コラム一覧

1件~15件(176件)

過去の15件

マイホームを買うときの注意点。将来の売却を不動産のプロと考える

イメージ

 【注意】どんな物件でも15年程度で価格が下げ止まるわけではない 一般的に、住宅は建築後15~20年程度で価格が下げ止まります。しかし中古住宅であればどのような物件でも価値が下げ止まるわけではありません。将来の売却(出口戦略)を見据えながら、資産価値が下がりにくい物件を選ぶこ... 続きを読む

資産価値にこだわるマイホームの買い方

2017-02-23

買うタイミングでこんなに違う。新築と中古の資産価値に注目

イメージ

 年数が経過するにつれて価格が下がるマイホーム。買うタイミングはいつ? 日本における不動産価格は、建築後の年数が経てば経つほど下がっていくことが一般的です。より具体的にいうと、一般的に新築マンションは築15年経過後、新築一戸建ては築20年以降で下げ止まる傾向にあります(分譲... 続きを読む

資産価値にこだわるマイホームの買い方

2017-02-20

賢い不動産取引。デメリットを明言するエージェントを選ぶ

イメージ

 「成約(制約)ありきの仲介」が生む、買主に不利な不動産取引構造 不動産会社(仲介業者)は、宅地建物取引業法という法律に縛られます。この中で、不動産会社は取引が契約に至ってはじめて報酬を「仲介手数料」という形で得られるように規定されています。すると、売主側の仲介業者はも... 続きを読む

不動産業界の仕組み

2017-02-16

国民皆投資家時代!はじめの一歩は資産状況の把握から。

イメージ

 実は誰もが投資家?!円はゼッタイではない。外貨で保有すればリスク分散 「すべてのおカネを銀行に預金している」と聞くと、投資とは縁遠い方というイメージかもしれません。しかし、その方も紛れもない投資家といえるのです。例えば通貨を保有するということを考えても、日本円だけで保... 続きを読む

堅実な不動産投資のノウハウ

2017-02-13

中国の不動産バブルで強制退去続出。日本は借地借家法で正当な理由が必要

イメージ

 中国の不動産価格高騰によって、入居者が強制退去される事態に 2016年後半ころから、上海など中国の一部の都市部でお部屋を借りて住んでいる人が「強制立ち退き」にあっているという報道が散見されます。背景には、中国の不動産バブルともいえる価格の高騰があり、賃貸に出すよりマイホー... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2017-02-09

怪しい不動産屋から信頼できるエージェントへ。仲介業者への誤解を知る

イメージ

 あまり接する機会のない不動産業界。よくある誤解3つ 一般の方にとって、不動産取引は人生の中でそう何度も日常的に経験するものではありませんよね。まして、不動産は怪しい…胡散臭い…といわれてしまう業界。不動産会社(仲介業者)への誤解もいろいろ生まれます。ここでは不動産会... 続きを読む

不動産業界の仕組み

2017-02-05

2018年4月から施行されるインスペクション法案。中古住宅の不安を払拭

イメージ

 安心な中古住宅の売買に向け、「改正宅建業法」が2018年4月から本格施行 安全な不動産取引の環境を作り、中古住宅市場を活性化するためにも、「ホームインスペクション」(建物状況調査)の活用を促すことを目玉とした改正宅建業法が成立しています。本法案を平たくいうと、【Ⅰ】中古住宅... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2017-02-01

人口減少・少子高齢化がもたらす弊害。コンパクトシティは賛否両論

イメージ

 「コンパクトシティ+ネットワーク」で行政サービスを維持する 急激な人口減少・少子高齢化がもたらす弊害は多く指摘されています。不動産の視点からいえば、この現象がもたらす課題の一つは、人口密度の低い市街地を形成することです。ポツポツと点在した住宅が広範囲に広がるというイメ... 続きを読む

不動産業界の仕組み

2017-01-28

「日当たり」トラブルは個人間で解決!?「日影規制」と「日照権」の違いとは

イメージ

 日光を確保する権利「日照権」と、公平に分配する「日影規制」は別物 マイホーム購入やお部屋を借りる上で、日当たり(陽当たり)を重視される方は多くいらっしゃいます。やっぱり太陽の光を浴びるのは気持ちいいですよね。住居の日照(太陽の光)を確保する権利は一般的に「日照権」と呼... 続きを読む

不動産業界の仕組み

2017-01-24

新築から中古住宅の時代へ。資産を守るために必要なエージェント選び!

イメージ

 さらば新築住宅着工戸数「100万戸時代」。新築から中古住宅へ! 新築住宅着工件数は、1949年から1972年にかけて右肩上がりに増加し、ピーク時には185万戸超となりました。その後、2008年まで上下したものの年間100万戸を維持していましたが、2009年以降は100万戸を下回り、2015年時点で92... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2017-01-21

中古住宅の時代へ。法定耐用年数評価の見直しや流通を促進する仕組みも

イメージ

 住み替え先として新築にこだわらない人が増加。持家世帯は半数以上! 2013年の住生活総合調査からは、今後住み替える住宅について「中古住宅(既存住宅)がよい、または新築・中古どちらでもよい」という人、つまり「新築にこだわらない人」が増えてきていることがわかります。新築住宅に... 続きを読む

今を読み解く不動産業界動向・社会トレンド

2017-01-18

物件ではなく人で判断する住宅ローン審査。未来を見据えた資金計画を

イメージ

 物件ではなく人に貸す住宅ローン。銀行は住宅を担保にしても不安 マイホームを購入したいというお客様のために、銀行は住宅ローンを融資します。その時、住宅を担保に取り(抵当権を設定し)、返済ができなくなるという最悪の事態に備えます。ですので、物件の評価を行い、万が一の場合に... 続きを読む

賢い住宅ローンの組み方

2017-01-15

住宅価格(借入額)が上がっても、返済比率は軽減?長期的な資金計画を

イメージ

 低金利によって、年収が低くなってもマイホーム価格は変わらず 年収の何倍のマイホームを買ったかを示す「価格年収倍率」(=物件価格÷年収)は、2000年には「約3.5倍」であったものが2016年には「5倍超」と上昇しています。これは、三井住友トラスト基礎研究所の竹本副主任研究員が「フラ... 続きを読む

賢い住宅ローンの組み方

2017-01-12

自分達の街をエリアマネジメント。資産価値向上を動機づける仕組みが課題

イメージ

 日本のマンションには管理組合があっても、戸建て住宅は野放し? マンションには必ず管理組合があります。マンションの修繕計画を立て毎月住人から修繕積立金を徴収するなど、建物が健全に維持できるよう管理・運営されています。また、室内の床を取り替える場合には一定の防音性能を求... 続きを読む

不動産業界の仕組み

2017-01-09

地方のアパートローン急増に金融庁が調査。リスクを考慮した不動産経営を

イメージ

 サブリースのリスクを認識しないままアパート経営が急増 節税を目的としたアパート・マンション経営が急増しており、それに伴い、(賃貸住宅用の建築資金を融資する)アパートローンの融資残高も膨れ上がっています。ハウスメーカーなどから「賃貸住宅を建てれば相続税評価額が下がりお得... 続きを読む

堅実な不動産投資のノウハウ

2017-01-05

1件~15件(176件)

過去の15件

RSS
メディア取材・取組み
イメージ

ミトミは「かし保険案内宣言店」として登録(首都圏既存住宅流通推進協議会)され、家を買う”前”の検査と、買った”後”の補償がセットになった、中古住宅購入者の不安を...

ミトミのサービス
イメージ

※詳しくは「ミトミのサービスメニュー」をご参照ください。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【ご依頼の流れ】マイホームや投資物件をお探しの方■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社ミトミの加藤豊さん

中古物件の資産価値を担保し、ハッピーな売買に!バイヤーズエージェントで悩みも解決(1/3)

不動産仲介会社の店頭やHPには物件情報があるのが当たり前。その代わりに、不動産業界の裏側事情やタウン情報「名店放浪記」などを包み隠さず発信する会社があります。中古物件の売買・リフォーム・投資物件の紹介に強い「有限会社ミトミ」。加藤豊社長は、...

加藤豊プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

徹底して資産価値にこだわる中古物件売買・よろず相談

会社名 : 有限会社ミトミ
住所 : 東京都板橋区中板橋22-8 [地図]
TEL : 03-5375-4533

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5375-4533

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤豊(かとうゆたか)

有限会社ミトミ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大家さんと揉めごと。仲裁してくれて、法務局の手続きもお願いして、心が穏やかになりました。

家賃の大幅な増額について、更新契約時に大家さんと揉めに揉...

T・T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
その物件、隣の不動産会社でも取り扱っています
イメージ

「あの不動産屋は気に入らないが、物件は気に入ってるんだよな。まいったなあ」そうお思いのあなた、迷うことな...

[ 不動産業界の仕組み ]

「非公開物件」が生まれる嘘のような5つの理由
イメージ

「非公開物件ですよ…」なんとも甘く魅力的な言葉でしょう。なにか自分だけが極秘情報を知った気分にさせてくれます...

[ 不動産業界の仕組み ]

掘り出し物件をみつける最も効果的かつシンプルな方法
イメージ

不動産の中には「掘り出し物件」といわれる誰もがうらやむ超好条件の物件が存在します(もちろんどんな物件も自分...

[ 不動産業界の仕組み ]

マイホームを買うときの注意点。将来の売却を不動産のプロと考える
イメージ

 【注意】どんな物件でも15年程度で価格が下げ止まるわけではない 一般的に、住宅は建築後15~20年程度で価格...

[ 資産価値にこだわるマイホームの買い方 ]

買うタイミングでこんなに違う。新築と中古の資産価値に注目
イメージ

 年数が経過するにつれて価格が下がるマイホーム。買うタイミングはいつ? 日本における不動産価格は、建築後...

[ 資産価値にこだわるマイホームの買い方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ