コラム

 公開日: 2016-01-17 

修論・卒論の「提出日」は本当の期限?

卒論・修論の提出日は「エントリー」日

現在進行形で、卒業論文と修士論文のサポートで大わらわな毎日を送っています。

当然論文の提出日があり、それが締め切りの日なのですが、特に修論に関して言うと、提出日の「提出」は、実質「エントリー」になっている場合が多いです。

「提出」後に「修正・加筆」をしたため「差し替え」という形で、本提出の期日を引き伸ばすような形です。

「提出」後のプロセスの実例

どの程度認められるのか、どの程度「公式化」しているのかは大学院によってバラバラですが、内容の確認なしにエントリーできるか、内容を確認してエントリーが許可されるかの大きく2つに分かれるようです。

内容確認なし大学院:
事務に提出した際に、規定の形式(表紙や要旨などの体裁など)が整っているか確認し、最後に枚数を数えて規定数に達していれば提出を受理され、「エントリー」完了。内容の確認は一切なし。このスタイルの大学院で、間に白紙を入れ込んで枚数の帳尻合わせをし提出した豪傑が私の知人にいます。

内容確認あり大学院:
ジムに提出して上記同様に体裁の確認。ここで問題がなければ受け取られますが、その後、先生方によって内容が修論としての合格ラインを超えているかどうか吟味され、十分でなければ差し戻されます。この場合、エントリー不可。修了が最短で6ヶ月伸びることとなります。

「エントリー」から口頭試問まで

「エントリー」できれば、非公式に指導教官や副指導教官の元に足繁く通い、修正の指摘をいただいて書き換えて完成させて「差し替え」するか、半公式的に外部の方や学生を入れない内部の数人の先生方によるクローズドの公聴会が開かれ、そこでディスカッションを通じて修正の指示をいただき完成させる、といった形になります。(ちなみに博士論文は後者の形がおおいです。)

最後の公式の公聴会兼口頭試問は、厳しい意見が飛ぶことはあってもかなり形式的で、ここまできて落ちることはまずありません。.....と言っといて脅しをかけるようですが過去に一例を知っています。この方は、指導教官の指導のみで差し替えまでの完成を行ったのですが、指導教官が統計に疎く、最終の口頭試問で致命的な統計の間違いが指摘され、不可となり、修了が延長されました

非公式な提出日までの延長はあくまでもオマケ

ある意味不思議な慣習ですが、人間というものは弱いもので、このようなシステムになっていることを知ると、それも計算に入れた期日設定をしてしまい、結局、実質的な本提出のギリギリまでバタバタしてしまう方が多いです。

「エントリー」から差し替えまでの猶予期間は、あくまでもオマケです。方針が変わっていつ何時なくなるかもわかりません。

これから修論・卒論を書かれる方は、仮に「エントリー」のための提出日であっても、それを本提出と認識して、確実に仕上げるよう心がけていってください。

dead line

(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)p

公式ホームページはこちら 
卒業論文・修士論文・投稿論文・博士論文の個人指導
 Moon Circle(ムーン・サークル)

ご質問・お問い合わせはこちら

公式ブログはこちら
修士論文、卒業論文、社会人入学の大学院講義補講、大学院入試・臨床心理士試験のための勉強術・・・と、その他諸々?Moon Circle(ムーン・サークル)のブログ

q(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)p

この記事を書いたプロ

Moon Circle [ホームページ]

水戸くみる

東京都港区六本木四丁目3-11-223 [地図]
TEL:050-5539-7758

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
応援割引企画
卒論・修論の個人指導のトライアルセッション20%オフ

8月もあっというまにもうお盆。秋の涼しさが恋しい季節となりました…ですが、9月になると、もう年末が見え隠れしてきます。そろそろ調査、実験、ポートフォリオ研究の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
Moon Circleの水戸くみるさん

修論・卒論・投稿論文(博論)の完成に向けて丁寧に個人指導(1/3)

 「Moon Circle」を主宰する水戸くみるさんは、大学院生と大学生を主な対象に、論文作成を個人指導でサポートしています。その7~8割は、心理学、看護学、教育学、福祉学、社会学などの修士論文に取り組む大学院生からのニーズ。論文の中間発表...

水戸くみるプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

研究論文の執筆、調査・実験の研究計画などを全面的に個人指導

会社名 : Moon Circle
住所 : 東京都港区六本木四丁目3-11-223 [地図]
TEL : 050-5539-7758

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-5539-7758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水戸くみる(みとくみる)

Moon Circle

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

投稿論文が採択となりました。御礼申し上げます・

投稿論文のご報告と御礼を申し上げたくご連絡 させていただ...

H・T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
何らかの効果を検証する研究はそんなに甘くない
イメージ

社会人大学院生のかたが、よく研究として取り上げられるスタイルに比較研究(効果研究)があります。何らかの実践...

[ 研究の工夫 ]

真剣に学生を指導されている方々からのサポート依頼
イメージ

 指導者の方からのサポート依頼 最近、某教育機関で学生を初めて指導することになった指導者の方々からのサポ...

[ 個人指導のサポート ]

臨床心理士試験のお勉強用の問題集
イメージ

 臨床心理士試験対策用のテキスト 臨床心理士試験を勉強するのにお勧めの問題集はありますか?、という質問を...

[ 臨床心理士試験 ]

アイデアを文字化して1カ月で研究計画をまとめる
イメージ

 一カ月で研究計画をまとめる 調査や実験には、まず倫理委員会の許可が必要ですが、先日、東京セッショ...

[ 修士論文・卒業論文の書き方 ]

投稿論文で頑張る社会人大学院生のケース
イメージ

最近サポートした方で続けて2つの論文をアクセプトされた方があります。 指導教官とそりがあわず・・・ ...

[ 社会人大学院生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ