コラム

 公開日: 2015-06-05 

良い論文の条件・・・・・理路整然、表現もわかりやすい了解性(Intelligibility)

了解できません。=意味不明=日本語がおかしい。

「了解」とは、難しそうな響きですが、読み手にわかりやすく書かれている文章であるかどうかということです。

一見、なんだそれだけのことかと簡単そうに見えますが、これが、どっこい、わかりやすく書くというのは案外難しい。

学術論文の場合、当然ながら、学術文章らしい表現、例えば、「~するのは無理だ。」という表現を「~する意義を見出すことができない。」と言った表現など、いわゆる話し言葉ではなく、書き言葉として、それもちょっと硬い書き言葉がお約束になっています。

しかし、それに振り回されるあまり、小難しい表現をわざわざ使ったり、簡単に言えるところを変にコネくりまわしたりと、分かりづらい文章を書く人が案外多い。

十分に理解していない理論や手法を難しく言い回してごまかそうとするなどは論外です。


あるいは、書いているときは興に乗って、ずんずんと筆が進むことがありますが、そんな時は、書きたいことが頭の中で先行して、文章がおかしくなっていることがままあります。
そして、自分としては、言いたいことがあるので、その論理のおかしさに気がつかなかったりします。

だいたい「日本語がおかしい.」と指摘されたら、こんな間違いをしていることが多いです。

了解できません。=何言いたいのかわからない。=論理性がない。

それからまた、表現でなく論旨の展開のわかりやすさも、この了解性に入ってきます。

表現のわかりにくさは初学の方に多いですが、論旨の展開のわかりにくさは文章に慣れてきた方にも多いように思います。

なんか、自分でもわかったようなわからないような、となってきたら、一度文章の流れを図式化してみる事をお勧めします。
フローチャートで表してみるのも、わかりやすくてオススメです。

他人に読んでもらう「推敲 」で了解性UP!


文章を仕上げる時、誰でも何度も読んで、いわゆる推敲を重ねて仕上げていきます。

ところがこれを繰り返していると、これで良いのかどうか、何がおかしいのか、自分の頭の中がオーバーヒートしてわからなくなることがあります。
遂行で煮詰まるといった感じですね。

こんな時は、同じ研究室の友人とかに読んでもらってコメントを求めましょう。

どこがわからないか、わかりづらいかコメントをいただく。
ただし、いただっきぱなしでは向上しません。
それについてわかってもらうように説明をしてみる。ここがポイント!

「あーそういう意味。そうだったらこう書かないとわからんよ。」とか、
「なんでそう言えるか意味が通じんわ。」とか、
説明をしてコメントをまたもらって、納得できなければさらに説明してみる。
いわゆるディスカッションを繰り返す。

他人に読んでもらってディスカッションを重ねることも推敲のうちです。

そんなプロセスを繰り返すことによって、了解性は上がってきます。



前回の記事まで、新規性有効性信頼性について説明してきました。
全3回は内容の質についてですが、今回の了解性は最後の詰めといった感じです。

以上、新規性、有効性、信頼性、了解性を意識されて、良い論文を書かれてくださいね。


q(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)p

公式ホームページはこちら 
卒業論文・修士論文・投稿論文・博士論文の個人指導
 Moon Circle(ムーン・サークル)

ご質問・お問い合わせはこちら

公式ブログはこちら
修士論文、卒業論文、社会人入学の大学院講義補講、大学院入試・臨床心理士試験のための勉強術・・・と、その他諸々?Moon Circle(ムーン・サークル)のブログ

q(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)p

この記事を書いたプロ

Moon Circle [ホームページ]

水戸くみる

東京都港区六本木四丁目3-11-223 [地図]
TEL:050-5539-7758

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
応援割引企画
イメージ

トライアルといえども、1回で風穴を開ける最強トライアルの割引企画 全トライアルを30%オフでご提供  さて、そろそろ本腰入れてガンバる季節となりました。...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
Moon Circleの水戸くみるさん

修論・卒論・投稿論文(博論)の完成に向けて丁寧に個人指導(1/3)

 「Moon Circle」を主宰する水戸くみるさんは、大学院生と大学生を主な対象に、論文作成を個人指導でサポートしています。その7~8割は、心理学、看護学、教育学、福祉学、社会学などの修士論文に取り組む大学院生からのニーズ。論文の中間発表...

水戸くみるプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

研究論文の執筆、調査・実験の研究計画などを全面的に個人指導

会社名 : Moon Circle
住所 : 東京都港区六本木四丁目3-11-223 [地図]
TEL : 050-5539-7758

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-5539-7758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水戸くみる(みとくみる)

Moon Circle

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

修士論文の口頭試問を終え、合格と学会発表を勧めるコメントをいただきました。

いつも大変お世話になっております。 この度は色々とご調整...

A・S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
研究を語り合うサロンのように・・・・でも真剣です。
イメージ

ある日の個人指導の様子。新宿と銀座のミーティングルームにて、3名の方のそれぞれの個人指導のセッションを...

[ 個人指導のサポート ]

こうなればうれしいな…妄想的シュミレーションの勧め
イメージ

修論・卒論とも、そろそろ提出期限が見えてきて、追い込みへとスタートを切る季節となりました。、先日から、...

[ 修士論文・卒業論文の書き方 ]

「これについて実証した先行研究がない。」・・・本当?
イメージ

 先行研究が見つからない≠研究されていない 修論の中間発表や研究計画書のサポートがピークを迎え、なかなか更...

[ 研究の工夫 ]

1日短期集中心理学概論・臨床心理学概論講座&研究計画勉強会講座

臨床心理系の大学院入試、臨床心理士試験に備えて卒論・修論の研究計画、大学院入試の研究計画書作成に備えて...

[ お知らせ ]

ネットを使ったアンケート調査
イメージ

 限られた時間で、統制のとれた被験者を集める 先日、ある社会人の方の調査研究のサポートを行いました。...

[ インターネット調査の活用もありかも ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ