なかなか更...

[ 研究の工夫 ]

1日短期集中心理学概論・臨床心理学概論講座&研究計画勉強会講座

臨床心理系の大学院入試、臨床心理士試験に備えて卒論・修論の研究計画、大学院入試の研究計画書作成に備えて...

[ お知らせ ]

ネットを使ったアンケート調査
イメージ

 限られた時間で、統制のとれた被験者を集める 先日、ある社会人の方の調査研究のサポートを行いました。...

[ インターネット調査の活用もありかも ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ