コラム

 公開日: 2015-08-22 

就活自殺が増えている 生き方は多岐にある

 就活自殺が増えているという記事がある。
大企業に勤めることが良いわけではない、という指摘は確かにそう思う。大企業、確かに安定しているかもしれない。その大企業に勤めてメンタル不全を起こす若者も増えている。このことは、安定求めて公務員になろうとする若者も一緒だ。

国の政策にも問題があるが自分の生き方、どんな生き方をしたら自分らしく生きられるか見直しは必要だ。人の生き方には、以下4つある。
 ・自己実現型:自分の能力、自分のやりたいことを追及するタイプ(やりたいことが明確)
 ・企業帰属型:企業に帰属しながら着実にキャリアアップを図るタイプ(人間関係とリーダーシップ)
 ・自 由 型:組織に帰属するのが苦手でフリーに仕事をしたいタイプ(自由の意志がないと苦労する)
 ・保 守 的:とりあえず勤めなければと思っているタイプ(大企業にこだわらないこと)
自分の性格を見直ししながら、将来像を描いてみることが必要だ。就活でうまくいかず自殺をしてしまう。無駄死にはしないこと。その命をどうするのか、たかが就活くらいで大事な命を無くしていけない。若者の可能性は大きい。その可能性を紐解くカギは周辺にたくさんある。思う就活ができなければ、とりあえず人に会うこと。そこから必ずヒントを得ることができる。  

http://jijico.mbp-japan.com/2015/08/17/articles14795.html

この記事を書いたプロ

有限会社ミック研究所 [ホームページ]

経営コンサルタント 佐藤茂則

埼玉県鴻巣市赤見台1-3-8-201 [地図]
TEL:048-596-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演、個別心塾

こころ塾(心塾)心の寺子屋、そんなイメージです英語やその他の学びの個人レッスンはカルチャーセンターや進学塾など多々ありますが、心理、カウンセリングの個人...

教育顧問 

 平成9年に独立して18年ですがメイン業務は企業、医療、自治体等の教育顧問です。毎月訪問しながら教育支援を行っています。講演やセミナー行っていますが、教...

 
このプロの紹介記事
有限会社ミック研究所の佐藤茂則さん

個人のメンタルヘルスと組織の問題を同時にサポート(1/3)

 企業や病院、施設、自治体などで人材教育やメンタルヘルスの問題に取り組んでいる、有限会社ミック研究所代表取締役社長の佐藤茂則さん。大学院でカウンセリングを学び、人材育成に関わる団体で教育やマネジメントのノウハウを蓄積した後、故郷の鴻巣市に会...

佐藤茂則プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

個人と組織の両面からメンタルヘルス対策の充実・強化に対応

会社名 : 有限会社ミック研究所
住所 : 埼玉県鴻巣市赤見台1-3-8-201 [地図]
TEL : 048-596-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-596-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤茂則(さとうしげのり)

有限会社ミック研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
企業のレベル   元Jリーガー前園氏と組織を語る
イメージ

3月に前園さんと話しましたが印象としては、とても誠実で真面目な方ですね。最近テレビでの露出が増えていますが嬉...

[ 心ニュース ]

カウンセラー養成講座 悩む前に学ぶ、悩んだら学ぶことが自己理解を深める

続けていることで一番恩恵を受けている人のは私自身➡有難いですね

[ 心問題・カウンセリング ]

感情は感染する

気持ちは感染しあっている感情は感情に反応しますね。今日の介護施設での話。「気持ちが穏やかになる時は」と...

[ 医療、介護、保育施設 ]

現状満足、希望なし、いや『変えられる』
イメージ

1973年から5年に一回行われている日本人の意識調査のようです。自分たちの力で社会を変えられる、という項目に...

[ 心ニュース ]

こんなマニュアルをつくっています。
イメージ

 本も10冊以上書いていますが、以下のようなマニュアルもつくっています。自習型の学習ツールでもあり、職場...

[ 医療、介護、保育施設 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ