コラム

 公開日: 2016-09-25 

定義の違い

自分の言った事が間違った意味合いで相手に受け取られている経験はありませんか。

相手に間違った捉えられ方をしないためにも頭に入れていかなければいけない事があります。
「自分と相手の言葉の定義の違い」です。

例えば・・・
Aさん 「私は、思いやりがある人になりたい」
Bさん 「それは素晴らしいですね!」

何気ない、こんな会話。
両者が思い描いている<思いやりのある人>とは一致しているのでしょうか。

では、この<思いやりがある人>とはどんなイメージですか?
Aさんは、優しい言葉をかけてくれる人
Bさんは、相手のためになるなら厳しい事も指摘してくれる人

このように同じ言葉を使っても定義が違うと根本的に捉えられ方が違ってきます。
こうした些細な言葉の定義の違いから大きな誤解を生む事もあるのです。

だからこそ、本当に伝えたい事は簡単な言葉一言でまとめるのではなく、沢山の言葉で表現してください。
簡単な言葉に隠された沢山の言葉が一番大切な<あなたの考え>の部分なのです。

「私は思いやりがある人になりたいです。思いやりといってもいろいろありますが、私は~
私の上司がそういう方なので~」

のように、具体的に話していくと聞き手もよりあなたの事を理解しますし、細かい事を話す事で会話が広がりやすくなってきます。

相手と考え・感覚が違う事は分っているつもりでも、つい簡単な言葉で済ませてしまい本質が伝わらいコミュニケーションになりがちです。
定義の違いを覚えていれば、自分の考えを相手にしっかりと伝えられる自己表現の上手な人になれますね!

この記事を書いたプロ

+1(プラスワン)

マナー講師 斉川貴子

神奈川県横浜市南区中島町 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
+1の斉川貴子さん

あなたの話が、聞き手の印象に残るように!コミュニケーションがとれる話し方を磨きませんか?(1/3)

「話し方というひとつのスキルをプラスすることで、よりよい活動をして欲しい」という思いを社名に込める斉川貴子さん。バスガイドを経て、現在は披露宴やイベントなどの司会業、セミナー講師の育成などに尽力しており、話す仕事一筋25年の実績を持ちます。...

斉川貴子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人の熱を感じる現場で培った話し方で、セミナー・研修講師を育成

会社名 : +1(プラスワン)
住所 : 神奈川県横浜市南区中島町 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

斉川貴子(さいかわたかこ)

+1(プラスワン)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お客様の声

今まで教える内容の事は考えても話すことに意識をせずに登壇...

F.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
声を使いこなす

こんにちは。突然ですが、コミュニケーションで悩んだ経験はありますか。殆どの方が「YES」と答えるでしょう...

ヒゲは抜きましょう!

こんにちは。声のイメージコンサルタントの斉川貴子です。今日はヒゲについてお話を。ヒゲはヒゲでも『言葉...

話すより聞く方が楽と思っていませんか?

こんにちは。声のイメージコンサルタントの斉川貴子です。あなたは、話す事が好きですか?それとも、聞く方...

言葉を贈る結婚式のスピーチ ~主賓のスピーチ~

秋はブライダルシーズン。 出席だけではなく、スピーチを頼まれている方は晴れの席で何を話せば良いか悩みますね...

経営者の皆さん、大丈夫ですか!!

こんにちは。先日パーティーの司会をしました。ここでの出来事を他のところでお話をしたら予想以上の反響をい...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ