永井憲二

ながいけんじ

一般社団法人コミュニティベースドリハビリテーション協会

[ 板橋区 ]

職種

プロTOP:永井憲二プロのご紹介

働きたい障がい者と前向きな企業の架け橋に!業績につながる障がい者雇用を実現しましょう(1/3)

一般社団法人コミュニティベースドリハビリテーション協会 代表理事 永井憲二さん

就労支援を通じて、健常者と障がい者の区別のない社会を目指す

 2018年4月から障がい者法定雇用率が2.3%に引き上げられました。一方で、離職率が非常に高いという問題が以前からあります。背景には雇用率達成を優先する企業が少なくないことがあります。厚労省は就労定着支援を打ち出すものの、はじまったばかり…。こうした中、早くから障がい者雇用に問題意識を持ち、環境改善に取り組んでいるのが、一般社団法人コミュニティベースドリハビリテーション協会 代表理事の永井憲二さんです。

 永井さんは日々、就労支援に通う障がい者と真剣に向き合いながら、障がい者の働く意欲や自信を育て、一般就労への可能性をつくる重要な役割を担っています。ですが「障がい者を働かせることが最終目的ではない」と話します。
「障がい者がスムーズに溶け込める社会になって欲しいと考えています。溶け込むための一番の近道は働くことだと思います。働くというツールを介せば、お互い関わろう、知ろうとするため、理解し合える関係をつくれると信じています」
 第1次産業が活発な地域では、障がい者を労働力として雇っている例が多くあります。しかし、東京をはじめ都市部では、障がい者を雇う企業は増えているものの、労働力として捉えている企業は少ないのが現状です。そこで永井さんは、障がい者雇用に前向きな企業や既に取り組んでいる企業とともに「企業側が雇いやすく、障がい者側も働きやすい」環境づくり励んでいます。
「私や専門性のある人がフォローアップに入ることで、企業は障がい者を労働力として受け入れられようになるはずです。中小企業が抱える人手不足を解消できるし、近年雇用に積極的なITや派遣の業界でも労働力になれます。最初は数合わせの雇用であっても…せっかく受け入れるのだからぜひ業績につなげたい!と考える企業の力になりたいです」

<次ページへ続く>

【次ページ】 環境を整えるため、双方の関係性の構築にも取り組む

永井憲二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

障がい者就労と企業の体制作り、業績になる障がい者雇用を実現!

屋号 : 一般社団法人コミュニティベースドリハビリテーション協会
住所 : 東京都板橋区 [地図]
TEL : 03-5918-885

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5918-885

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

永井憲二(ながいけんじ)

一般社団法人コミュニティベースドリハビリテーション協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ