コラム一覧 :採用

1件~13件(13件)

採用内定者は労働者?

 採用内定者の身分は、労働者なのか、学生なのかという問題を考えてみましょう。 労働者とは、使用者と労働契約を締結している、つまり使用者の指揮命令に従って労働を提供し、その対価として賃金を得ている人ということです。このように考えると、新卒採用者の場合は、一般的に4月1日よりこ... 続きを読む

採用

2015-11-25

内々定の取り消しは可能か?

 国内経済の先行きは未だ不透明な状況にあり、経営者の皆さまも、その都度的確な判断を行わなければならないことと思います。そのような中で、内々定を出した採用予定者に対し、急激な経営環境の悪化により内々定を取り消さざるを得ないこともあると思います。果たしてこの場合、内々定を取り消す... 続きを読む

採用

2015-11-18

問題社員を採用しないための秘訣(職務経歴書編)

 さて前回に引き続き、問題社員を採用しないための秘訣をお話させていただきます。今回は、「職務経歴書の見抜き方」です。職務経歴書は情報がぎっしりと記載されているので、さっと目を通してしまうこともあるのではないでしょうか。一見すると応募者側も過去の職歴をしっかりと書いて... 続きを読む

採用

2013-09-02

問題社員を採用しないための秘訣(履歴書編)

 社員数30名のIT企業の採用責任者として勤務していた期間、年間2000名超の応募者対応をし、実際に採用したのは十数名でしたが、全員が離職せず現在も第一線で頑張っています。3年以内の離職率が大卒で30%を超えている中、これは特異な数字だと思っています。 では、「彼らは何が違ったのか... 続きを読む

採用

2013-08-29

問題社員を採用しないため、心理テストの活用を!

イメージ

 企業経営にも影響する社員採用の重要性  経営者の方、人事担当者の方には、せっかく労力と費用を掛けて社員を採用したのに、「入社してきたら期待したイメージと全く違う」「上司の指示に従わない」「周りとコミュニケーションが取れない」「客先とトラブルを起こす」といったような、いわ... 続きを読む

採用

2013-03-04

身元保証書の提出により問題社員採用のリスクを軽減

 「採用面接では特に問題なかったのに、採用後、体調不良で休みが多く休職してしまった。」など、採用時には把握しきれなかった問題が表面化し、採用に投資した労力・費用が全く回収できないという事態が多々あると思います。 実際に「問題社員を採用しないためにはどうしたらよいか?」といっ... 続きを読む

採用

2012-07-13

採用計画、求人票作成、採用面接指導から入社後の研修まで、採用業務のサポートをいたします。

 「採用はしたいが、どのような手順で行えばよいのかわからない」「応募書類や面接で、応募者をどう見抜けばよいかわからない」「採用してもすぐに辞めてしまう」採用業務に関してこのようなお悩みを感じたことはないでしょうか? そのようなお悩みをお持ちの経営者や人事担当の皆様を強力に... 続きを読む

採用

2012-02-28

求人票と実際の労働条件が相違するケースが増加しています。

 総務省の行政評価・監視結果によると、公共職業安定所において、企業が提出した求人票と実際の労働条件の相違に基づく求職者からの苦情が増加していることが分かりました。 全国12の公共職業安定所の苦情受付件数を調べたところ、平成19年に117件だったものが、平成21年に391件となっており、... 続きを読む

採用

2012-02-27

問題社員を採用しないための秘訣(面接編)

 IT企業の採用責任者として勤務していた期間、年間2000名超の書類選考・面接を行い、幸いにも採用者の離職率0%を達成していました。  「採用面接のポイントは何ですか?」と質問を受けることが多いのですが、その都度「目力です」とお答えしています。<目は口ほどに物を言う>の世界ですね... 続きを読む

採用

2012-02-15

採用面接で聞いてはいけないこと

 採用選考にあたっては、基本的な考え方として、応募者の適正・能力のみを基準とすることが求められます。 厚生労働省でもこの考えに則り、採用選考の際に避けてもらいたい項目として以下の項目をあげています。 1.本人に責任のない事項  ・本籍・出生地に関すること  ・家族に関... 続きを読む

採用

2011-12-19

若年者等の試行雇用奨励金の対象年齢引き上げへ

 厚生労働省は平成24年度から、試行雇用(トライアル雇用)奨励金のうち、若年者等の支給対象年齢を現行39歳から44歳まで引き上げる方針でいます。就職氷河期世代が40歳代に突入にしたために、引き続き就職支援を行っていく必要があるためです。 ※試行雇用奨励金は、職業経験・技能・知識等か... 続きを読む

採用

2011-11-18

就業規則と労働契約書の関係にご注意ください

 採用時に「労働契約書」を従業員と取り交わしていませんか? その場合には注意が必要です。もし御社に就業規則があるのであれば、個別に「労働契約書」を締結する必要はありません。労働基準法が求めているのは労働条件の「明示」にすぎないので、「労働条件通知書」で事足ります。「労働契... 続きを読む

採用

2011-11-16

採用にお悩みの経営者の皆さまをサポートいたします

離職率0%の採用のプロが月5万円で御社の採用責任者に! 経験と労力と時間が必要な採用業務の代行をいたします。 ◎「採用業務トータルサポートパッケージ」導入の主なメリット  ・年間2千通以上の応募者を選考し、採用者の離職率0%の採用のプロが対応いたします。  ・ハロ... 続きを読む

採用

2011-10-13

1件~13件(13件)

RSS
人事労務Q&A

A.この場合、基本給に残業代が含まれる旨を就業規則等に明記するとともに、基本給のうちどの部分が残業代に相当する部分なのかを明確に区分する必要があります。 ま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 栁田真さん

企業のよき相談相手を目指す社会保険労務士として(1/3)

 188cmの身長と物腰柔らかな雰囲気が印象的な栁田さんは、20年間システムエンジニアとして活躍してきた経歴の持ち主です。2000年に、当時勤めていた会社で成果主義が導入されると、それまでの和気あいあいとしていた社内が一変、殺伐とした空気の...

栁田真プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

メンタルヘルス問題に強いカウンセラー資格を持った社労士です。

会社名 : やなぎだ労務管理オフィス
住所 : 東京都港区赤坂4-7-6 赤坂ビジネスコート4F [地図]
TEL : 03-5575-2001

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5575-2001

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栁田真(やなぎだまこと)

やなぎだ労務管理オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

一度諦めていた弟の障害年金が、先生の熱意と誠意のおかげで1級を受給することができました。

 弟が脳内出血で倒れたのが8年前のことで、さらに当時は年金...

K・F
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
社員の様子がいつもと違うと感じたら~「職場不適応症」とは

 昔は五月病。今は職場不適応症。  少し前までよく耳にしていた「五月病」。そもそも五月病という病気は存在...

[ メンタルヘルス ]

ストレスチェックに正直に回答してもらうためには

 昨年12月よりストレスチェック制度がスタートしましたが、当初より受診者がストレスチェックの調査票に正直に回...

[ ストレスチェック制度 ]

ストレスチェック集団分析を職場環境改善にどう活用するか
イメージ

 ストレスチェック検査の結果を集団ごとに集計・分析することは、今回の制度では事業者の努力義務となっています...

[ ストレスチェック制度 ]

どこまで行えば企業は安全配慮義務を果たしたといえるのか?
イメージ

 安全配慮義務とは  労働者に対する安全配慮義務は、労働契約法第5条に「使用者は、労働契約に伴い、労働者が...

[ メンタルヘルス ]

ストレスチェック制度義務化がスタート!制度実施のポイントを確認

 12月1日から労働者50人以上の事業所を対象にストレスチェック制度の義務化が始まりました。実施に向けての準備...

[ ストレスチェック制度 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ