コラム

 公開日: 2015-05-10  最終更新日: 2015-06-02

質的研究 = インタビュー調査ではないことを、今一度確認

「質的研究をします。」、と受講生の方が言われるとき、インタビュー調査をする、という意味で言われている場合がほとんどです。しかし、質的研究=インタビュー調査ではありません。
インタビュー以外の方法の方が適確な場合もあると思われ、今日は質的研究とは何かの基本的なことを今一度確認しておきたいと思います。

質的研究のデータの種類

質的研究の主なデータの種類は、次の3つです。

1) 口頭データ
まず一つ目は口頭データ。
この代表的な研究手法がインタビュー調査です。
なんらかのテーマとそれを明らかにするために作成されたリサーチクエスチョン、およびリサーチクエスチョンガイドに基づいて調査対象者に質問をしていきます。
この質問を通したインターアクティブな会話の中で語られた具体的なデータが、口頭データとなります。

2)視覚データ
二つ目は視覚データ 。
観察の中で得られるた写真や動画のことで、例えば、非常に特徴的な書字障害のあるクライエントを研究する場合、その方の書字の様子をビデオで撮ったデータなどがこれにあたります。

3)記述データ
三つ目は記述データ 。
この代表的な形は自由記述による質問紙で得られたデータで、文章化されたデータのことです。
研究領域によっては、文献・資料を記述データとして扱う場合もあります

インタビュー調査{面接法)におけるデータ収集の方法

'最も多く研究されている質的研究のデータ収集法は、インタビュー調査、いわゆる面接法です。
Moon Circleでも、質的研究についてはインタビュー調査のサポートのご依頼が多いです。
面接法は大きく個人面接と集団面接に分類されます。

1)個人面接
個人面接は最もポピュラーな面接法で、基本的に調査者と調査対象者が1対1で対面して、聞き取りでデータを収集する方法です。
面接時間は内容によりますが、回答者の疲れも考慮して支障のない時間の設定を考えると30分〜60分ぐらいが一般的な時間と思われます。
調査対象者の同意が得られれば、録音に残し、後日テープ起こしをして、文章化したデータを分析することもあります。

2)集団面接
個人を対象とする方法に対して集団を対象として行う方法が集団面接で、別名グループインタビューともよばれます。
例えば何らかの共通するテーマ(問題)を持つ人たちを集めて、インタビューを行うフォーカスグループ などがこの方法にあたります。
時として、ディスカッションになったり、場合によっては集団圧力がかかったりする場合もありますが、それらの状況も含めてあくまでもその「集団」としての質的データを集めることが目的となります。

インタビュー調査{面接法)における質問の構造

上述した面接法を質問の構造化の視点から分類すると、①構造化面接、②班構造化面接、③非構造化面接の三種類があります。

1)構造化面接
構造化面接 質問の内容や順序,回答の方法がすべて決まっている方法で、これにより、標準化されたデータを獲得することが可能となります。

2)半構造化面接
半構造化面接は、質問内容や順序、回答方法について大まかに設定されたインタビューガイドを作成し、それに従って 質問を行う方法です。,質問者と回答者の相互のコミュニケーションの中で作られる流れに合わせて柔軟に質問を変化させて、解答を聞き取っていきます。

3)非構造化面接
非構造化面接は文字通り、 質問内容、その他はあらかじめ設定せず、自然な会話の中で問題点を抽出していく方法です。


観察法における視覚データの収集方法

インタビュー調査の次に行われるデータ収集の方法として観察法があります。
これは主に参与観察、非参与観察、間接観察に分かれます。

1)参与観察
参与観察は、観察者が調査対象者の行動の中に混ざっていく(参与する)方法で、対象者の行動環境の中に同一化してデータを収集する方法です。,

2)非参与観察
それに対し、非参与観察は、あくまで、客観的に対象者を観察する方法で、対象者の環境の中に同一化せずにデータを集めていきます。

3)間接的方法
上記以外の方法として間接的方法があります、これはは写真撮影やビデオ撮影によって間接的に視覚的データを集めていく方法です、。


質的研究をするというと、「半構造化面接」というテンプレート的答えが帰ってくることが多いですが、今一度質的研究の種類についての詳細を押さえて、その上で方法を検討すれば、また違う視点が発見できるかもしれません。
研究計画を立てられる際に、ちょっと参考にされてくださいね。

q(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)p

公式ホームページはこちら 
卒業論文・修士論文・投稿論文・博士論文の個人指導
 Moon Circle(ムーン・サークル)

ご質問・お問い合わせはこちら

公式ブログはこちら
修士論文、卒業論文、社会人入学の大学院講義補講、大学院入試・臨床心理士試験のための勉強術・・・と、その他諸々?Moon Circle(ムーン・サークル)のブログ

q(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)p

    

この記事を書いたプロ

Moon Circle [ホームページ]

水戸くみる

東京都港区六本木四丁目3-11-223 [地図]
TEL:050-5539-7758

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
応援割引企画
イメージ

トライアルといえども、1回で風穴を開ける最強トライアルの割引企画 全トライアルを30%オフでご提供  さて、そろそろ本腰入れてガンバる季節となりました。...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
Moon Circleの水戸くみるさん

修論・卒論・投稿論文(博論)の完成に向けて丁寧に個人指導(1/3)

 「Moon Circle」を主宰する水戸くみるさんは、大学院生と大学生を主な対象に、論文作成を個人指導でサポートしています。その7~8割は、心理学、看護学、教育学、福祉学、社会学などの修士論文に取り組む大学院生からのニーズ。論文の中間発表...

水戸くみるプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

研究論文の執筆、調査・実験の研究計画などを全面的に個人指導

会社名 : Moon Circle
住所 : 東京都港区六本木四丁目3-11-223 [地図]
TEL : 050-5539-7758

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-5539-7758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水戸くみる(みとくみる)

Moon Circle

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

昨年度の雪辱を晴らすことができました。(60代での受験)

昨年度の雪辱を晴らしてえ、臨床心理士の資格試験に合格する...

E・H
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
研究を語り合うサロンのように・・・・でも真剣です。
イメージ

ある日の個人指導の様子。新宿と銀座のミーティングルームにて、3名の方のそれぞれの個人指導のセッションを...

[ 個人指導のサポート ]

こうなればうれしいな…妄想的シュミレーションの勧め
イメージ

修論・卒論とも、そろそろ提出期限が見えてきて、追い込みへとスタートを切る季節となりました。、先日から、...

[ 修士論文・卒業論文の書き方 ]

「これについて実証した先行研究がない。」・・・本当?
イメージ

 先行研究が見つからない≠研究されていない 修論の中間発表や研究計画書のサポートがピークを迎え、なかなか更...

[ 研究の工夫 ]

1日短期集中心理学概論・臨床心理学概論講座&研究計画勉強会講座

臨床心理系の大学院入試、臨床心理士試験に備えて卒論・修論の研究計画、大学院入試の研究計画書作成に備えて...

[ お知らせ ]

ネットを使ったアンケート調査
イメージ

 限られた時間で、統制のとれた被験者を集める 先日、ある社会人の方の調査研究のサポートを行いました。...

[ インターネット調査の活用もありかも ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ