コラム

 公開日: 2018-03-30 

北米で大人気の"スーパーフード"「ヘンプ」産業。流行り続ける理由と世界動向

北米で人気の“スーパーフード”に「ヘンプ」があります。
アメリカなどでは、プロティンの人気に伴い、植物性プロティンの一つとしてヘンプが求められることが多く、市場規模も年々増加しています。
(昨年更新のコラム『米国"スーパーフード"ヘンプの市場規模が688万ドルへ成長!その成長の背景とは?』も合わせてご覧ください。⇒
このほかに、ヘンプ人気の理由としては、セミナーなどでお話してるように、ヘンプの栄養価の高さがあり、その注目はどんどん高まっているのです。

ヘンプは、原料についての誤解や混乱が多く存在しており、また産業も世界や自治体によって制限されているところがあります。以前からアメリカでも長い論争の歴史があるのですが、ヘンプ産業に関連して、様々なCBDなど団体が存在し、産業発展に貢献しています。
アメリカでは、市場規模は2020年までに700万ドルにまでになると見込まれていて、アメリカ国内でも33もの州が産業ヘンプの生産が認められるようになりました。今後はカナダにもサプリメント製品などで進出してくるのではないかと言われています。カナダでは、現在も産業用の原料生産のみで、加工は禁止されています。サプリメント製品などの加工製品が進出してくることは意外とハードルが高いという背景がある中、市場の人気が湧きたっているということから行政が追い付いていないという現状があります。

実は、ユーラシア大陸でもヘンプ産業は発展しています。
ニュージーランドでの原料栽培~一部加工、オーストラリアでの加工製造が頻繁に行われています。オーストラリアでは、ローフードへの人気が以前からあり、それゆえにヘンプ製品が好まれる傾向にあります。

世界でも市場規模は拡大し、逆輸入素材ともいうヘンプへの人気は途絶えることはなさそうです。日本でも、“スーパーフード”元年の2015年に業界で注目はされましたが、日本導入には非常に体力が必要となるうえで、当社でも引き続き効果的なアプローチでサポートいきます。

18/4/2創刊☆美容マーケティングに特化した専門メディア

美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア 【Clef de Beau-Marketing】
(クレド・ボー・マーケティング) http://beau-marketing.tokyo/
創刊より、これまでの市場動向や専門情報などを上記にて発信しています。
厳選コンテンツが届くC-BM通信>にご登録を!(購読無料!)

この記事を書いたプロ

Myuty-Chic株式会社 [ホームページ]

長井美有紀

東京都目黒区中根2-14-2-104 [地図]

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
美容マーケ・コンサルティング
イメージ

美容商材(従来のコスメ、ナチュラル&オーガニック製品)、ナチュラル&オーガニック食品、健康食品やスーパーフードなどの海外製品の日本導入または海外進出、販売促...

Media
イメージ

(画像はイメージです)2018/4/2創刊★美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing (クレド・ボー・マーケティング)業界初、美容マ...

 
このプロの紹介記事
語学に強い、美容・食のマーケティングスペシャリスト 長井美有紀さん

美容や食をはじめとした女性商材・サービスに特化。語学力も生かす総合マーケティング会社(1/3)

 「商品やサービスの開発アドバイスから、販促のお手伝い等、独自のフローにより、お客様の立場に立ち、ニーズに合わせて包括的なマーケティングサポートを行います」と話すのは、ミューティー・チック株式会社の長井さんです。長井さんは、米国ボストンの...

長井美有紀プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

語学力を生かした美容や食などのマーケティングサポート

会社名 : Myuty-Chic株式会社
住所 : 東京都目黒区中根2-14-2-104 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

長井美有紀(ながいみゆき)

Myuty-Chic株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
《C-BM》話題の「抗酸化」(アンチオキシダント)とアスタキサンチン市場

先日のコラムで述べたように、美容・健康分野で再注目されている「アンチオキシダント」/「抗酸化」市場で、アスタ...

[ 美容/インナービューティーマーケティング ]

【ご紹介】業界誌『I.B.ヘルスケア』56号にて、執筆しました
イメージ

業界誌『I.B.ヘルスケア』(56号:2018年5月1日発行)の巻頭企画、「刻々と変わるスキンケア市場」にて寄稿させて...

[ ご案内/ご紹介/進捗状況 ]

《C-BM》Gene-Beautyともいうべき、パーソナライズド・ニュートリション市場の未来とは

以前【美容マーケティング】のコンテンツでも書かせていただいた『パーソナライズド・ビューティー』について、こ...

[ 革新的ビューティー論 ]

《C-BM》美容業界のSDGs投資になるか?Agri-Beautyという考え方

『革新的ビューティー論』最大のテーマである美容と環境との関わり。近年叫ばれるSDGsにおいて注目すべき新しい...

[ 革新的ビューティー論 ]

《Clef de Beau-Marketing》拡大するアンチオキシダント市場

アンチエイジングの要素を多く含む「アンチオキシダント」。私が提唱するビューティーフードの基盤にもなっていま...

[ ビューティーフード/インナービューティー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ