コラム

 公開日: 2018-06-18  最終更新日: 2018-06-26

《C-BM》昨今が凝縮した最新トレンド。健康・美容の“見える化”「Clean Label」

インナービューティー先進国のアメリカで以前からあったClean Label(クリーンラベル)が、昨今また新しいトレンドとして注目されはじめました。
その背景には、食品表示が改正され、健康・美容業界の“見える化”に消費者ニーズが高まっていることです。
これ以外に、以前インナービューティー通信でも書いたように、このクリーンラベル志向は、最近のインナービューティートレンドの視点が凝縮されているといえます。

●クリーンラベルとミレニアルマーケティング
●ハイコスト・ハイヤーバリュー

続きは、Clef de Beau-Marketingのコラムにてご覧ください ⇒★コチラをクリック

■美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing
これまでの市場動向や専門情報などを上記サイトにて配信中!

◇新メニュー 美容など女性商材分野のためのSDGsコンサルティング

この記事を書いたプロ

Myuty-Chic株式会社 [ホームページ]

長井美有紀

東京都目黒区中根2-14-2-104 [地図]

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルティングメニュー
イメージ

サステナビリティへの追求が次世代トピックスとなっている昨今、長井美有紀の持論である『革新的ビューティー論』でも度々出てくるように、事業活動と環境との関わりは...

Media
イメージ

(画像はイメージです)2018/4/2創刊★美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing (クレド・ボー・マーケティング)業界初、美容マ...

 
このプロの紹介記事
語学に強い、美容・食のマーケティングスペシャリスト 長井美有紀さん

美容や食をはじめとした女性商材・サービスに特化。語学力も生かす総合マーケティング会社(1/3)

 「商品やサービスの開発アドバイスから、販促のお手伝い等、独自のフローにより、お客様の立場に立ち、ニーズに合わせて包括的なマーケティングサポートを行います」と話すのは、ミューティー・チック株式会社の長井さんです。長井さんは、米国ボストンの...

長井美有紀プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

語学力を生かした美容や食などのマーケティングサポート

会社名 : Myuty-Chic株式会社
住所 : 東京都目黒区中根2-14-2-104 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

長井美有紀(ながいみゆき)

Myuty-Chic株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
《C-BM》フードロス削減に向けた国内の動きと美容・健康業界の未来

以前もこちらで記述したように、美容・健康業界にも多いに関わる食品産業の環境問題の一環として、フードロスの問...

[ 革新的ビューティー論 ]

【ご紹介】これまでになかった!美容など女性商材分野でのSDGsコンサルティング
イメージ

サステナビリティへの追求が次世代トピックスとなっている昨今、長井美有紀の持論である『革新的ビューティー論...

[ ご案内/ご紹介/進捗状況 ]

《C-BM》“スーパーフード”に求められる訴求とOmega 3-6-9

記事URLはコチラ美容や健康を叶える食材の一つに、俗にいう“スーパーフード”があります。これは、“スーパー...

[ 美容/インナービューティーマーケティング ]

《C-BM》話題の「抗酸化」(アンチオキシダント)とアスタキサンチン市場

先日のコラムで述べたように、美容・健康分野で再注目されている「アンチオキシダント」/「抗酸化」市場で、アスタ...

[ 美容/インナービューティーマーケティング ]

【ご紹介】業界誌『I.B.ヘルスケア』56号にて、執筆しました
イメージ

業界誌『I.B.ヘルスケア』(56号:2018年5月1日発行)の巻頭企画、「刻々と変わるスキンケア市場」にて寄稿させて...

[ ご案内/ご紹介/進捗状況 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ