コラム

 公開日: 2014-07-26  最終更新日: 2014-07-31

●商店街で活かしたい統一POP広告台紙

●POPで協調性をアピール
 活動的な商店街では、地域客へ働きかける主要な共同事業として、イベントに意欲的です。その際に活用したいのが、統一POP広告台紙の作成。すなわち、折り込みチラシやポスター、ホームページなどと連動したイメージのPOP広告台紙に、各店が自店の推奨品や目玉品を書き込んで、店頭に掲示するものです。統一POP広告台紙のメリットは、次の通りです。
(1)協調性をアピール~全店が一体となって、イベントやフェアに取り組んでいる姿勢が来街客に伝わります。地域客はそうした一致協力の姿勢を歓迎するものです。
(2)各店の推奨品がわかりやすい~同じタイプの用紙に書き込んでいるので、顧客の目に触れやすく、理解しやすいもの。各店では、説得力のある情報表示や、読みやすい表現が大切です。
(3)装飾効果で街の活気作り~同じデザインの用紙が付けられるで、視覚・デザインの効果により、街内に活気が生まれます。各店1枚に限らず、何枚も掲示してよいでしょう。
(4)POPコンクールに結びつきます~どの店のPOP広告が顧客の目を引いたか、顧客参加のコンクールに結びつけることも出来ます。いわば、各店の意欲を高める媒体といえます。

◆提携イベントで集客

東京・北区十条銀座商店街では、数年前から、東京家政大学服飾美術科のインターンシップによる「十条コレクション・Handmade Shop」を、毎年2月1日~2日に事務所会場で開催(現在は、地域4商店街で共同実施)。学生の皆さんは自作のファッション(女性服、子供服、アクセサリーなど)を展示販売します。いずれも一品物。当日は、区の広報、パブリシティ、商店街チラシ、ホームページなどの宣伝によって、驚くほどの集客があり、2日間で400点の商品があっという間に売り切れます。商店街の約20本の広告柱パネルにも、手描きポスターが掲示されます。

◆協賛フェアの統一POP

集客した人達の回遊性を図って、商店街では「協賛フェア(セール)」を実施。その際に活躍するのが、商店街の統一POP台紙(A4判)です。台紙の上下はパソコン(ワード)で作成し、中間のスペースに各自が自店の推奨品を手描きで書き込みます。記入に当たっては、あらかじめ講習会で簡単レタリングやレイアウト、コピー作りなどを勉強します。

◆恒例市の統一POP

東京・板橋区の赤塚一番通り商店街では、恒例の「赤市」を実施。その際の統一POP台紙例。個店が「赤市」のチラシに載せた自店の推奨品を書き込んで、店頭で訴えます。商店街を抜けると、地域内には高さ13メートルの青銅製の著名な「東京大仏」(常蓮寺)があって参拝客を集めています。なお、同商店街では、2012年12月から、イベント・各種会合に使えるコミュニティスペース「赤ニコ広場」を開設しています。

◆「土曜市」の統一POP

東京・荒川区の仲町通り商店街では、毎週土曜日に「土曜市」を実施。その際の統一POP台紙例。台紙の中の売り手と買い手のイラストは、同商店街で以前から使われているキャラクター。このイメージのように、荒川仲町通り商店街は長年、下町の商店街として地域客に親しまれてきていますが、特に土曜市にはかなりの賑わいを呈しています。

◆インターンシップ協賛の統一POP

東京国立市の第五商業高校では、インターンシップの一環として、恒例の「五商ショップ」を市内の国立富士見名店街内の広場で催します(年に約3回)。販売するのは地域の農業学校で作られた鮮度のいい野菜や花、ジャムなどの加工食品。地域客には人気の行事です。その際に提案したのが、協賛セールの統一POP台紙。商店街では、生徒たちをバックアップするとともに、来店客の自店への回遊も図りたいものです。


この記事を書いたプロ

東京販促実践研究所

商品企画 安達昌人

東京都足立区栗原4-4-29 [地図]
TEL:03-5888-5758

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
POP広告 講師出張のご案内
ブラックボードPOP広告 講師出張

習得したことが"売り"に繋がる実習指導。「ブラックボードPOP広告」講師出張のご案内です。書いては消して、何度でも使えるエコロジーと、黒地に蛍光文字の注目性で...

 
このプロの紹介記事
POP広告の実習指導が好評の商業コンサルタント 安達昌人さん

POP広告をはじめ、多彩な販売戦略で企業や商店を売り上げアップへ導きます(1/3)

 商業コンサルタントとして活躍する安達昌人さんは、大手企業から行政、個人商店まで幅広い顧客層を持ち、全国各地を飛び回っています。「マーケティング、広告宣伝、売出し企画、顧客管理、ブランド開発、店内のディスプレイまで、幅広くアドバイスする何で...

安達昌人プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

事務所名 : 東京販促実践研究所
住所 : 東京都足立区栗原4-4-29 [地図]
TEL : 03-5888-5758

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5888-5758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安達昌人(あだちまさと)

東京販促実践研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ブラックボードPOP実習風景
イメージ

 ●ブラックボードPOPの講習会が盛んに 最近は、お店の店頭に「手描きPOP広告」がよく目に付くようになりました...

[ 講習会報告 ]

●廃物を活かしたPOP広告
イメージ

 ●POPの素材に廃物を利用 「廃物」とは一般に、使用済みで用いられなくなったもの、役に立たなくなったもの...

[ POP素材に廃物を利用 ]

●記念日を活かしたPOP広告
イメージ

 チャンスを活かしてミニセール  記念日には、「成人の日」「こどもの日」「海の日」など、国または国の機関が...

[ チャンスを活かしてPOP作成 ]

●クレヨンを使ってPOP広告を作成
イメージ

 POP作成の筆記具はさまざまです クレヨン(crayon)は、もともとフランス語のクレヨン・パステルを略した...

[ POPの筆記具は様々です ]

カラーボードで看板POP作り
イメージ

売場の看板(パネルPOP)を手軽に作製 ●催事案内やコーナー表示のパネルPOP コーナーサインや催事などを告...

[ 売場の看板(パネルPOP)を手軽に作製 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ