コラム

 公開日: 2016-10-17 

ダンスクラブが自宅周辺に?!用途地域でわかる住環境と街づくり

日本にダンス文化が浸透し風営法が改正!ダンスが風俗営業から除外

2016年6月23日、改正風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)が施行され、ダンスホール(社交ダンスなどのダンス教室、ダンススクールは除く)や、ダンスに加え飲食も提供するナイトクラブが風俗営業から外れることになりました。

未だにどこで線引きするかグレーな部分が残っているとはいえ、明るさなどの一定の条件を満たせば深夜営業も可能となりました。


これまでの風俗営業の範疇では、ダンスを取り扱う営業を開始するためのハードルが高かったことや、親子のダンスイベントを開催できない(未成年者の立ち入りが禁止されている)ことなど多くの問題点が指摘されていました。

ここにきて、中学校でも保健体育でダンスが必修化されるなどダンスに対する世論の意識変化などを踏まえ、またナイトクラブに親しみの深い訪日外国人を取り込もうとする意図もあり、ダンスをさせる営業が緩和されたものです。

建築基準法もあわせて改正。ダンス教室などが居住系地域に出店可能に

風営法の改正に伴い、建築基準法でもこれまでキャバレー類と同様の用途とされてきたダンスホールやナイトクラブの取り扱いが改正されました。

今後、ダンスホールはカラオケボックス類と同様の用途となり、ナイトクラブは劇場や観覧場(ライブハウス)と同じ用途として、建築制限が適用されます。


これにより、ダンスホールは、カラオケボックスと同様に第二種住居地域・準住居地域・近隣商業地域・商業地域・準工業地域・工業地域・工業専用地域(+用途地域の指定のない区域)に建築が可能となります。

つまり、これまで商業地域・準工業地域(+用途地域の指定のない区域)にのみ、特定行政庁の許可なく建築できるとされていましたが、第二種住居地域・準住居地域・近隣商業地域・工業地域・工業専用地域でも可能になったのです。

同様に、これまで商業地域・準工業地域のみで建築可能であったナイトクラブは、新たに準住居地域・近隣商業地域でも出店可能となりました。

実際に建築できるかどうかはその地域の「地域地区」などにもよる

ただし用途地域はあくまでも全国津々浦々共通で定める、地域の使い方を大雑把に示したものです。それぞれ個別に地域をみていけば、その地域の特性を生かした用途に利用したいものです。


そこで詳細に緩和・規制したい場合に設定する「地域地区」(特別用途地区など)があり、それを設定している場合には、実際にこの通り建築できるかどうかは変わってきます。

お住まいの地方自治体のホームページなどをチェックしてみましょう。

用途地域は変わりゆく。住宅購入時には周辺地域も含めて調べる

「用途地域」というのは、(国が国土をどのように利用するかを定めた)「都市計画」で定められた都市計画区域などについて、さらに詳細に用途を定める地域です。つまり、どこにどんな建物を建ててよいかを定めているのです。

マイホームなどを購入する際、自分が住む予定の地域がどの用途地域に該当していて、どんな建物が建つ(建たない)かをあらかじめ知っておけば、街の雰囲気や住環境がイメージできます。


ただし、この用途地域はおおむね5年ごとに見直されます。都市計画が、ほぼ5年ごとに実施される国勢調査などに基づいて見直されるため、それにあわせて用途地域も変化していくのです。

つまり、ずっと制限が同じという保証はなく、今回のケースのようにダンスホールが居住系の地域に許可される場合があるのです。

自宅周辺地域の用途も理解。あなたも街づくりに参加しましょう!

「私の住む地域は第一種低層住居専用地域だから、今回の件は関係ない」というわけではないのです。

用途地域というのは道路一本を挟んで住居系の地域から商業系の地域に変わっていることも少なくなく、隣接する地域の用途はなにかを調べておくことも大切です。


ダンスホールやナイトクラブに関する今回の法改正には賛否両論があり、それぞれ受け止め方も異なると思います。

ただ、この法改正によってそれぞれの地域住民の方々が、自分たちの地域にどのような都市計画が定められているか興味を持つ機会となり、街づくりに積極的に関わることでよりよい住環境が形成されるキッカケになることを期待します。

あわせて読みたい

「都市計画区域」⇒「区域区分」⇒「地域地区」で国土を細分する
地域を12種類で分類。生活圏内を含めて用途制限を要チェック
ダンスホールやナイトクラブが住居地域などにも建築可能に!

【無料】「来てよかった!」の嵐!マイホームの“買い方”が劇的にわかる講演会

「資産価値を生む住宅を購入するためにゼッタイ知っておくべき“7の秘訣”」 【過去の参加者様の声

●ご意見・ご感想・疑問などなんなりとこちらへ!⇒【info@mitomi-estate.com】
こんなこと聞いても…いいんです!
ミトミの「お客様の声」

この記事を書いたプロ

有限会社ミトミ [ホームページ]

不動産投資アドバイザー 加藤豊

東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL:03-5375-4533

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア取材・取組み
イメージ

ミトミは「かし保険案内宣言店」として登録(首都圏既存住宅流通推進協議会)され、家を買う”前”の検査と、買った”後”の補償がセットになった、中古住宅購入者の不安を...

ミトミのサービス
イメージ

※詳しくは「ミトミのサービスメニュー」をご参照ください。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【ご依頼の流れ】マイホームや投資物件をお探しの方■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社ミトミの加藤豊さん

中古物件の資産価値を担保し、ハッピーな売買に!バイヤーズエージェントで悩みも解決(1/3)

不動産仲介会社の店頭やHPには物件情報があるのが当たり前。その代わりに、不動産業界の裏側事情やタウン情報「名店放浪記」などを包み隠さず発信する会社があります。中古物件の売買・リフォーム・投資物件の紹介に強い「有限会社ミトミ」。加藤豊社長は、...

加藤豊プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

徹底して資産価値にこだわる中古物件売買・よろず相談

会社名 : 有限会社ミトミ
住所 : 東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL : 03-5375-4533

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5375-4533

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤豊(かとうゆたか)

有限会社ミトミ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自宅マンションを賃貸に出せました!確定申告などアフターフォローもすごく丁寧でビックリ!!

とにかく加藤さんが話しやすい!!!相談に行って大正解。海...

H・M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
その物件、隣の不動産会社でも取り扱っています
イメージ

「あの不動産屋は気に入らないが、物件は気に入ってるんだよな。まいったなあ」そうお思いのあなた、迷うことな...

[ 不動産業界の仕組み ]

「非公開物件」が生まれる嘘のような5つの理由
イメージ

「非公開物件ですよ…」なんとも甘く魅力的な言葉でしょう。なにか自分だけが極秘情報を知った気分にさせてくれます...

[ 不動産業界の仕組み ]

掘り出し物件をみつける最も効果的かつシンプルな方法
イメージ

不動産の中には「掘り出し物件」といわれる誰もがうらやむ超好条件の物件が存在します(もちろんどんな物件も自分...

[ 不動産業界の仕組み ]

借地権と底地権はセットで高く売れる?「コーヒーカップ・ソーサー理論」 とは
イメージ

 借地権=コーヒーカップ、底地権=ソーサーの関係 不動産用語の中にコーヒーカップとソーサー(受け皿)があ...

[ 不動産業界の仕組み ]

リフォームの盛んなアメリカに学ぶ!資産価値を下げてしまう修繕事例
イメージ

 資産価値を下げてしまう10のリフォーム事例(米国) 「資産価値を高めるリフォームのカギは「将来の買主が喜...

[ 質にこだわるリフォーム・リノベーション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ