コラム

 公開日: 2016-05-23  最終更新日: 2016-10-05

中古マンション内覧で確認すべきは「図面では読み取れないこと」

中古マンションを購入しようとする場合、気に入った物件がみつかったら、周辺・外観調査などの後に「内覧」を行うことになります。内覧とは、建物内に入り室内の状態などを自分の目で確認することを言います。内見ともいいます。

資料から読み取れないことを確認。内覧はその場限りの勝負!

内覧の一番の目的は、「図面などではわからないこと」を確認することだといえます。そして、実際に自分が暮らす場合のことをイメージしながら内覧することが大切です。


特に中古マンションの場合、売却先が決まるまで所有者が入居していることも多く、その場合は一回勝負。一度の内覧で見落としのないように確認する必要があります。このため、その場でないと確認できないポイントを事前にしっかりと把握しておきましょう。

室内のチェックポイント

その場でしっかり雰囲気を感じ取りましょう。具体的には以下のポイントが大事です。


●日当たり・風通しが良いか
室内の日当たりや風通しは、内覧時にチェックしておきたいところです。すべての部屋の電気を消してもらって、日当たり具合を確認したり、すべての窓を開けた状態で風通しの良し悪しを確認したりするようにしましょう。

●窓やドアに不具合がないか
窓やドアは不具合が生じやすい箇所です。問題なく開閉できるかを確認しましょう。窓を開けた際に外から聞こえてくる騒音なども意識しておきましょう。また、窓周辺にカビは発生している場合は結露しやすいことが考えられますので、こちらも確認しておきましょう。

●コンセントの位置や数
実際に暮らすとした場合の空間の使い方をイメージしながら、暮らしやすいかどうかを考えてみましょう。その際、必要な場所に十分なコンセントがあるかを確認しましょう。

共用部分のチェックポイント

内覧では室内にばかり意識が行きがちですが、共用部分を見ることで管理状況や居住者のマナーなどを知る手がかりとなります。


●エントランス
エントランスがきれいに掃除されているかどうか、メールボックスの周囲にチラシなどが散乱していないかなどを確認しましょう。しっかりと管理されているかどうかの目安になります。管理人さんがいればご挨拶し、話を聴いてみるのもいいでしょう。

●掲示板
掲示板の張り紙は居住者のマナーの良し悪しを知る目安となります。騒音やペット関連、ゴミの分別などに関する注意書きがある場合などは要注意です。

●ゴミ置き場
片付いていて掃除が行き届いているか、ゴミはきちんと分別されているかなどを確認しましょう。

「自分も見られている」意識で、マナーや気遣いを忘れずに

内覧の際、所有者が居住している場合は最低限のマナーを忘れずに。押入れなどプライベートな部分を見せてもらう場合にはひと声かける気遣いがあると良い印象を持ってもらえるはずです。

あれもこれも見たいというお気持ちはよーく分かります。ただ、そのためには節度ある行動を心がけたいですね。特に、所有者は売主ということで、今後の交渉にも快く応じていただけるかもしれませんし、礼儀正しく振る舞うことに越したことはありません。

内覧は「自分も見られている」という意識を持って、よりよい内覧を実現しましょう!

あわせて読みたい

中古マンション購入時の見落としがちなチェックポイント3つ

【無料】「来てよかった!」の嵐!マイホームの“買い方”が劇的にわかる講演会

「資産価値を生む住宅を購入するためにゼッタイ知っておくべき“7の秘訣”」 【過去の参加者様の声

●ご意見・ご感想・疑問などなんなりとこちらへ!⇒【info@mitomi-estate.com】
こんなこと聞いても…いいんです!
ミトミの「お客様の声」

この記事を書いたプロ

有限会社ミトミ [ホームページ]

不動産投資アドバイザー 加藤豊

東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL:03-5375-4533

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア取材・取組み
イメージ

ミトミは「かし保険案内宣言店」として登録(首都圏既存住宅流通推進協議会)され、家を買う”前”の検査と、買った”後”の補償がセットになった、中古住宅購入者の不安を...

ミトミのサービス
イメージ

※詳しくは「ミトミのサービスメニュー」をご参照ください。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【ご依頼の流れ】マイホームや投資物件をお探しの方■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社ミトミの加藤豊さん

中古物件の資産価値を担保し、ハッピーな売買に!バイヤーズエージェントで悩みも解決(1/3)

不動産仲介会社の店頭やHPには物件情報があるのが当たり前。その代わりに、不動産業界の裏側事情やタウン情報「名店放浪記」などを包み隠さず発信する会社があります。中古物件の売買・リフォーム・投資物件の紹介に強い「有限会社ミトミ」。加藤豊社長は、...

加藤豊プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

徹底して資産価値にこだわる中古物件売買・よろず相談

会社名 : 有限会社ミトミ
住所 : 東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL : 03-5375-4533

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5375-4533

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤豊(かとうゆたか)

有限会社ミトミ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自宅マンションを賃貸に出せました!確定申告などアフターフォローもすごく丁寧でビックリ!!

とにかく加藤さんが話しやすい!!!相談に行って大正解。海...

H・M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
その物件、隣の不動産会社でも取り扱っています
イメージ

「あの不動産屋は気に入らないが、物件は気に入ってるんだよな。まいったなあ」そうお思いのあなた、迷うことな...

[ 不動産業界の仕組み ]

「非公開物件」が生まれる嘘のような5つの理由
イメージ

「非公開物件ですよ…」なんとも甘く魅力的な言葉でしょう。なにか自分だけが極秘情報を知った気分にさせてくれます...

[ 不動産業界の仕組み ]

掘り出し物件をみつける最も効果的かつシンプルな方法
イメージ

不動産の中には「掘り出し物件」といわれる誰もがうらやむ超好条件の物件が存在します(もちろんどんな物件も自分...

[ 不動産業界の仕組み ]

不動産投資で重要な「減価償却」。耐用年数の計算は意外とシンプル!
イメージ

 キャッシュアウトのない経費「減価償却費」は不動産投資の要 不動産投資をされる方で収益物件を買われる際、...

[ 不動産業界の仕組み ]

借地権と底地権はセットで高く売れる?「コーヒーカップ・ソーサー理論」 とは
イメージ

 借地権=コーヒーカップ、底地権=ソーサーの関係 不動産用語の中にコーヒーカップとソーサー(受け皿)があ...

[ 不動産業界の仕組み ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ