>   >   >   >   >   >  今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

コラム一覧 :今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

1件~10件(10件)

固定資産の評価が迅速化?ついに東京都が新方式を検討

イメージ

 固定資産評価額の計算はとても複雑。大規模ビルの評価には年単位の時間がかかる 2016年4月、東京都主税局が不動産鑑定士や建築、法律などの専門家6人の委員で構成する「固定資産評価に関する検討会(座長:小松幸夫早稲田大学建築学科教授)」を新設、大規模な建物に限って固定資産の評価方法... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2016-11-22

日野市の立地適正化計画。急激な少子高齢化に、コンパクトシティで対応

イメージ

 立地適正化計画に取り組む東京都日野市は、少子高齢化が急激に進む コンパクトな街づくりを目指す「立地適正化計画」の取り組みに着手しているのは、東京都では日野市と福生市の2市に留まります。ここでは日野市の状況をみていきましょう。2014年時点ではまだ日野市人口が緩やかな上昇基... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2016-11-21

まだまだ波乱が予想されるトランプ相場。日銀が初の「指値オペ」を実施

イメージ

 早々と切り札「指値オペ」を実施した日銀。国債市場は敏感に反応 日銀は2016年11月17日、急騰している国債利回り(金利)を押さえ込もうと「指値オペ」を実施しました。実際、2年物・5年物・10年物国債利回りは上昇基調から一転、低下しました。指値オペとは、価格(利回り)を指定して無... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2016-11-19

資産価値に影響大の 「立地適正化計画」。市町村がエリア選別を開始

イメージ

 住む場所や施設の配置を市町村が誘導する「立地適正化計画」 改正都市再生特別措置法に基づき、全国の自治体がその地域全体を見渡したマスタープランを策定する「立地適正化計画制度」が創設されました。概ね20年後を想定してどのような街にするかを策定する都市計画マスタープランの一部で、... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2016-11-18

「空き家」×「ゼロ円リノベーション」で人気の沿線を活性化

イメージ

 私鉄各社が、住み替えに伴う空き家を有効活用するサービスを開始 これまで物件の管理業務を多数手がけてきた私鉄各社が、空き家管理やリフォーム・リノベーション、賃貸管理、売却・住み替え、民泊などの各種支援サービスを開始、沿線の空き家活用を本格的化させています。例えば小田急... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2016-10-11

太陽光発電が電気料金を上昇。買取価格は年々下落、廃止も?

イメージ

 再生可能エネルギー普及の主役「太陽光発電」 地球温暖化やエネルギー源確保などのために、国が肝いりで(自然界からのエネルギーを使って電力を創り出す)再生可能エネルギーを普及させています。再生可能エネルギーには、太陽光、風力、地熱、水力、バイオマスなど多くの種類があります... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2016-10-09

二極化する基準地価。これからのカギは「継続性」

イメージ

 立地が引き続き重視、利便性が程よい周辺地域にも地価上昇が波及 国土交通省が9月20日に発表した2016年7月1日時点の基準地価において、全用途(住宅地・商業地・工業地・林地など)では▲0.6%の下落、25年連続のマイナスですが7年連続で下げ幅を縮小し、緩やかな回復基調は継続しているといえ... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2016-10-02

ついに日銀が動くが、メガバンクは住宅ローン金利を引き上げず

イメージ

 とうとう日銀が動いた。長期金利ゼロ%誘導に向け国債買い入れ減額に 日銀が9月21日の金融政策決定会合において、(固定型住宅ローンの基準となる)長期金利をゼロ%程度に誘導する目標を立てましたが、その後も長期金利が下がりゼロ%から遠ざかっている状況が続いていました。金融政策... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2016-10-01

東京上空の空き地を利用した新しい街づくり

イメージ

 とうとう東京も“上”に伸び始めた 国交省が6月13日にホテル用地の容積率(=建物の延べ床面積÷敷地面積)を緩和するよう各地方自治体に通知、24日には東京都が「原則として容積率を最大300%上乗せする」という運用基準を発表しました。かみ砕いていうと、高層ホテルが立てやすくなり、「上... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2016-07-17

空き家活用の救世主?「物流不動産」という方法

イメージ

2013年10月時点で7件に1件(13.5%)が空き家、数にして820万戸もの空き家があるといわれています(総務省)。空き家は老朽化に伴い倒壊・火災や治安悪化の不安も生まれることが懸念され、その有効な活用法を国も躍起になって探しています。その明快な解決策は未だ模索中ですが、ここでは田舎と... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2016-06-30

1件~10件(10件)

RSS
メディア取材・取組み
イメージ

ミトミは「かし保険案内宣言店」として登録(首都圏既存住宅流通推進協議会)され、家を買う”前”の検査と、買った”後”の補償がセットになった、中古住宅購入者の不安を...

ミトミのサービス
イメージ

※詳しくは「ミトミのサービスメニュー」をご参照ください。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【ご依頼の流れ】マイホームや投資物件をお探しの方■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社ミトミの加藤豊さん

中古物件の資産価値を担保し、ハッピーな売買に!バイヤーズエージェントで悩みも解決(1/3)

不動産仲介会社の店頭やHPには物件情報があるのが当たり前。その代わりに、不動産業界の裏側事情やタウン情報「名店放浪記」などを包み隠さず発信する会社があります。中古物件の売買・リフォーム・投資物件の紹介に強い「有限会社ミトミ」。加藤豊社長は、...

加藤豊プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

徹底して資産価値にこだわる中古物件売買・よろず相談

会社名 : 有限会社ミトミ
住所 : 東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL : 03-5375-4533

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5375-4533

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤豊(かとうゆたか)

有限会社ミトミ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大家さんと揉めごと。仲裁してくれて、法務局の手続きもお願いして、心が穏やかになりました。

家賃の大幅な増額について、更新契約時に大家さんと揉めに揉...

T・T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
その物件、隣の不動産会社でも取り扱っています
イメージ

「あの不動産屋は気に入らないが、物件は気に入ってるんだよな。まいったなあ」そうお思いのあなた、迷うことな...

[ 不動産業界の仕組み ]

「非公開物件」が生まれる嘘のような5つの理由
イメージ

「非公開物件ですよ…」なんとも甘く魅力的な言葉でしょう。なにか自分だけが極秘情報を知った気分にさせてくれます...

[ 不動産業界の仕組み ]

掘り出し物件をみつける最も効果的かつシンプルな方法
イメージ

不動産の中には「掘り出し物件」といわれる誰もがうらやむ超好条件の物件が存在します(もちろんどんな物件も自分...

[ 不動産業界の仕組み ]

不動産投資で重要な「減価償却」。耐用年数の計算は意外とシンプル!
イメージ

 キャッシュアウトのない経費「減価償却費」は不動産投資の要 不動産投資をされる方で収益物件を買われる際、...

[ 不動産業界の仕組み ]

借地権と底地権はセットで高く売れる?「コーヒーカップ・ソーサー理論」 とは
イメージ

 借地権=コーヒーカップ、底地権=ソーサーの関係 不動産用語の中にコーヒーカップとソーサー(受け皿)があ...

[ 不動産業界の仕組み ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ