コラム

 公開日: 2016-08-23 

声を使いこなす

こんにちは。

突然ですが、コミュニケーションで悩んだ経験はありますか。
殆どの方が「YES」と答えるでしょう。

人と関わりがある限り、家族・学校・職場だけでなく、今はインターネット・SNSなどが発達している時代ですので一度も対面で会った事がなくてもコミュニケーションが取れる時代です。

メールなどは伝えたい内容によって文字の大きさや書体を変えたり、絵文字を使って気持ちを表現する事が出来ます。
これからもインターネットは誰かの手で開発され進化していくでしょう。

どんなに時代が変わっても何も変わらずシンプルで基本的なコミュニケーションは自分の「声」を使う事。
シンプルですが、最も重要で難しいコミュニケーション。

自分の声を使いこなしていますか?


「伝えたい事が思うように伝わっていない」
「冷たい人に見られる」
「話を聞いていないと思われる」
・・・・・・等

意外に感じられるかもしれませんが、これらは「声」で解消する事が可能です。

「声」の印象であなたが変わります!!

お母さんがよそ行きの声で電話にでるように
好きな人と話す時には声のトーンが上がるように
お化粧やドレスアップと同じように声を装うのです。

外面の装いは、相手に対するマナー・気遣いです。
「声」も同じ事。

例えばビジネスシーンにおいて重要な事も覇気のない声で話しかけられたら、やる気を失いませんか。
どうでもいい人間と思われていると感じたら悲しくなりませんか。

声は目に見えるものではありません。
声は気持ちで色が変わります。
これが「声色」です。

この色を人は感じ取ります。

声は自分で磨くことでしか変える事ができません。
しかも磨けば磨くほど、ささくれている声が磨かれ艶がでます。

沢山の声の色を身につけ表現力を身につけましょう。

この記事を書いたプロ

+1(プラスワン)

マナー講師 斉川貴子

神奈川県横浜市南区中島町 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
+1の斉川貴子さん

あなたの話が、聞き手の印象に残るように!コミュニケーションがとれる話し方を磨きませんか?(1/3)

「話し方というひとつのスキルをプラスすることで、よりよい活動をして欲しい」という思いを社名に込める斉川貴子さん。バスガイドを経て、現在は披露宴やイベントなどの司会業、セミナー講師の育成などに尽力しており、話す仕事一筋25年の実績を持ちます。...

斉川貴子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人の熱を感じる現場で培った話し方で、セミナー・研修講師を育成

会社名 : +1(プラスワン)
住所 : 神奈川県横浜市南区中島町 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

斉川貴子(さいかわたかこ)

+1(プラスワン)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お客様の声

今まで教える内容の事は考えても話すことに意識をせずに登壇...

F.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【一度、自分の話し方を見直してみてください。会話が成立していますか】

最近、本当に会話のやりとりが出来ない人が多い事を感じます。厳密にいえば成立した会話が出来ない人が多いと...

[ 伝え方 ]

【言葉がカミカミなあなたへ】

会議中の発言、 人前で話す、 好きな人や尊敬する人との対談、など、流暢に話したい場面で言葉を噛む事が...

[ 言葉 ]

【相づちの 〈さしすせそ〉と〈たちつてと〉】

約2年前のデータ(インターネットリサーチQzoo調べ)ですが20~60代の男女1345名に 「仕事が出来そうと感じる...

[ 言葉 ]

【気づかぬうちに幼稚さが出ている言葉】

〈見た目が大事〉は今や ビジネスを意識する人たちには当たり前の知識。 ここで私は何度もお伝えしていま...

[ 言葉 ]

【ビジネスパーソンが必要な話し方はアナウンサーのような話し方ではない】

人を惹き付ける話し方を身につけたい! 人前で堂々と話せるようになりたい!誰しも一度は思いますよね。...

[ 伝え方 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ