コラム

 公開日: 2016-09-20  最終更新日: 2016-10-05

「非公開物件」=「良い物件」とは限らない!非公開物件の秘密

不動産業界では、一般的にほとんど全ての物件が「REINS」というデータベースに登録され、どの不動産屋でも同じ物件を共有できる仕組みになっています。しかし、「REINS」に登録されずに取引される物件、すなわり「非公開物件」というものが存在するのです。

「非公開物件」と聞くと、自分だけがお宝を知っているような、なんだかプレミアム感があるような気がしますよね。そしてそのイメージを利用して、不動産屋が「非公開物件ありますよ~」なんていう営業トークを使ってくるのも事実です。


しかし、そのイメージだけで飛びついてはいけないという事をまずは申し上げます。このコラムでは、「非公開物件」が生まれる経緯を知り、公開・非公開に関わらずご自身で物件を見極める目を養いましょう。

非公開物件が生まれる理由とは

では、「REINSに登録されている物件(出回り物件と言います)」と、「非公開物件」の違いは何でしょう。基本的に、不動産屋は「REINS」から物件情報を得ています。そのREINSに載っていないということは、紹介できる不動産屋は限られ、更にはその物件の存在自体を知らない事も多々あります。

また、REINSに登録されてなくても、SUUMOなどのポータルサイトに掲載されている物件もあります。つまり、不動産屋は物件の存在を知らなくてもお客様は知っているという状態です(おとり広告の可能性もあるので注意!)。


さてここで、売主の立場になってみましょう。売主はその物件を売る(貸す)事が一番の目的です。だとすると、より多くの不動産会社に知ってもらった方が売れるのではないのでしょうか。見方を変えると、不特定多数の不動産屋に知らせずとも売れる非公開物件は、相当人気の高い物件なのでしょうか。

実はこの考え方は、100点満点中20点です。なぜなら、「公開しなくてもすぐ売れるから非公開物件」というのは、非公開物件の一例でしかなく、その他にも多くの理由・背景があるのです。

以下に非公開物件が生まれるパターンを一部挙げてみました。

ひっそりと売りたい場合

売主が「ひっそりと売りたい」と考えた場合、それだけで非公開物件になります。例えば、自宅を売る際に、「近所の人に売っている事を知られたくない」という事情があったりします。その他には、不動産屋からの「うちと媒介契約を結んでくれ」という営業を嫌がる売主がひっそりと売るために非公開にするなんてことも。


え~、それだけで?と感じる方もいらっしゃると思いますが、お客様は売主ですので、ご希望に沿う形で売却するのは当然の話です。

昔ながらの経営方針をとる老舗不動産屋の場合

不動産業界の歴史は古く、昔ながらのやり方で、古くからの付き合いを大事にしながら経営している不動産屋も多く存在します。

そんな不動産屋は、売却を依頼された物件をわざわざ物件を公開しなくても、歴史の中で作ってきた顧客リストの中で売却することができる場合があるのです。物件を公開するには、広告費や人件費もかかりますので、非公開にする理由も納得できますね。

そしてお客様がその不動産屋を利用した場合、もちろんその非公開物件情報を見ることができますね。

「非公開物件ありますよ~」という販売戦略

これは非公開物件のプレミアム感を利用し、プレミアムな金額で売るための販売戦略です。値段交渉の際、出回り物件は物件金額を下げられ、安く売却したというケースは多くあります。

そのようなケースを避けるために、例えば、まずは非公開物件として売却依頼し、なかなか買い手が見つからない場合に公開するという販売戦略をとったりします。


この場合、買い手がつかずに出回り物件となったからダメな物件というわけではありません。不動産屋にも繁忙期と落ちついた時期があり、時と場合によって大きく変わるというのが実際のところです。公開・非公開に関わらず、一つ一つ精査していかなければなりませんね。

非公開物件の情報をゲットするためには!?

さて、以上の例はほんの一部ですが、非公開物件の裏には多種多様な経緯があり、非公開物件=特別ではないという事を見てみきました。

とはいえ、非公開物件の情報は、得られるに越したことはありません。非公開物件の情報を得るためには、普段から希望条件などを伝えておき、懇意にしている不動産屋に対して購入への本気度を見せておくと良いでしょう。不動産屋も、買ってくれるか分からない人にわざわざ非公開情報を公開したりしませんからね。


さて、繰り返しますが、「非公開物件=質の高い物件」ではなく、「非公開物件=公開されていないものですが、あなたにとってはどうですか?」というふうに、一選択肢として考えることが求められているという事を覚えておいてください。

安易に飛びつくのではなく、(出回り物件と同様に)一つ一つご自身の目で見極めていくための目を養っていきましょう。

合わせて読みたい

掘り出し物件を紹介してもらう最善の方法

【無料】「来てよかった!」の嵐!マイホームの“買い方”が劇的にわかる講演会

「資産価値を生む住宅を購入するためにゼッタイ知っておくべき“7の秘訣”」 【過去の参加者様の声

●ご意見・ご感想・疑問などなんなりとこちらへ!⇒【info@mitomi-estate.com】
こんなこと聞いても…いいんです!
ミトミの「お客様の声」

この記事を書いたプロ

有限会社ミトミ [ホームページ]

不動産投資アドバイザー 加藤豊

東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL:03-5375-4533

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア取材・取組み
イメージ

ミトミは「かし保険案内宣言店」として登録(首都圏既存住宅流通推進協議会)され、家を買う”前”の検査と、買った”後”の補償がセットになった、中古住宅購入者の不安を...

ミトミのサービス
イメージ

※詳しくは「ミトミのサービスメニュー」をご参照ください。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【ご依頼の流れ】マイホームや投資物件をお探しの方■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社ミトミの加藤豊さん

中古物件の資産価値を担保し、ハッピーな売買に!バイヤーズエージェントで悩みも解決(1/3)

不動産仲介会社の店頭やHPには物件情報があるのが当たり前。その代わりに、不動産業界の裏側事情やタウン情報「名店放浪記」などを包み隠さず発信する会社があります。中古物件の売買・リフォーム・投資物件の紹介に強い「有限会社ミトミ」。加藤豊社長は、...

加藤豊プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

徹底して資産価値にこだわる中古物件売買・よろず相談

会社名 : 有限会社ミトミ
住所 : 東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL : 03-5375-4533

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5375-4533

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤豊(かとうゆたか)

有限会社ミトミ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

資産価値や長期的な視点でマイホームを探す大切さを学びました。本当によかった。。

一つ大きな勉強になったのは、加藤さんが「資産価値」に徹底...

R・S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
その物件、隣の不動産会社でも取り扱っています
イメージ

「あの不動産屋は気に入らないが、物件は気に入ってるんだよな。まいったなあ」そうお思いのあなた、迷うことな...

[ 不動産業界の仕組み ]

「非公開物件」が生まれる嘘のような5つの理由
イメージ

「非公開物件ですよ…」なんとも甘く魅力的な言葉でしょう。なにか自分だけが極秘情報を知った気分にさせてくれます...

[ 不動産業界の仕組み ]

掘り出し物件をみつける最も効果的かつシンプルな方法
イメージ

不動産の中には「掘り出し物件」といわれる誰もがうらやむ超好条件の物件が存在します(もちろんどんな物件も自分...

[ 不動産業界の仕組み ]

国債には二つの市場があった!?ようやくプラスに転じた落札利回り
イメージ

 一旦、異常事態から抜け出した10年物国債落札利回り 12月1日付日経新聞朝刊によると、2016年12月1日に財務省...

[ 今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド ]

不動産投資で重要な「減価償却」。耐用年数の計算は意外とシンプル!
イメージ

 キャッシュアウトのない経費「減価償却費」は不動産投資の要 不動産投資をされる方で収益物件を買われる際、...

[ 不動産業界の仕組み ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ