コラム

 公開日: 2013-09-26  最終更新日: 2014-07-31

POP広告に筆ペンを活かしたソフトタッチで!

◆手軽に使える毛筆ペン

筆ペンは1973年(昭和48年)に、セーラー万年筆によって開発され、手軽に手紙類に使えること、特に年賀状の宛名書きによって一気に普及しました。筆ペンは当初は登録商標であったものが、この種の筆の通り名となり、各社も相次いで発売。細い合成樹脂による人造筆で、これまでの動物の毛の筆に比べて、コシの強いことが特徴。その後、穂先の品質もいちじるしく向上してきています。
ただし、近年では年賀状の宛名もパソコン入力に替わり、筆ペンを使う人がごく一部に限られてきているようですが、店頭では、和菓子店や呉服店など、和の商品のお店では、プライスカードなどに活かされています。

◆バラエティーに富んだカラー筆ペン

POP広告に活用するには、カラー筆ペンが適しています。カラー筆ペンは、和風の書体ばかりでなく、カリグラフィー(欧米の美術的筆記体)や水彩画なども幅広く使われています。ここでは、カラー筆ペンの「ぺんてるカラーブラッシュ」を使ってみます。カラーブラッシュは、水性染料を用いた鮮明な発色と18色の豊富なカラー、穂先(ナイロン繊維製)の弾力性と運筆の滑らかさなどで、国内だけでなく広く海外でも人気を得ているようです。カラーブラッシュは画材店・大型文具店で購入することが出来ます。交換用のインクカートリッジが用意され、価格は本体が1本525円、カートリッジが157円(いずれも税込)。

◆カラー筆ペンの活かし方

ペンを持つ手を紙面につけて、指先だけでなく、腕全体を動かすようにすれば、安定して運筆できます。ペンを立てれば細い線、右に寝かせて筆先の腹を当てて引けば太い線となり、筆圧のコントロールで太さが調節できます。はねは、力を抜いて細い線で撥ね上げます。通常はカラー筆ペンをそのまま使いますが、色を薄めて使う方法も効果的。皿に水を入れて穂先を浸します。優しい淡い色の線が引け、絵を描く際にもソフトな感覚が活かせます。穂先の浸し方によって、塗り面に色の濃淡や、ぼかしの効果も生まれます。



◆2色のグラデーション

一本の穂先にもう一本の色を乗せると、別の色が生まれます。ここではピンクとスカイブルーを交差させています。書き始めに淡い紫色の線が引け、徐々にもとのピンクの色に戻ってグラデーション効果が表れます。
また、筆ペンの特性を活かしてカラーの変化が得られます。例えば、1色で塗っておいて、後から別の毛筆に水を付けて色面を刷くと、ぼかしの効果が生まれます。ぼかしは洋紙よりも、画仙紙などの和紙が美しい滲みとなります。青墨の筆ペンだけは顔料なので、水を刷いた上に線を描くとぼかし(日本画では「たらしこみ」)が表現できます。



◆カリグラフィーのレタリング

カリグラフィーは専用のペンで書かれますが、毛筆も使われます。筆圧で線の太さを調節し、斜めに一定に傾けた書体(イタリック体)で表現。ここでは途中でピンクの穂先にスカイブルーを付け、2色のグラデーションを活かしています。



◆カリグラフィーを活かした作品例

カリグラフィーのレタリングに、赤いカーネーションを添えた母の日のカード。カーネーションはピンクの筆ペンの穂先を水に浸し、花の形をぼかして描き、乾いたら、青墨の筆ペンの先で、花びらの線を細く入れます。次いで、グリーンで花のガクと茎を描き、葉を加えます。あっさりと描くことがポイントです。添え書きの文案は、サインペンを使用。



◆カラー筆ペンを活かした和風の作品例

カラー筆ペンを使うと、墨1色の筆文字と違って、華やかな雰囲気が生まれます。和紙に縦書きし、ポイントになる文字に、ピンクとスカイブルーを使ってアクセントに。ここでは紺色のラシャ紙に貼り付けたもの。お店のカウンターに置けば、ふだんのPOP広告とは一味違った訴え方が出来るでしょう。


この記事を書いたプロ

東京販促実践研究所

商品企画 安達昌人

東京都足立区栗原4-4-29 [地図]
TEL:03-5888-5758

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
POP広告 講師出張のご案内
ブラックボードPOP広告 講師出張

習得したことが"売り"に繋がる実習指導。「ブラックボードPOP広告」講師出張のご案内です。書いては消して、何度でも使えるエコロジーと、黒地に蛍光文字の注目性で...

 
このプロの紹介記事
POP広告の実習指導が好評の商業コンサルタント 安達昌人さん

POP広告をはじめ、多彩な販売戦略で企業や商店を売り上げアップへ導きます(1/3)

 商業コンサルタントとして活躍する安達昌人さんは、大手企業から行政、個人商店まで幅広い顧客層を持ち、全国各地を飛び回っています。「マーケティング、広告宣伝、売出し企画、顧客管理、ブランド開発、店内のディスプレイまで、幅広くアドバイスする何で...

安達昌人プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

事務所名 : 東京販促実践研究所
住所 : 東京都足立区栗原4-4-29 [地図]
TEL : 03-5888-5758

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5888-5758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安達昌人(あだちまさと)

東京販促実践研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ブラックボードPOP実習風景
イメージ

 ●ブラックボードPOPの講習会が盛んに 最近は、お店の店頭に「手描きPOP広告」がよく目に付くようになりました...

[ 講習会報告 ]

●廃物を活かしたPOP広告
イメージ

 ●POPの素材に廃物を利用 「廃物」とは一般に、使用済みで用いられなくなったもの、役に立たなくなったもの...

[ POP素材に廃物を利用 ]

●商店街で活かしたい統一POP広告台紙
イメージ

●POPで協調性をアピール 活動的な商店街では、地域客へ働きかける主要な共同事業として、イベントに意欲的で...

[ POPで協調性をアピール ]

●記念日を活かしたPOP広告
イメージ

 チャンスを活かしてミニセール  記念日には、「成人の日」「こどもの日」「海の日」など、国または国の機関が...

[ チャンスを活かしてPOP作成 ]

●クレヨンを使ってPOP広告を作成
イメージ

 POP作成の筆記具はさまざまです クレヨン(crayon)は、もともとフランス語のクレヨン・パステルを略した...

[ POPの筆記具は様々です ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ