コラム

 公開日: 2016-10-08 

所得税の控除が受けられる!?投資型減税とその適用条件・申請方法

最大65万円の所得税の控除。ただし認定住宅に限る

投資型減税とは、長期優良住宅や低炭素住宅といった認定住宅を新築(または新築後使用されていない認定住宅を取得した場合、性能強化費用として支出した額の約10%分が所得税から控除されるものです。尚、この制度は一般住宅にはない減税制度です。(下の図はクリックで拡大)


また、住宅ローン減税制度と異なり、ローンを組まずに現金一括購入した方も利用できます。むしろ、住宅ローン減税とは併用できませんので、現金購入の方など住宅ローン減税ではあまり効果がない方が対象ともえいます。

性能強化費用および控除額は以下の計算式で求められ、所得税からの控除額の上限は65万円(=性能強化費用上限額650万円×10%)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・控除額=性能強化費用×10%
・性能強化費用=住宅の床面積×43,800円/㎡(上限650万円)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば、100㎡の床面積であれば、性能強化費用438万円(=100㎡×43,800円/㎡)となり、この10%相当額である43.8万円(=438万円×10%)がその年の所得税から控除されます。

●所得税の控除が余った場合には翌年の所得税からも控除される
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
その年の所得税で控除額が余る場合は、翌年の所得税から控除できます。投資型減税は原則として1回きりの控除であり、翌年分の所得税控除という概念はありませんので、余った控除額は翌年の(住民税ではなく)所得税からとなっているのですね。


10年間控除が続く住宅ローン減税では、翌年には翌年分を所得税から控除するため、余った控除額は所得税ではなく住民税から控除することとしていたのですね。

適用条件

住宅ローン減税の場合と異なり、投資型減税は国が認定する質の高い住宅であることが前提で、適用条件は以下の通りです。(クリックで拡大)


適用条件の注意点。意外と見落としがちな重要ポイント

投資型減税にも、住宅ローン減税と同様に、その適用可否についていくつか落とし穴があります。注意点をしっかり理解しましょう。

●登記簿面積基準に注意(特にマンション)
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
面積基準については、登記簿面積で判断されます。戸戸建住宅の場合は壁心面積、共同住宅(マンション)の場合は内法面積が50㎡以上なければなりません。

特にマンションの場合、壁の厚みを考慮しない内法法による面積です。不動産会社からもらう広告図面などには、壁の中心線から図った壁芯面積が表示されることが多く、登記簿より大きく表記されることにお気を付けください。

●併用できない特例がある
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
投資型減税を受ける住宅に居住した年とその前後2年間(計5年間)は、譲渡所得税に関する3,000万円の特別控除や特定居住用財産の買換え特例と併用することはできません。既にこれら特例を使っている場合には、残念ながら適用されません。


尚、譲渡損失に関わる特例である「マイホームを買換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」や「特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」は併用可能です。

申請方法

投資型減税の適用の申請は、入居した翌年3月15日までに確定申告を行う時(入居した年の翌年)に、納税地(原則として住所地)の所轄税務署長に必要書類を提出します。

必要書類は、土地・建物の全部事項証明書、住民票、売買契約書(または建築請負契約書)、認定通知書、建築証明書などです。

投資型減税のまとめ

投資型減税は、一般住宅ではなく認定住宅(長期優良住宅または低炭素住宅)に限定した制度で、かつ住宅ローン減税との併用はできません。住宅ローン減税の場合と同様に、適用基準の床面積や併用できない特例もありますので注意しましょう。

優遇金額としては最大65万円であり、住宅ローン減税の最大500万円に比べ小さな印象を受けます。住宅ローンを組まずに現金で認定住宅を新築(取得)された方向けといえるでしょう。

国が推し進める「長く良い家に住む」というストック型社会に貢献しながら、ローンを組まなかったばっかりに優遇を受けられない方向けの救済措置ともいえるかもしれませんね。

あわせて読みたい

投資型減税と適用条件・申請方法。条件漏れに注意

【無料】「来てよかった!」の嵐!マイホームの“買い方”が劇的にわかる講演会

「資産価値を生む住宅を購入するためにゼッタイ知っておくべき“7の秘訣”」 【過去の参加者様の声

●ご意見・ご感想・疑問などなんなりとこちらへ!⇒【info@mitomi-estate.com】
こんなこと聞いても…いいんです!
ミトミの「お客様の声」

この記事を書いたプロ

有限会社ミトミ [ホームページ]

不動産投資アドバイザー 加藤豊

東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL:03-5375-4533

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア取材・取組み
イメージ

ミトミは「かし保険案内宣言店」として登録(首都圏既存住宅流通推進協議会)され、家を買う”前”の検査と、買った”後”の補償がセットになった、中古住宅購入者の不安を...

ミトミのサービス
イメージ

※詳しくは「ミトミのサービスメニュー」をご参照ください。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【ご依頼の流れ】マイホームや投資物件をお探しの方■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社ミトミの加藤豊さん

中古物件の資産価値を担保し、ハッピーな売買に!バイヤーズエージェントで悩みも解決(1/3)

不動産仲介会社の店頭やHPには物件情報があるのが当たり前。その代わりに、不動産業界の裏側事情やタウン情報「名店放浪記」などを包み隠さず発信する会社があります。中古物件の売買・リフォーム・投資物件の紹介に強い「有限会社ミトミ」。加藤豊社長は、...

加藤豊プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

徹底して資産価値にこだわる中古物件売買・よろず相談

会社名 : 有限会社ミトミ
住所 : 東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL : 03-5375-4533

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5375-4533

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤豊(かとうゆたか)

有限会社ミトミ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

資産価値にこだわるマイホーム選びに目からウロコ!長い目でみて安心な住まいを購入できました!

マイホームの購入のお部屋探しを手伝っていただき、本当にあ...

S・I
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
その物件、隣の不動産会社でも取り扱っています
イメージ

「あの不動産屋は気に入らないが、物件は気に入ってるんだよな。まいったなあ」そうお思いのあなた、迷うことな...

[ 不動産業界の仕組み ]

「非公開物件」が生まれる嘘のような5つの理由
イメージ

「非公開物件ですよ…」なんとも甘く魅力的な言葉でしょう。なにか自分だけが極秘情報を知った気分にさせてくれます...

[ 不動産業界の仕組み ]

掘り出し物件をみつける最も効果的かつシンプルな方法
イメージ

不動産の中には「掘り出し物件」といわれる誰もがうらやむ超好条件の物件が存在します(もちろんどんな物件も自分...

[ 不動産業界の仕組み ]

不動産投資で重要な「減価償却」。耐用年数の計算は意外とシンプル!
イメージ

 キャッシュアウトのない経費「減価償却費」は不動産投資の要 不動産投資をされる方で収益物件を買われる際、...

[ 不動産業界の仕組み ]

借地権と底地権はセットで高く売れる?「コーヒーカップ・ソーサー理論」 とは
イメージ

 借地権=コーヒーカップ、底地権=ソーサーの関係 不動産用語の中にコーヒーカップとソーサー(受け皿)があ...

[ 不動産業界の仕組み ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ