コラム

 公開日: 2017-12-28 

美容・健康業界のGreenへの追及を果たすには ~植物由来食品とNon-GMOへの需要拡大~

Plant-Based FoodとNon-GMOのニーズ

以前のコラムでも書かせていただきましたが、Plant-Based Food、すなわち植物由来食品へのニーズの高まりが目立ちます。米国の市場規模では、310億円と年々増加しています。
“Green”とひとえにいっても、単純に“ナチュラル”という志向ではなく、環境への視点が求められます。美容・健康業界に近しい分野では、ナチュラル&オーガニックですが、日本でナチュラル&オーガニックといえば、一般的に農薬・化学肥料使用の人体への悪影響が心配されることが多く、こういった「安心・安全」の視点が主流になりすぎていて、まだまだ遅れている部分もあります。先進国でナチュラル&オーガニックと言えば、環境への配慮がいかにされているかということが主流です。私が、ナチュラル&オーガニックの分野でも広く語っているポイントです。(日本では、さらなる消費者教育も必要になります。)
この環境の視点から、植物由来の原料を好む傾向がうまれ、さらにナチュラル&オーガニックであればなお良いという嗜好が広がりました。

ナチュラル&オーガニックの一部ともいえる、Non-GMO。この市場規模も、2018年までを通して年12%も成長しています。
特にカナダや米国では、トウモロコシ、大豆、キャノーラなどの95~99%はGMOの種子を使って栽培されてきたことから、Non-GMOへの需要は業界において大いなる挑戦になります。また、Non-GMOの製品の識別や普及・啓蒙のために、認証マークもあります。
以前も書きましたが、日本では食用のGMO原料は禁止されていますので、特に注目すべきでもないのですが、「ナチュラル&オーガニック」や「グルテンフリー」などと合わせて美容と健康を意識する層にとっての、判断基準の一つとなってきているのです。
また、GMOはある意味“人工的な状態”ですから、元々の生態系への悪影響や、強いては生物多様性の観点で、「Greenではない」といえるかと思います。
なお、Non-GMOの表記については、海外製品で特に多くみられるものです。海外製品では、俗にいう“スーパーフード”や健康食品などで多くみられるので、それらのブランディングや差別化として言及すると、よりニッチな層へのアプローチが可能です。
逆に、日本製の製品の海外展開でも、逆にNon-GMOをうたうことで、より信頼性を提供できる場合もあるかと思います。

弊社では、コスメでも美容フードでも、海外製品でも日本でも、『“Green”への追求』に合わせた効果的なアプローチをご提供しています。
持論である『革新的ビューティー論』でもよく論じていますが、新しい取り組みとしての期待が高まります。

◎美容・健康・“スーパーフード”などの美容フード(ビューティーフード)・インナービューティー・美容マーケティング・スーパーフードマーケティングにご興味のある方へのおすすめコラム◎
【業界時事】“スーパーフード”市場動向

この記事を書いたプロ

Myuty-Chic株式会社 [ホームページ]

長井美有紀

東京都目黒区中根2-14-2-104 [地図]
TEL:03-6455-9584

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
インナービューティー関連業務
イメージ

① "スーパーフード"先進国の最新情報から、世界および国内市場動向まで、どこよりも早く専門性の高い情報のご提供②マーケティングコンサルティング (日本導入や販売促...

Profile
イメージ

Miyuki Nagai / CEO at Myuty-Chic., Co., Ltd.Marketing Specialist, Beauty Analyst, Beauty Food AdviserBusiness Aspects:My great talented and experie...

 
このプロの紹介記事
語学に強い、美容・食のマーケティングスペシャリスト 長井美有紀さん

美容や食をはじめとした女性商材・サービスに特化。語学力も生かす総合マーケティング会社(1/3)

 「商品やサービスの開発アドバイスから、販促のお手伝い等、独自のフローにより、お客様の立場に立ち、ニーズに合わせて包括的なマーケティングサポートを行います」と話すのは、ミューティー・チック株式会社の長井さんです。長井さんは、米国ボストンの...

長井美有紀プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

語学力を生かした美容や食などのマーケティングサポート

会社名 : Myuty-Chic株式会社
住所 : 東京都目黒区中根2-14-2-104 [地図]
TEL : 03-6455-9584

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6455-9584

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長井美有紀(ながいみゆき)

Myuty-Chic株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
もっと身近になる!世界が注目する"スーパーフード"2018トレンドは?

 “スーパーフード”への思い込み 美容・健康業界が注目する分野のひとつに、“スーパーフード”があります。それ...

[ ビューティーフード/インナービューティー ]

美容業界の新たなるステージとなるか? 2018年は「美容×テクノロジー」はどこまで進むか(考察)

2015年ごろから先進的なキーワードとして出てきたのが、IoT。美容・健康業界ではなかなか難しい分野で、他の製造...

[ 革新的ビューティー論 ]

“スーパーフード”市場定着に必要な日本独自のマーケティング手法とは?

俗にいう“スーパーフード”や私が提唱する『ビューティーフード』は、オーガニックコスメ同様、海外と同じやり方で...

[ ビューティーフード/インナービューティー ]

【ご紹介】業界誌I.B.ヘルスケア51号に執筆しました。美容・健康業界の2018年展望とは?
イメージ

業界誌『I.B.ヘルスケア』 51号(11月30日発行)に、執筆させていただきました。2018年の業界展望、...

[ ご案内/ご紹介/進捗状況 ]

健康・美容業界の2018年グローバルトレンドを徹底解剖!

グローバル規模で健康ブームが定着しつつある健康・美容業界。2018年のグローバルトレンド分析が発表されています...

[ ビューティーフード/インナービューティー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ