コラム

 公開日: 2016-10-13 

生きる喜びとは? ~キャリアカウンセリングの存在意義~

前回、無人島でのシンプルな生活について書きましたが、今回は改めて、無人島での生活と私たちの現代文明社会での生活との違いを考察してみたいと思います。

無人島での生活は自給自足です。
従って、食べるものを始めとして、そこでの生活に必要なものを全て自分で生産する必要が有ります。
働くことは自分(及び家族)の生活に必要なものを生産するために当たり前の活動なので、「何故働くのか?」という疑問が入る余地が有りません。

自分が働いた成果は直ぐ現れます。
自分が作った(或いは、獲った)ものを食べておいしければ、そして、食べた家族の笑顔を見れば、仕事の苦労が報われ、喜びを感じます。
また、自分の仕事のスキルが上がれば成果も大きくなるので、成長を実感出来ます。
そこでは、働くことそのものが生きる喜びに直結しています。

無人島での生活では「生産者」=「生活者」であって、「消費者」は存在しません。
生産に携わる時間は膨大であるのに対し、成果物を消費する時間はほんの一瞬です。
従って、無人島では生産活動そのものに生活が有り、人生が有ります。

一方、現代文明社会では、「生産者」と「消費者」とがはっきりと分かれています。
「消費者」は生身の身体を持った個人であるに対し、「生産者」は多くの場合、複数の人が複雑に関わったシステムで構成されています。
そこでは、「生活者」という概念はむしろ「消費者」の立場で捉えられています。
食べるという消費行動の方が、より自分の身体に密接に関わった生活である、というのが実感だと思います。

生きることの喜びを「生活者」としての喜びと捉えた場合、それは現代文明社会に於いては「消費者」としての喜びということになります。
しかし、消費行動によって感じる喜びは一瞬で過ぎ去ります。
喜びを感じ続けるために消費に消費を重ねますが、永遠に心が満たされることは有りません。

都市部に住み、「消費者」=「生活者」としてのアイデンティティを持った人の多くは何らかの生産活動に携わっています。
しかし、ほとんどの人は間接的な形でしか生産活動に関わっていません。
接客に携わっている人を例外として、ほとんどの人は自分の顧客の顔を見ることも有りません。
ですから、現代文明社会では生産活動(仕事)で喜びを感じることが難しいのです。

無人島では「生活者」=「生産者」ですから、自分の生活の質を上げるためには「生産者」として自助努力をすれば良いだけです。
しかし、現代文明社会では、ひとりの人間の中で「生産者」と「生活者」が乖離しています。
そこでは、生活の質を上げるために二つの方向からのアプローチが必要になります。

ひとつは「消費者」としての生活の質を上げるために、生産者に安全・安心で質の高いものを生産してもらえるように働きかけることです。
顔の見える生産者が作ったものを直接購入することで、購入したものに対する評価を直接生産者にフィードバックし、より良いものを作ってもらうように要求することが可能になります。
そして、生産者がその要求を叶えてくれた時、「消費者」はコミュニケーションが成立したと感じ、単なる消費を超えた喜びを感じることが出来ます。

もうひとつは「生産者」としての活動から喜びを得るための方策です。
「何故働くのか?」という問いがここで出て来ます。
自分や家族の生活を成り立たせるためのお金を稼ぐため、
社会の役に立つため、
自分自身が成長したいため、
それとも・・・。

人によって答えはそれぞれでしょう。
それによって、どのような働き方をすれば喜びが得られるのかが違って来ます。
人間の生活の中で生産活動(仕事)に関わっている時間は長く、また、仕事から得られる喜びには精神的要素が大きいので、働き方の見直しは深掘りする甲斐が有るテーマです。
キャリアカウンセリングの存在意義は人生の喜びの追求である、と言っても過言ではないでしょう。

この記事を書いたプロ

オフィス・メイウッド [ホームページ]

産業カウンセラー 服部治夫

東京都三鷹市下連雀 [地図]
TEL:0422-44-8919

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
オフィス・メイウッド_服部治夫さん

箱庭療法、フォーカシング、対話から「今ここ」に生きる充足感を手渡す(1/3)

文豪ゆかりの土地・三鷹の下連雀に、古風な外観の「カウンセリングルーム・メイウッド」は在ります。引き戸を開け迎え入れてくれるのは、穏やかな印象の服部治夫さん。温かな笑み、静かに響く声、ゆったりとした時間を感じさせる物腰は、安心感を抱きます。...

服部治夫プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

言葉・イメージ・体感覚を使った多角的な心理カウンセリング

会社名 : オフィス・メイウッド
住所 : 東京都三鷹市下連雀 [地図]
TEL : 0422-44-8919

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-44-8919

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

服部治夫(はっとりはるお)

オフィス・メイウッド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
健康とカウンセリング ~カウンセリングの意味~
イメージ

1999年にWHO憲章に於ける健康の定義について下記の改定案が提出されました。“Health is a dynamic state o...

カウンセリングの基本 ~カウンセリングの効果~

カウンセリングルーム・メイウッドでは箱庭療法やフォーカシングのようなイメージや体感覚を活用したカウンセリン...

メンタル・メタボリズム ~ストレスと癒しの原理~
イメージ

「メタボリック・シンドローム」と言う言葉が人口に膾炙して久しくなります。身体には栄養分を摂取し、消化・吸...

相対化して観る ~固定観念からの解放~

人は日常見ているものをそのまま当たり前のものと認識して生活しています。見ているものをいちいち疑っていると...

箱庭療法 ~気付きとエンパワーメント~
イメージ

「庭」という言葉にはプライベートな響きがあります。公園のように自由に立ち入ることが出来る場所ではなく、個...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ