コラム

 公開日: 2014-04-04 

債務償還年数

債務償還年数は、借入金を何年で返済できるかを示しています。銀行員が財務分析する際に最も重視する財務指標です。

銀行は融資先企業を様々な角度から分析しますが、返済能力が最も大切ですから、完済するまでに何年かかるのかを示す債務償還年数を最も重視するのは当然といえます。

債務償還年数の計算式は次の通りです。
債務償還年数=有利子負債合計-正常運転資金/キャッシュ・フロー

・有利子負債
有利子負債とは返済義務のある借入金や社債のことです。
有利子負債=短期借入金+長期借入金+社債
なお、役員借入金は返済する必要がないのであれば、含めなくてかまいません。

・正常運転資金
正常運転資金は次の計算式で求めます。
正常運転資金=売掛金+受取手形+在庫-買掛金-支払手形

債務償還年数の分子の部分ですが、有利子負債からこの正常運転資金を引きます。正常運転資金に対応する借入金は、売上債権回収によって返済することになります。しかし、事業を継続するには、再度仕入をすることになりますから新たな資金が必要であり、売上債権を回収して正常運転資金の借入金を返済しても、再度、正常運転資金分の資金調達が必要になります。よって、正常運転資金は事業を行っている間は常に必要となる資金ですから、債務償還年数を計算する時は有利子負債から正常運転資金を控除します。

・キャッシュ・フロー
キャッシュ・フローについては、「利益(営業利益、経常利益、税引後当期利益)+減価償却費」が簡易キャッシュ・フローとしてよく利用されます。どの利益を利用するかは銀行によって、あるいは目的によって異なりますが、銀行への返済能力ということからすると、利息を支払った後の経常利益を利用すればいいかと思います。そこから税金を控除すると、分母のキャッシュ・フローは以下のようになります。

返済原資としてのキャッシュ・フロー=経常利益×(1-税率)+減価償却費

大まかなキャッシュ・フローを算出するには、上記の計算式で問題ありません。しかし、実際には「利益+減価償却費=現預金の増加額」とはならないことがほとんどです。例えば、利益は計上してもそのほとんどが売掛金であれば、利益が出ているのに現預金は減少していることも考えられます。

そのため、より厳密に計算するならば、キャッシュ・フロー計算書でいう営業キャッシュ・フローに設備投資支出(投資キャッシュ・フロー)を加味したフリー・キャッシュ・フローが本来の返済原資となります。

キャッシュ・フロー=経常利益-法人税等+減価償却費-設備投資-正常運転資金増減

しかし、この計算式を使って債務償還年数を簡単に求めることはできませんし、キャッシュ・フロー計算書に慣れていない方も多いでしょう。そのため、先ほど紹介した「経常利益×(1-税率)+減価償却費」が利用されています(どの利益を利用するかは銀行によって異なります)。

債務償還年数が何年以内なら良いかは、業種による例外はありますが、一般的には10年以内であれば良好といえます。10年を超えるようだと少し注意が必要です。10年を超える場合は、自社の体力以上の借り入れをしているという1つの目安にするといいでしょう。

最初にも申し上げましたが、債務償還年数は融資先企業を格付けする際に、銀行員が重要する指標です。まずは自社がどれぐらいなのか計算してみましょう。


銀行との上手な融資取引・経理業務及び経営改善でお悩みの経営者さんに対して、無料面談相談を行っております。ご関心のある方は以下をご覧ください。
http://www.mn-con.jp/article/14964676.html

企業の経理部長あるいは右腕・参謀となり、経営改善・経理業務や銀行との融資取引をサポートします
有限会社エム・エヌ・コンサル
銀行融資コンサルタント 瀬野正博
〒272-0026
千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL047-379-9508
Email:seno@mn-con.com
Email:mmmmahiro@yahoo.co.jp
URL:http://www.mn-con.jp/

この記事を書いたプロ

有限会社エム・エヌ・コンサル [ホームページ]

経営コンサルタント 瀬野正博

千葉県市川市東大和田2-8-1-601 [地図]
TEL:047-379-9508

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載
バンクビジネス2016年2月1日号小さい版

信用補完制度の見直しについて監修という立場でお手伝いをさせて頂きました。

報酬・相談料金

当社では中小企業の経営改善、経理業務、銀行融資取引、資金繰りの改善をお手伝いしておりますが、お手伝いさせていただく内容によって報酬は異なります。ここでは、有...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
資金調達や経理に強い銀行融資コンサルタント 瀬野正博さん

資金繰りに悩む中小企業の“かかりつけ医”(1/3)

 瀬野さんの仕事は、中小企業の銀行融資対策や資金繰りをサポートし、経営者と一緒になって業績回復への道筋を探ること。必要に応じて税理士や司法書士、社労士などとタッグを組み、ときには資金調達のコンサルタントとして、ときには経理業務の代行役として...

瀬野正博プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

元銀行員が経理部長となり、資金繰りや経営改善の悩み解決を支援

会社名 : 有限会社エム・エヌ・コンサル
住所 : 千葉県市川市東大和田2-8-1-601 [地図]
TEL : 047-379-9508

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

047-379-9508

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

瀬野正博(せのまさひろ)

有限会社エム・エヌ・コンサル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

面談相談で経営改善について的確なアドバイスを頂きました

とても分かりやすく、豊富な知識をお持ちで的確なアドバイス...

Nさん
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新しいブログを始めました

マイベストプロ東京での更新が最近できていませんでしたが、新しいブログを準備しておりました。「資金繰り...

[ 当社からのお知らせ ]

バンクビジネスで「条件変更改善型借換保証」について監修しました
イメージ

近代セールス社様から発行されているバンクビジネス2016年5月1日号にて、「条件変更改善型借換保証」の記事につい...

[ 執筆記事掲載 ]

freeeの認定アドバイザーになりました

会計ソフトというとパソコンにインストールするタイプが主流ですが、最近はクラウド会計ソフトも増えてきました。...

[ 当社からのお知らせ ]

バンクビジネス2016年2月1日号に私が監修した記事が掲載されました
イメージ

近代セールス社様から発行されているバンクビジネス2016年2月1日号に、私が監修しました記事が掲載されています。...

[ 執筆記事掲載 ]

企業実務2015年11月号に執筆記事が掲載されました
イメージ

日本実業出版社様の「企業実務2015年11月号」にて、私が執筆を担当しました記事がP39から掲載されており...

[ 執筆記事掲載 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ