コラム

 公開日: 2013-04-23  最終更新日: 2014-07-31

ブラックボードPOP実習風景

●ブラックボードPOPの講習会が盛んに

最近は、お店の店頭に「手描きPOP広告」がよく目に付くようになりました。今日のふれあい重視の販売姿勢と、これまで主流であったパソコン作成POPが画一化して、やや訴求力を失ってきたことから、それに変わって、注視性と説得効果の高い手描きが復活してきたものです。
わけても、ブラックボードPOPが盛んです。一つには、街の専門店が量販店型の特売から脱却し、地域客に本当に使ってほしい自店の推奨品をアピールする動向が、底力となっていることもあるでしょう。ちなみに「一店逸品運動」(太田巳津彦氏の指導)は、各個店が独自商品やサービスを地域消費者に提供する差異化戦略で、商店街・SC等の活性化に大きな成果を上げています。
そうした情勢から、手描きPOP広告~特に、ブラックボードPOPが、今やもっとも効果高いツールとなり、各地の商工会議所、商工会、商店街、SCなどでの実習セミナーで、出講の機会が多くなっています。

◆ブラックボードPOP広告の特色とは

前述のように、ブラックボードPOPは、個店にとっても魅力ある媒体であるとともに、片や消費者の地域客も手描き表示に新鮮さを感じて、よく反応するようです。
その要因としては、
①書いては消して何度でも使える再生機能、②黒地に明るい色の筆記具による注視性高い表現、③滑りがよくて描きやすいこと、④素材のボードや筆記具の新製品が次々と新登場、などが上げられます。
さらに言えることは、黒色自体の人気です。女性も男性も黒い衣服を身に着けている人が多い状況。ちなみに、ファッション界では「黒」は近年、日本が世界に流行させた色とされています。

◆ブラックボードの材料いろいろ

市販されているブラックボードには、従来のチョーク(白墨)で書く木製黒板と、表面が特殊加工されたボートに専用の蛍光マーカーで書くタイプに分かれます。木製黒板はチョークのソフトな感覚と、懐かしさを覚える温かみが特長で、飲食店などでは昔からよく使われています。
蛍光マーカーで書くブラックボードは華やかさがあり、ウエットティッシュ(濡れ雑巾でOK)で簡単に消せる便利さで、若い客層をターゲットとする店舗での活用が見られます(最近は、黒地以外に赤や緑色など地色が豊富です)。
講習会でよく使用するのは、紙製のブラックボードペーパー。紙で出来ているので好みのサイズや形に自由にカットでき、コルクボードやカラーボードに貼って使うなど、便利な材料です。価格は、例えば、A1判1枚=690円、A3判4枚セット=970円、A4判4枚セット=490円。《商品名「消せる紙ブラック」欧文印刷株式会社製》。専用マーカーは「呉竹」「Raymay」その他の筆記具メーカーが発売しています(1本250円~300円)。

◆ブラックボードの書き方実習と留意点

講習会は、まず、テキストの見本に沿って、レタリング練習でスタート。描き方は従来のマーカーと同じです。丸芯のマーカーは寝かさないで、立てて軽く運筆。読みやすいのは丸ゴシック風の字体。文字列の高さを揃え、文字間を詰めて書くのがポイントです。
角芯のマーカーは、ゴシック調の太い文字を書くのに適しています。横線を書く場合には右側に倒し、縦線を書く場合には左側に倒して運筆。
艶のあるブラックボードでは、滑らかに運筆でき、書き直すときには、ウエットティッシュで拭き取ります。描き込む配置(レイアウト)をよく計算して、上から順に書いて行きます。

◆POP広告の出来上がりと評価

こうして、各店のPOP広告を作成。一人で作成するよりも、みんなで見比べながら研修すると、お互いのアイデアがヒントになり、さらに優れた作品が出来上がります。POP広告の画面に変化をつけるには、ちょっとしたイラストや吹き出しなどの装飾小物が効果的。完成した作品は並べて、全員で批評し合います。

◆ブラックボードによるフェア開催とその成果

商店街・SCでは、ブラックボードによる統一した訴えが、一丸となった協調性が地域客によく伝わります。一店逸品運動では「逸品体験ツアー」を開催する例が見られます。例えば、ランチ又はお土産+お買い物券1,000円がついて、参加費が1,000円というお得なツアーで、地域客が参加。ツアーガイドは、会員のメンバー。お店とお客様のつながりがいっそう深まります。
 こうして、ブラックボードPOP広告は、地域活性化にも大きな役割を果たしているようです。

この記事を書いたプロ

東京販促実践研究所

商品企画 安達昌人

東京都足立区栗原4-4-29 [地図]
TEL:03-5888-5758

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
POP広告 講師出張のご案内
ブラックボードPOP広告 講師出張

習得したことが"売り"に繋がる実習指導。「ブラックボードPOP広告」講師出張のご案内です。書いては消して、何度でも使えるエコロジーと、黒地に蛍光文字の注目性で...

 
このプロの紹介記事
POP広告の実習指導が好評の商業コンサルタント 安達昌人さん

POP広告をはじめ、多彩な販売戦略で企業や商店を売り上げアップへ導きます(1/3)

 商業コンサルタントとして活躍する安達昌人さんは、大手企業から行政、個人商店まで幅広い顧客層を持ち、全国各地を飛び回っています。「マーケティング、広告宣伝、売出し企画、顧客管理、ブランド開発、店内のディスプレイまで、幅広くアドバイスする何で...

安達昌人プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

事務所名 : 東京販促実践研究所
住所 : 東京都足立区栗原4-4-29 [地図]
TEL : 03-5888-5758

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5888-5758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安達昌人(あだちまさと)

東京販促実践研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
●廃物を活かしたPOP広告
イメージ

 ●POPの素材に廃物を利用 「廃物」とは一般に、使用済みで用いられなくなったもの、役に立たなくなったもの...

[ POP素材に廃物を利用 ]

●商店街で活かしたい統一POP広告台紙
イメージ

●POPで協調性をアピール 活動的な商店街では、地域客へ働きかける主要な共同事業として、イベントに意欲的で...

[ POPで協調性をアピール ]

●記念日を活かしたPOP広告
イメージ

 チャンスを活かしてミニセール  記念日には、「成人の日」「こどもの日」「海の日」など、国または国の機関が...

[ チャンスを活かしてPOP作成 ]

●クレヨンを使ってPOP広告を作成
イメージ

 POP作成の筆記具はさまざまです クレヨン(crayon)は、もともとフランス語のクレヨン・パステルを略した...

[ POPの筆記具は様々です ]

カラーボードで看板POP作り
イメージ

売場の看板(パネルPOP)を手軽に作製 ●催事案内やコーナー表示のパネルPOP コーナーサインや催事などを告...

[ 売場の看板(パネルPOP)を手軽に作製 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ