コラム

 公開日: 2015-05-05  最終更新日: 2015-06-02

「歳なので無理かも」・・・は? …60代で大学院進学、臨床心理士・産業カウンセラー合格のケース…

モチベーションの高い社会人大学院生

数年前、学歴ロンダリングという言葉が闊歩していた時代がありましたが、今はおそらくそんな風潮は下火になったのではないでしょうか。

これまで私どもでサポートした方々の7割以上が社会経験を経られた後、大学院に進学された方でした。
こちらに問い合わせいただいた時点で選別されているのかもしれませんが、純粋に研究をしたい、資格が取りたい、研究者になりたい、大学教員になりたいという方ばかりでした。

そのようなケースの中で、60歳を過ぎて大学院進学をされたAさん(女性)のケースを今日はご紹介したいと思います。

Aさんからの最初のお問い合わせから始まった二人三脚

5年前の4月の末ごろにAさんから初めてのお問い合わせがありました。
Aさんからのご相談は、
    「念願の臨床心理系の大学院に進学したものの、
    講義についていけず、レポートもどのように書けば良いのかわからない。」
    「修士論文について漠然と興味をもっている題材はあるけれども、
    それをどうやって研究や論文の形にすればよいかわからない。」
ということでした。

Aさんは最初
     「2年で大学院を修了することは無理だと思っている。」
と言われましたが、
     「とりあえず2年で修了を目標に持ちましょう。」
とお話し、週二回のサポートをお引き受けして、最初は研究に使うツール、パソコンの使い方、ワードの使い方、エクセルの使い方からはじまりました。

修士論文のテーマについては、漠然とした興味関心をうかがい、先行研究の収集からはじめて、検索エンジンの使い方、キーワードのつかみ方からサポートし・・・という感じで最初は本当に小さな一歩一歩からはじまりました。

時間はかかりましたが、Aさんは非常にまじめに取り組まれ、サポートでお話したことをスポンジのように頭の中に吸収されて、そのうちまず文献検索の面白さに興味をもたれて、重要な文献をどんどん自分で見つけられるようになりました。
そしてそれらの文献を一緒に読み進めるうちに漠然とした関心が徐々に研究のテーマへと絞り込まれていきました。

英語についてはやはりブランクが長いので(数十年!!)資料文献の精読や、論文講読の講義についていくのは本当に大変で、セッションの1時間で数行しか進まなかったときもあります。
しかし、きっちりとメモを残されて整理して丁寧に読み進められたので、理解も進み、結果的には内容を自分の理解の中でしっかりと咀嚼され、論文執筆の際にはポイントを押さえた参照文献としてそれらの英語資料を活用されることができました。

修士論文のテーマ

色々な方のサポートをしていてつくづく思うことですが、やはり自分の問題意識から出発したテーマを選ばれている方は、スムーズに研究を進められているように思います。
この方もそうでした。
60代という年齢を逆手にとって、60代だからこそできるテーマに絞られ、アンケート調査とインタビュー調査の二本立ての研究を構成し、その道筋は大変な労力が必要であったものの、学術的には楽しく進められました。

そして、最終的には修士論文の内容を研究発表をし、学術論文としてまとめるまでの実力をつけられ、おこがましいようで恐縮ですが、自立されていくのにサポートさせていただいたやりがいを感じさせていただきました。
また、テーマがこの方の年代だからこそできるテーマだったので、大学院修了後もそのテーマの領域でご研究されている先生方からお声掛けがかかり、修士論文を中心に学術的な人間関係を広められている観があります。

大学院修了後

臨床心理試験をにらんで、在学中から非常勤の心理職のポストを探す根回しをいっしょに画策し、無給の研修生ではありましたが某病院のポストを確保して大学院の修了をむかえました。
大学院修了後の2年間は私どもの方では、病院勤務中はカウンセリングや臨床心理の研究についてのサポートと、臨床心理士、産業カウンセラー受験のサポートを継続して行いました。

その後、2つの資格試験も順調に合格され、60代後半となられた現在、この年代の方ゆえにお願いしたいというポストの紹介を受けつつも、仕事をを選択して、某クリニックのスターティングメンバーに起用されて仕事のスタートの準備をされてるところです。
また、私どものサポートとしては、コンサルティングいう形で引き続き、助言申し上げています。

現在は、一流の研究者の方々の並ぶ研究会へと積極的に参加されるなど研究も精力的に続けておられ、、将来的には、自分のカウンセリングオフィスをもつ設計をおもちで、着々と具体的に計画を進められている今日この頃です。

 「自分のカウンセリングオフィス」という言葉は、思い起こせば5年前に、Aさんが『実現できる気はしないのだけれど・・・」と前置きして「私の夢」として語られた内容でした。

何でもそうですが、一足飛びに夢に飛んでいくのは、本当に「夢」です(笑)。
しかし、出来るところの小さな一歩を積み重ねていけば、夢は現実になります。

「もう歳だからできない.」......は?........

確かに若い人のようにサクサクと高度な統計分析のソフトを使いこなすことは難しいかもしれません。。
非公式の研究会(いわゆる飲み会?)に度々顔を出したりする機会も十分にないかもしれません。
しかし、研究そのものに年齢は関係ありません。
むしろ、少数派の年齢層としての視点から研究に取り組むという発想を持つことも可能で、時にはアドバンテージになることもありす。

今日は60代のAさんのケースをご紹介しましたが、40代、50代でも大学院生として研究に取り組んでおられる方はたくさんおられます。

人生80年時代に突入した昨今、果敢に自分の可能性に挑戦する方々に今日の記事が参考になれば幸いです。

q(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)p

公式ホームページはこちら 
卒業論文・修士論文・投稿論文・博士論文の個人指導
 Moon Circle(ムーン・サークル)

ご質問・お問い合わせはこちら

公式ブログはこちら
修士論文、卒業論文、社会人入学の大学院講義補講、大学院入試・臨床心理士試験のための勉強術・・・と、その他諸々?Moon Circle(ムーン・サークル)のブログ

q(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)pq(^o^)p

この記事を書いたプロ

Moon Circle [ホームページ]

水戸くみる

東京都港区六本木四丁目3-11-223 [地図]
TEL:050-5539-7758

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

22

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
応援割引企画
卒論・修論の個人指導のトライアルセッション20%オフ

8月もあっというまにもうお盆。秋の涼しさが恋しい季節となりました…ですが、9月になると、もう年末が見え隠れしてきます。そろそろ調査、実験、ポートフォリオ研究の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
Moon Circleの水戸くみるさん

修論・卒論・投稿論文(博論)の完成に向けて丁寧に個人指導(1/3)

 「Moon Circle」を主宰する水戸くみるさんは、大学院生と大学生を主な対象に、論文作成を個人指導でサポートしています。その7~8割は、心理学、看護学、教育学、福祉学、社会学などの修士論文に取り組む大学院生からのニーズ。論文の中間発表...

水戸くみるプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

研究論文の執筆、調査・実験の研究計画などを全面的に個人指導

会社名 : Moon Circle
住所 : 東京都港区六本木四丁目3-11-223 [地図]
TEL : 050-5539-7758

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-5539-7758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水戸くみる(みとくみる)

Moon Circle

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

最終口頭試問の合格の御礼と月の大学紀要への投稿に向けて決意表明

大変お世話になっております。 口頭試問が先ほど無事終了致し...

S・T
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
何らかの効果を検証する研究はそんなに甘くない
イメージ

社会人大学院生のかたが、よく研究として取り上げられるスタイルに比較研究(効果研究)があります。何らかの実践...

[ 研究の工夫 ]

真剣に学生を指導されている方々からのサポート依頼
イメージ

 指導者の方からのサポート依頼 最近、某教育機関で学生を初めて指導することになった指導者の方々からのサポ...

[ 個人指導のサポート ]

臨床心理士試験のお勉強用の問題集
イメージ

 臨床心理士試験対策用のテキスト 臨床心理士試験を勉強するのにお勧めの問題集はありますか?、という質問を...

[ 臨床心理士試験 ]

アイデアを文字化して1カ月で研究計画をまとめる
イメージ

 一カ月で研究計画をまとめる 調査や実験には、まず倫理委員会の許可が必要ですが、先日、東京セッショ...

[ 修士論文・卒業論文の書き方 ]

投稿論文で頑張る社会人大学院生のケース
イメージ

最近サポートした方で続けて2つの論文をアクセプトされた方があります。 指導教官とそりがあわず・・・ ...

[ 社会人大学院生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ