コラム

 公開日: 2016-07-27  最終更新日: 2016-10-05

20代でマイホームが買える!?”資産価値”で選ぶ、物件購入の新常識

日本人は何歳で家を買うのでしょうか

まずは2014年度「住宅市場動向調査報告書」(2015年3月、国土交通省)より以下のグラフをご覧ください。


このグラフは、世帯数の平均年齢を物件の種類ごとに分けたものです。このグラフを見ると、家を買う人(世帯主)、つまり「注文住宅(新築)」「分譲戸建住宅」「分譲マンション」「中古戸建住宅」「中古マンション」の項目で30~40代、特に30代が圧倒的に多いことがわかります。

皆様も、ご自身のライフプランを描く際には、「20代後半で結婚、30代でマイホーム購入…」という理想を描く方も多いのではないでしょうか。

なぜみんな30代で家を買うのか

20代で自立し社会に出ている人は大勢いるはずなのに、なぜ30歳になるまで家を買わないのでしょうか。20代で住宅を購入しない理由として、以下のような理由が聞かれます。

・頭金が払えるほど、資金的に余裕がない
・年収から見て、ローンを払えるか不安(今後の生活が苦しくなる)
・独身のうちは転勤が多く、所有しても住み続けられない
・仕事で忙しくあまり家にいないし、結婚もしていないのでワンルームで十分

つまり、「20代のうちに家を買うものではない」という考え方が定着しているのです。

もちろん、家を買う動機や優先順位は人それぞれ違います。しかし、“買い方”さえ知っていれば、新卒3年目からでも十分マイホームの購入が選択肢に入るのです。

今回は、皆様にしっておいて欲しい「20代で家を買うべき大きなメリット」をお話しします。

資産価値の下がらない物件選びによって「住み継ぐ」スタイルへ

20代で住宅購入がしやすくなる背景のひとつに、「家を“住み継ぐ”スタイルへの転換」があげられます。今までずっと、人生で最も大きな買いモノと言われ続けている住宅購入。その額の大きさから、「一生に一度の買い物は、もっとお金が貯まってからにしたい!」と考える方もいらっしゃるでしょう。

この2014年度「住宅市場動向調査報告書」(2015年3月、国土交通省)のグラフは「今住んでいる物件は、何回目に買ったものか」というグラフですが、「2回以上購入している」という方は極めて少ないことが分かります。「一生に一度の買い物」というイメージが如実に現れていますね。


そんな常識を覆すのが「資産価値の下がらない物件選び」です。皆様は、ローンで借りた額を全額ご自身で払おうとされるために、ローンに追わている(損しているような)感覚に陥るでしょう。

しかし、資産価値の下がらない物件であれば、買った値段とほとんど変わらない値段で好きな時に売ることができるのです。つまり、住宅ローン返済を貯蓄に早変わりさせる方法があるということです。

そして、それで得たお金でまた次の「資産価値の下がらない」物件を買う。つまり、近年のマイホームの購入スタイルは、“再販できる”物件を買うことで、ライフスタイルに合わせて場所や住まいを変えていく、「住み継ぐ」スタイルへと変化しているのです。

マイホームに投資の考え方を。「マイホームに住まない」人も増加

マイホームを20代のうちに買わない理由の一つに「転勤の可能性があるから、所有するのはもったいない」という理由もあります。

しかし、家賃を払い続ける方がもったいないのです。賃貸で払っている毎月の家賃をあなたの資産(マイホーム)のローン返済に充てることができれば、長い目で見て資産形成ができるのです。


加えて、「小さい部屋の方が住みやすい」という方はそういう家を探せばいいのです。「子供が大きくなった時に小さい部屋だと困る…」という方、住み継ぐという選択肢もあります。資産価値の下がらない物件(再販できる物件)を選ぶことができれば、極力キャッシュを減らさずに済み継ぐことができます。

もちろん、転勤などの事情でどうしても資産価値の下がりそうな土地に住まなければならない場合もあるでしょう。その場合は、所有する物件は投資物件として人に貸し、ご自身は賃貸物件を利用されるのが“賢い住まいの探し方”だと私たちは考えます。

最長でローンを組んでも、60代で完済することができる

何より、20代でマイホームを購入する大きなメリットは「ローンを最長で組んでも、60代で完済できる」ということです。

住み継ぐライフスタイルを選ばれる方であっても、資産価値が下がらない物件であれば、1戸目を売却する時に返済したローン分は戻ってくることになります。それを2戸目を購入する際の頭金などに使います。要はスタートを早く切るほど有利なのです。


1戸目の住宅購入においてやはり頭を悩ませられる 、物件金額の約10~20%の“頭金”。これは、頑張ってご自身で貯めてもらうしかありません(頭金も借りるフルローンはおすすめしません)が、初めから大きな物件は必要ないでしょうし、特に底値で優良な中古住宅を購入すれば必要資金も抑えられます。

そして住宅ローン返済においては、「長く借りて自分のタイミングで返す」ことが重要です。例えば25歳でマイホーム購入をした場合、最長35年借りた際にでも、60歳で完済することができるのです。繰上返済をすればもっと完済年齢は早まるでしょう。

周りに惑わされない!資産価値の高いマイホーム選びをするには

さて、「資産価値の下がらない住まい探し」ができれば、20代でもマイホームが持てるということをご説明しました。そうはいっても、「周りがどんな買い方をしているのか」ということはやはり気になりますよね。

しかし、「友達が30歳で買ってたから、私も30歳で買う」というよりは、今の経済状況やご自身の経済状況に着目してほしいのです。大事なことは周りの判断に流されず、「いつまでにどれくらいを目標にどのように資産形成していくか」をご自身の事情にあわせて見極めることです。


資産形成はなにも不動産だけではありません。自分にあった資産を持ちましょう。怖いのは資産の顔をした負債を保有してしまうことです。

中古住宅の不安を払拭する制度もぞくぞく登場しています。「みんな新築を買うから私も新築」ではなく、なぜ新築を志向するのか考えてみるよい機会かもしれません。

繰り返し述べましたが、不動産の場合であれば資産価値の下がりにくい物件、転売できる物件を見極めましょう。そしてその見極めには、ご自身にあった不動産のプロ(不動産会社)を探し出すことが第一歩です。

【無料】「来てよかった!」の嵐!マイホームの“買い方”が劇的にわかる講演会

「資産価値を生む住宅を購入するためにゼッタイ知っておくべき“7の秘訣”」 【過去の参加者様の声

●ご意見・ご感想・疑問などなんなりとこちらへ!⇒【info@mitomi-estate.com】
こんなこと聞いても…いいんです!
ミトミの「お客様の声」

この記事を書いたプロ

有限会社ミトミ [ホームページ]

不動産投資アドバイザー 加藤豊

東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL:03-5375-4533

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア取材・取組み
イメージ

ミトミは「かし保険案内宣言店」として登録(首都圏既存住宅流通推進協議会)され、家を買う”前”の検査と、買った”後”の補償がセットになった、中古住宅購入者の不安を...

ミトミのサービス
イメージ

※詳しくは「ミトミのサービスメニュー」をご参照ください。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【ご依頼の流れ】マイホームや投資物件をお探しの方■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社ミトミの加藤豊さん

中古物件の資産価値を担保し、ハッピーな売買に!バイヤーズエージェントで悩みも解決(1/3)

不動産仲介会社の店頭やHPには物件情報があるのが当たり前。その代わりに、不動産業界の裏側事情やタウン情報「名店放浪記」などを包み隠さず発信する会社があります。中古物件の売買・リフォーム・投資物件の紹介に強い「有限会社ミトミ」。加藤豊社長は、...

加藤豊プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

徹底して資産価値にこだわる中古物件売買・よろず相談

会社名 : 有限会社ミトミ
住所 : 東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL : 03-5375-4533

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5375-4533

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤豊(かとうゆたか)

有限会社ミトミ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

孤独な投資家に強い味方!プロのアドバイスが気軽に聴けて、投資の幅も拡がりました!

もともと不動産の投資物件を探していて、実は他社の不動産会...

K・T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
その物件、隣の不動産会社でも取り扱っています
イメージ

「あの不動産屋は気に入らないが、物件は気に入ってるんだよな。まいったなあ」そうお思いのあなた、迷うことな...

[ 不動産業界の仕組み ]

「非公開物件」が生まれる嘘のような5つの理由
イメージ

「非公開物件ですよ…」なんとも甘く魅力的な言葉でしょう。なにか自分だけが極秘情報を知った気分にさせてくれます...

[ 不動産業界の仕組み ]

掘り出し物件をみつける最も効果的かつシンプルな方法
イメージ

不動産の中には「掘り出し物件」といわれる誰もがうらやむ超好条件の物件が存在します(もちろんどんな物件も自分...

[ 不動産業界の仕組み ]

リフォームの盛んなアメリカに学ぶ!資産価値を下げてしまう修繕事例
イメージ

 資産価値を下げてしまう10のリフォーム事例(米国) 「資産価値を高めるリフォームのカギは「将来の買主が喜...

[ 質にこだわるリフォーム・リノベーション ]

英国式リフォームで高値で売れる中古住住宅に?!
イメージ

 マイホームのリフォームでも資産価値を設備ごとに考える 英国のNational Association of Estate Agents(NAEA...

[ 質にこだわるリフォーム・リノベーション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ